サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
The Great Unwanted
The Great Unwanted
Lucky Soul
2007年 1st album
my review
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
Casino Twilight Dogs
Casino Twilight Dogs
Youth Group
2006年 2nd album
My Review
+RECOMMEND
+RECOMMEND
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL

愛用中。mp3で外部マイク録音もできる名機!→購入レポはコチラ
+RECOMMEND
Born in the U.K.
Born in the U.K.
Badly Drawn Boy
2006年ベストワン。
My Review
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
Sun, Sun, Sun
Sun, Sun, Sun
The Elected
2006年1月 2nd Album
My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
ピンカートン
ピンカートン
ウィーザー
1996年 2nd
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
#1 Record/Radio City
#1 Record/Radio City
Big Star
2in1。1st&2nd
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
Distant Shores
Distant Shores
Chad & Jeremy
1966年。
その後の"Of Cabbages and Kings"と"ARK(ノアの箱船)"も絶品。→somebody's Album Guide
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
HOSONO HOUSE
HOSONO HOUSE
細野晴臣
1973年 ソロ1st 
2005年9月ハイドパークでの演奏に心打たれる。
Live repo1&2
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+RECOMMEND
ソングブック
ソングブック
ニック ホーンビィ
→My Rebiew
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

夏のライブ予定など

8月7日(土)のサマソニ東京のチケットは売却して、
8月5日(木)のNada surf@代官山unitのチケットを購入してみた。


と、Twitterで言ってしまいそうなことをブログに書いてみるも。。。


7日はたぶん仕事なんです。8日もか?
ちょうど締め切りっぽいとこで……哀


いやぁみんな元気ですか?
暑中お見舞い申し上げます。。。


ナダ・サーフ 一夜限りのLive 2010
詳細→http://www.nadasurf.jp/

| Good Music!(Topics) | 02:10 | comments(5) | trackbacks(0) |

Lucky Soulのニューアルバムをフリーダウンロード

lucky soul album
4/19発売のラッキーソウルのセカンドアルバム
『A Coming of Age』

とりあえず毎日聴いてますが、だいぶ出来がイイ!
60年代、モータウンとかのポップミュージックなどなどが好きな人ならドストライクかと!
楽曲のクオリティは高い位置でキープしつつ、サウンドがなんかすんごくスッキリした感じ。1曲あたり2:30〜3:30の中に、これだけのメロディがギュッと詰まってる。

アルバム全曲とB-sideとインスト版がこちらの公式サイトからダウンロードできるようなのでお試し下さい。(もしかするとこのページは非公式なのかもしれないのかな…と思いつつ)

こういう古き良きテイストを持ったアーティストは、英国からは脱出してアメリカで活動した方が受けるんじゃないかなーと思いつつ、もっと注目されても良いんじゃないかと願う。

切れのいいギターの音、ハンドクラップ、そしてアリお嬢のヴォーカルとハーモニー、ゴキゲンじゃないですかっ。

いやーーまたライブ行きたい!
前回2007年の来日の様子はコチラとかコチラ

アルバムは責任もってCDでも買いたいと思います。

新曲- White Russian Doll -
| Good Music!(Topics) | 17:14 | comments(6) | trackbacks(1) |

ノリコ・サカイに捧げる話

どうでもいいけど、ノリコ・サカイのことを徐々に応援さえしたくなってくる自分がいることに気がつく。

とまぁ〜ドラッグ報道過多の昨今、ドラッグはやってる人より、売って銭を過度に儲けている人たちの方が罪は重いはずだとは思うけど、世の中には人を騙したり危害を加えたりもっと悪いことしてる人間も沢山いるのだから、集団でそんなにバッシングして何がそんなに楽しいのか……という気分。

まぁ、応援…は言い過ぎかもしれないけども、そこまでいじめなくてもいいでないの。

それは大学生の大麻栽培とかの報道にも言えることのようですが、ある程度将来のある若者を再起不能にするような報道は許せない的なことを、武田邦彦教授のブログで読んでなるほどと思う。
ちなみにこの人の言葉遣いはなかなか学者とは思えぬ過激さで面白い。筒井康隆か町田康かと思うくらいパンクだ。最近のヒットは「エコ乞食」とか「日本人総家畜化」とか。それに更新頻度が半端無くてやけに熱いのでオススメ(携帯でも読めます→)。

しかし突き詰めて考えてみると結局、
美男美女がドラッグをやっている……っていうのが許せないだけではなかろうか?
とも思う。


モスコさんのサマソニ大阪のレポによれば、
ジェニー・ルイスはライブの最後の方でこう言ってAcid Tongueを歌ったそうだ。

「ノリコ・サカイのことを新聞で今日読んだんだけど、サッド・ストーリーだわ。次の曲を彼女に捧げるわ」

世界中でノリコ・サカイに曲を捧げたのは彼女くらいだろう。
子役時代から芸能の世界にいて、志半ばで去っていった人をよく知っているのではなかろうか、何ともいえない人間の哀しみ<サッドネス>がそこにある。

Acid Tongue (アシッド・タン)
by Jenny Lewis

<サビのみ抜粋>
You know I am a liar
You know I am a liar
Nobody helps a liar

and you don't know what I've done

舌の上でドラッグを転がしながら私たちはよく盛り上がるけど、どこかお互いを信じ切れない日々。

靴に穴が空いたから、修理をしようと思い店へ入ると、そこの親父は私にこう言った。
「君の心に空いた穴も直してあげようか」

でもたぶん、
きっと誰も、
嘘つきの私のことなんて助けてはくれない

※適当翻訳です。

※歌詞全文はコチラ
全文訳したいけどニュアンスがわからない…


2008年10月グラスゴーでのLive
高画質版はこちら

病んでいて不幸な人と、健康的に悪事を働いている人の、
区別は付けられるようにしたいものです。

Dedicated to Noriko Sakai.
| Good Music!(Topics) | 04:44 | comments(4) | trackbacks(3) |

NPRというラジオ局が無料で配信する太っ腹なライブ音源に感謝〜Rilo KileyやらNada Surfやら

NPR
最近見つけてしまったのですが、コレはヤバイ!
バンドじゃありません。ラジオ局です。
このnprっていうラジオ局(ワシントンD.C.にある)を圧倒的に支持したくなって参りました。だってもうPodcast形式(mp3)でライブ音源が丸ごと、続々と聴けてしまうんですよ。それもアメリカの骨太なインディー活動している音楽家達の貴重な音源が……。

とりあえずぼくのお気に入りバンド……Rilo Kiley(ライロカイリー2007年9月のライブ)、Nada Surf(ナダサーフ2008年4月のライブ)は速攻ヘッドホン大音量で聴き入ってしまいました。いや〜ありがとう。いまだ来日公演を行っていない彼らのライブはほんとに貴重なんだから!

Rilo Kileyのページ (NPR)
Nada Surfのページ (NPR)

※それぞれページにはセットリストも書いてあります〜。約90分ノーカット!タイトルのところをクリックすれば専用のプレイヤーが立ち上がってブラウザ上で聴けますが、ダウンロードしたい場合は画面左端のDownloadとかPodcastとか書いてあるところをクリックすると入手できます〜。

その他にも、Brian Wilson(ブライアン・ウィルソン)のつい先日(12/17)ワシントンD.C.にて行われたライブも聴いちゃったし、Conor Oberstの新バンドやThe Elephant 6 Orchestra、Of Montrealなどの最新Liveなんかも。
さらには、Radiohead、Spiritualized、The Ting Tings、Fleet Foxes(こいつら丁度気になってた!)、Jose Gonzalez、The Raconteurs、Lou Reed、3月に行われたSXSW 2008からはYo La TengoとかMy Morning Jacketとか〜〜やべー全部聴けない!
2007年もさかのぼるとさらに色んなアーティストが〜(StarsとかBroken Social SceneとかIron and WineとかTravisまでいた〜、BjorkもいるしBen Gibbard Soloなんつーものまで!UK勢もほどよくまざっていてこのラインナップはかなり満腹です……)

そんな感じで気になる方は、
"Live in Concert from All Songs Considered"(ライブ一覧ページ)にて確認してみて下さいませー!

さ・ら・に凄いところは……これらはすべてPodcast配信されているので、ページみるのがめんどくさい!っていう人はiTunes上ですべてチェックとダウンロードが可能になっていること。
こちらのページのiTunesっていうボタンをクリックすると自分のPCのiTunesが起動しまして過去の配信一覧が自動的にDLされるので、そこから欲しいやつだけ"入手"と押せばOKです!音源そのものがPC内に保存されます。それをiPodなりに入れてしまえば街中でも聴けちゃいます。

いや〜遡って全部聴くのも大変ですね。この中では僕も半分以上は知らないアーティストなので、オススメとかワタシこの人スキー、とかあったらどうぞお気軽に教えて下さいませ。

しかし、日本ではこういう試みって皆無ですけれど、アメリカのラジオ局っていうのはメディアとして面白い存在ですね。ネット×ラジオ×アーティスト(Live)という、レコード会社が端に追いやられる構造といった感じでしょうか。NPR02このあたり、生の音楽を愛する人たちのコミュニティが着々と根付いているような気がしてなりません。

ただ、これらの音源を聴いた人は聴くだけで満足しないで、次にどんな行動を起こすのか……っていうところがポイントなんだろうなぁ。自分が好きな事、好きな音楽、好きなバンド、好きなチーム、好きなお店……等々は何らかの形でサポートしないといけないんだよね。とあらためて思う。じゃないと死んでしまうのよね。

それからこのラジオ局の名のとおり、Neighborhood精神とでもいいますか。ご近所さん的お醤油の貸し借りがネットを介してそろそろできる時期なんじゃないかな……とそんなモヤモヤっとした事を僕は考えたりもして。

なにはともあれ、、、、Merry Xmas!

JUGEMテーマ:ROCK音楽

| Good Music!(Topics) | 22:18 | comments(8) | trackbacks(7) |

音楽ファンの性格分析

最近B型とかO型とかの本がやけに売れているけど、こんな記事を発見。

クラシックとヘビメタ、ファンは似た性格:「音楽の趣味と性格」を調査
by Wired Vision

スコットランドのエジンバラにあるヘリオット=ワット大学の研究者チームが、個人の性格と好みの音楽ジャンルとの関係を調べるため、世界の3万6000人を対象に調査を行なった・・・という割と科学的な検証のようです。元記事(bbc.co.uk)はコチラ

なかなか興味深いのでぜひ一読。

メタルの人はいい人が多いし様式美好きなのは知っていたが、オペラとヒップホップに近いものがあるという視点は面白い。

それから、
自尊心(自己評価)がひたすら低いんだなぁ僕は・・・と気付かされてしまい笑ってしまいました。
まさにその通り=インディーズ系、ヘビーメタル、シンプルなオールド・ロック好き(メタルは10代の頃好きでした)だよー!(くそー)

まぁ安い男なんすよ。ぼくぁ。

しかし逆に言えば、もっとブルースやジャズやクラシックを聴くようにすれば、自己アピール(自己顕示)が上手になるかもしれないということだろうか。

うん。違いない。
ちょっとは頑張りましょう。

JUGEMテーマ:音楽

| Good Music!(Topics) | 03:37 | comments(2) | trackbacks(0) |

Burt Bacharach@東京国際フォーラム ホールA

backarach pic in tokyo
2008/2/16(土)@東京国際フォーラム ホールA 18時開演

指揮・ピアノ・ヴォーカル:バート・バカラック
オーケストラ:東京ニューシティ管弦楽団
ザ・バート・バカラック・バンド
シンガー:ドナ・テイラー、ジョン・パガーノ、ジョシー・ジェームス
ゲスト:トレインチャ(オランダ出身の女性vo)

大枚はたいて行ってきました!が、そんなお金なんてものは、なんてチッポケな価値なんだろうと思えるほど心洗われる、1928年5月12日生まれのバート・バカラック御大今年80才のwithオーケストラなコンサートでした。

ちょっとバカラック本人のピアノの音量が小さかった感じもしたけど(オケに埋もれるぅ!そこをもっと聴きたかったのに…)、ピアノがかなりソフトタッチで実に味わい深いものがあるっていうか、僕も80才になる頃にはあんなピアノが弾けるようになりたい。なんて思って、今から練習をしよう……、っていやいやバカラックさんは若い時もう上手かったわけだから勘違いしないよう……(プロフィールなどはこちらのe+のページで)。
 また彼はピアノ演奏中何度も、半立ちに立ち上がってはピアノ弾きながらオケに指示出したり、その体の使いかたが実にアツい!(声はそれなりにしょぼしょぼだけど)。こんな80才いないって!いやぁ、いいもの見させて頂きました。本当に。

この人間国宝級の元気な老人のピアノと歌(生歌も数曲披露しました)、そして彼が40年以上に渡って紡ぎ出してきた珠玉の名曲を堪能してきたという次第。

ここ数日はディオンヌ・ワーウィックばかり聴いています。そんなに僕もバカラック作品に精通している訳ではないけど、60年代に発表した彼女の歌とバカラックのコンビネーションが一番絶妙で味わい深いなーと感じております。


バカラック@2/15「News23 金曜深夜便」by ニコニコ動画
 この番組出演するの知ってたけど見逃しちゃって、コンサート帰宅後見たのだけど、コメントひとつ取ってもちょっと感動しちゃいますね。ディランみたいな政治的且つオシャレ発言。そしてジャージ!ブッシュ嫌いなのはわかるけどオバマはそんなに凄いのかー?いやぁ……こんな老人になりたい。

| Good Music!(Topics) | 03:29 | comments(2) | trackbacks(0) |

さんまとまさみとガールポップを交えた話

 pipettes yellow cover pic明石家さんまと長澤まさみが初共演という日曜9時のTBSドラマ「ハタチの恋人」見てます。で、いきなり驚いたのが主題歌がピペッツだしー。

The Pipettes
”Because It's Not Love (But It's Still A Feeling)”。
しかもピペッツの中でも地味めな曲……。"Pull Shape"なんかは使えなかったのだろうか。挿入歌はシャーギーだし、ドラマの内容となんの接点も無いヨーガク2連発が意味不明です……。

"Pull Shape"の TV Live映像→超豪華なオケ&ダンサー付、でも本人達はどこかヘンテコな振りだ)))

 この頃は、先日のラッキーソウルに引き続き、60'sな味付け満点の彼女達も良く聴いてます。アルバムに14曲はいっていますけど一番長い曲が3分4秒でほとんどが2分半ぐらいで終わります。彼女達、最初カッコだけかと舐めてましたけど、今や意外とノリノリに聴いてますです。はい。
 サマソニ07では何故かスタジアムのトップバッターだったらしいですが(これも意味不明)、12月にはBritish Anthem(12/9 sun 新木場スタジオコースト 6500円)で再来日ということで、随分プロモーションにも力が入っている感じ。CDも売れてるのではないか(ユニバーサル・ミュージックから発売)。

 British Anthemといえばラッキーソウルも来るから、これはもう僕的に行かなくちゃならなくなってきた感じなのですがー(他の出演バンドでオススメありますでしょうか?全然知りません…)、ラッキーソウルの単独公演なんつーのもいつの間にか決まっている!あらら、一昨日知りました……(12/11 tue 原宿アストロホール 4500円)。

 ラッキーソウルはその後もまだまだ聴き込んでいる僕ですけど、アリ嬢のVocal以外にも聞き所満点です。乾いたトーンのギターカッティング、ブイブイと気持ちのよろしいベースラインやオープンのハイハットの音……とバンドの方も結構いいんですよ。こういう素直なバンドサウンドは気持ちいいし好きなんです。でもこっちはあまり話題になってない気がするなぁ(ソニー・ミュージック)。まぁ僕は世間に疎いんで話題なのかどうかは良く知りませんが。ちなみにこちらは北野武の深夜番組のテーマ曲になってたようで。

とまぁ、ちょっと最近は60's風な2000'sガールポップに嵌まっています(モータウン&ソウル方面もそろそろちょっと探求したくなってきてウズウズしてます。でも山は高いからなかなか入っていけず)。

ミュージカル映画「ヘアスプレー」などもそういうノリが満載だと思うし早よ見たいところですね(なぜかミュージカル版のサントラは音源持ってたりするのですがっ)。[→後日観ました]

 彼女達に共通する事っていうのがやっぱりあると思うのですが……そこはなんといってもキレですねキレ。腰のキレ?いさぎ良い感じのポップ感&コーラスが最高、そしてプリティだ。プリティは人生において最も大事な要素だ。(男でもこの条件を満たしているのはやはりビートルズなのか。そしてその要素を最も体現していたと思われるリンゴ・スターみたいな人が今の時代には必要な……気がしてきた。ドラマーがプリティかつキレのある人物だとバンドは生き生きするんだ。)

 おっと、話はずれますが、今色々調べていてわかったところによると、上記ピペッツの曲の邦題が「恋ってカンジ!?」だって。はっ。(思わず鼻から息が出てしまったではないか。バカじゃないのか?ラッキーソウルの時も言いましたが、音楽的教養の低さが伺えるというものであります。せめてギャグとかシャレになってればいいけど何のヒネリ無いし、彼女らを潰したいとしか思えない……ユニバーサルミュージックには友人が働いていたはずだから今度会った日には必ず苦情を言っておこう)

そんな喧騒の中(どんなだ)、僕は今調べていて目に入ったダスティ・スプリングフィールド バイオグラフィーの中にあった一文に注目する・・・・

”ダスティは、モータウン・サウンドを次々とイギリスに移植し、より洗練された、気品のある親しみやすいソウル・ポップに仕立て、当時のヒット・チャートを席捲し・・・”(引用終わり)

なるほど。
イギリスの女の子ってばそういうとこあるのかもしれない。

the pipettes - pull shapes (acoustic) (YouTube)
 →驚いたアコースティックバージョン。へんな踊りもいいけどコーラスを磨いた方が良い気がするなぁ・・・・。

そして……さんま氏のドラマの話に一応戻ってみる。
さんまとまさみpic
あのドラマ、初回の感想など見るとあんまり評判良くないけど、一番見るべきところは、ドラマ全体の出来不出来ではなく、さんま氏のアドリブ演技、と思われる。そのせいでドラマのテンポがちょっとゆるくなろうとそれでいいのだ。随所随所に「あ、ここはアドリブだろうな」的セリフが挟まっているので、「お、素晴らしいツッコミ」「ナイス切り返し」「あ、外しちゃった」と楽しむのがよろしいし、何かと勉強にもなります。(脚本を正確に覚える時間もそうそうない、という事情もありそうですが)
それからまさみ嬢に対してデレ〜としている顔と深刻そうにしている顔も見てるだけで楽しい。ってオレはさんま氏の事どんだけ好きなんだっていう事に気がつくのですが・・・・。(前々クールのあのドラマに構図が似てなくも無いですが。オジサンと少女……でもそれって古来からの男の永遠のテーマなのだ。映画の名作にもそりゃぁ数知れずです)
 それに小泉今日子と市村正親と森下愛子の配役もまだあまり見せ場は少ないですが、今後期待させるものがありますので要注意しておきたい……。
| Good Music!(Topics) | 02:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

パーカッションと歌心

ところで、
「パーカッションの話」が面白かったです。

村上ポンタ氏曰く、
「目にガツーンと来るシンバルの音は許せない。シンバルの音は目の前に来たらシューンと回って後ろに抜けないとダメ。それはどんなにフォルテシモな時でもそう。
エルヴィン・ジョーンズというドラマーがいる。この人が目の前で力一杯シンバルを叩いても、全然うるさく聞こえない。それは何かというと、スナップと歌心とタッチ。」

ひぃぃ〜。
そうだわそうだわ〜。
やっぱり歌心やよね〜。
僕はドラムの事やJazz方面は詳しくないですが、
そういうの好きです。
何にでも宿る歌心。
そういうふうにライブとかみれると楽しいと思うのです。


Drummerworld: Elvin Jones (ビデオあり-QuickTime)


←エルヴィン氏近影
photo by Merlijn Doomernikofficial



今回「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR」というTokyoFMの番組?バー?からの記事でした。
1996年からの記事が全部保管されてます。すごい量だ。えらい。(最新は「ジーコ監督について考える」の巻)それ以外にも気になる内容のものがあるかもです。
| Good Music!(Topics) | 22:43 | comments(2) | trackbacks(0) |

Musical Batonが廻ってきました

なんだか現在Musical Batonなるものがネット社会にて流行しているらしい。
見に行くblogの先々で百花繚乱状態です。
ミュージックのバトン?元は海外のどこぞの誰蔵かが発信したようですが、どのへんが発信地なのかは不明。
以下の4つの質問に答えて、5人にまわすようです。詳しくはコチラ

・今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
・最後に買ったCD
・今聴いている曲
・よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
・バトンを渡す相手5人の名前

何なのソレ〜不幸なの〜?幸福なの〜?と思っていたところ、bitheadさんから僕のところへも回ってきました〜。ヒェ〜。と思ってたらlucieさんからも。ホェ〜。
まぁ12回もやると12億人を上回ってしまう計算なので、誰かが途中で止めなければいけない仕組みではあるようですが、これも何かの縁、せっかくなんでやってみますよ!


・今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
 いろいろありますがとりあえずiTunes起動して確認
 →3181曲 25.14GB。
  そんなにあったのか!どうりでHDの容量が少なくなってきたわけだ……。
  整理しようね。


・最後に買ったCD
 BrainPool「Painkiller」とSeashells「We Rob Banks」
 →同じ日に届きました。なぜかスウェディッシュ。中古です。未聴。 
 

・今聴いている曲
Daniel Johnston「Syrup of Tears -涙のシロップ-」

 今週の13日に亡くなった高校と大学の同級生だった宍戸一裕君に捧げます。
 この曲と君とが特に関連があるわけではないけど、何となくイメージが近いと思ったんだよ。ピュアで名脇役的で突発的で愛らしくてローファイなところがさ。
 この曲の最後で繰り返される" I love You more than myself"って君が言いそうなセリフじゃない?最近はかなり御無沙汰だったことが残念でならない。" I wish to see you again"
 
  
  Album「Fear Youself」
より2曲目です。
 美しいアルバム、歌です……。きいてみぃ。
 また逢う日まで。


 参照→ダニエル・ジョンストン ディスコグラフィー音式さんのHPへLink)


・よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
 ・The Blue Hearts「人にやさしく」→何かに目覚めた曲。FMラジオから流れてきて初めて聴いて初めて買ったアルバムもブルーハーツの1st(カセットでした)
 ・Teenage Fanclub「Aint That Enough」→大好きです。何かと理想。
 ・Hollies「Bus Stop」→やっぱり名曲。梅雨に合う。
 ・Zombies「Friends Of Mine」→いい曲です。ピアノとコーラスとフレンド。
 ・BackPages「未来をみてる」→マイバンドの曲。思い入れだけは強かったりするから協会推薦枠で1票。

あんまりベストいくつとか、トップ5とかやらないんで慣れないですね。


では最後に・・・・
・バトンを渡す相手5人の名前
 ・てんてけ☆マーチ →大学の友人。君も捧げよう。。。
 ・GAKU →大学の友人。君も捧げよう。。。
 ・アサダショウスケノブログ →先日の弾き語りLiveは面白かったよ。ギタリスト&ベーシスト。
 ・紅様Blog → スーパーベーシスト紅様 from solamo-lens360° 本日ライブでしたね。行けませんでした〜!すみません。残念です!
 ・RUSHMORE →最近TFC関連でコメント頂きました。面白い答えが返ってきそうなので振らせて頂きます。

面倒でしたら、別にやらなくても結構なんでお気軽に。
ではでは、よろしくお願いします。
よい週末を!
| Good Music!(Topics) | 03:06 | comments(7) | trackbacks(2) |

ニュースとか気になった事(音楽関連の)

ニュースとかメモとか。音楽関連の気になった事をいくつか。

・The Primary 5解散・・・! (Ooh No!)
前々回レビューしまして最近かなりお気に入りになっているThe Primary5の「North Pole」
日本盤が発売したばかりのところに突然の解散発表です・・・。
ポール本人のコメントをみると音楽活動より家族(奥さんと2人の娘さん)を大事にして生活したい、といったコメントがあったりする。うーん気持ちは解る。解る…。逆に言えばそういう人だからこそ、こういう暖かい音楽が作れるのだとも思ったりもする……。
(こういう発表はいつでも寂しいものです)
5年に1枚ぐらいのペースでもいいので(もっと長くてもいいから〜!)アルバムを発表して欲しいと思う。
しかし、まぁ、とにかく、解散だ活動停止だ何だ抜きにして、
この「Noth Pole」は傑作だと思うので、今後ともずっと聴いていきたいSongsです。


☆☆☆追記☆☆☆
と思ったら3日後には解散撤回のニュースが!!!
いやー・・・ハハハハ・・・・。笑うに笑えない!
まー微笑ましいというか……そういうひとみたい。(笑)
本人も恥ずかしがっています……
とりあえず一安心?今後に一抹の不安?ハハハハ。
大丈夫か?ポール・クイン。あなたが頼り。
しかし今日も仕事場へ行く道すがら聴いていましたが、また新しい魅力を発見。
愛聴盤になっております。
The Primary 5の詳細はこちらの特設ページでちぇっく!(試聴あり)



・「私がディスクユニオンを辞めたわけ」
この2004年に書かれた沼田順氏の記事は興味深く読んだ。
1980年代から最近までの音楽小売店で何が起きていたのか、というところが面白く書かれたいた。アルバイトで入って後、店長を勤めたり制作部門に配属されたりといった18年間の出来事。
その8まであります。


・iTunes Music Store in JAPAN 8月オープン!?
まだ正式に発表されてたわけではないようですが。噂?リーク情報?
とりあえず一曲150円だとか。
まぁあまり興味はあるようなないようなですが。どうなんだろう。音楽的には。
単純にアルバム単位で聴く人が減ると思うよね。ジャケットなどのアートワークも無いわけだし……。
採用に反対の日本のレコード会社も現在多数あるようです。SMEとか。(単純に利権的問題。今1曲300円でそこそこ売れてるらしいので)


SAKEROCKがサマーソニック出演決定!
以前ライブ観て大変愛嬌とユーモアがあっていい演奏していて印象に残っている4人組のバンドSAKEROCK。サマソニ出演が急遽決まったようだ。
Beach Stage(Tokyo Only)ですって。
(→以前のライブレポ
すげーなー。人気上昇中だ。見に行ければとも思う。(時間が被らなければね!)


| Good Music!(Topics) | 14:05 | comments(13) | trackbacks(0) |
   1/2PAGES >>