サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

夏のライブ予定など

8月7日(土)のサマソニ東京のチケットは売却して、
8月5日(木)のNada surf@代官山unitのチケットを購入してみた。


と、Twitterで言ってしまいそうなことをブログに書いてみるも。。。


7日はたぶん仕事なんです。8日もか?
ちょうど締め切りっぽいとこで……哀


いやぁみんな元気ですか?
暑中お見舞い申し上げます。。。


ナダ・サーフ 一夜限りのLive 2010
詳細→http://www.nadasurf.jp/

| Good Music!(Topics) | 02:10 | comments(5) | trackbacks(0) |

Lucky Soulのニューアルバムをフリーダウンロード

lucky soul album
4/19発売のラッキーソウルのセカンドアルバム
『A Coming of Age』

とりあえず毎日聴いてますが、だいぶ出来がイイ!
60年代、モータウンとかのポップミュージックなどなどが好きな人ならドストライクかと!
楽曲のクオリティは高い位置でキープしつつ、サウンドがなんかすんごくスッキリした感じ。1曲あたり2:30〜3:30の中に、これだけのメロディがギュッと詰まってる。

アルバム全曲とB-sideとインスト版がこちらの公式サイトからダウンロードできるようなのでお試し下さい。(もしかするとこのページは非公式なのかもしれないのかな…と思いつつ)

こういう古き良きテイストを持ったアーティストは、英国からは脱出してアメリカで活動した方が受けるんじゃないかなーと思いつつ、もっと注目されても良いんじゃないかと願う。

切れのいいギターの音、ハンドクラップ、そしてアリお嬢のヴォーカルとハーモニー、ゴキゲンじゃないですかっ。

いやーーまたライブ行きたい!
前回2007年の来日の様子はコチラとかコチラ

アルバムは責任もってCDでも買いたいと思います。

新曲- White Russian Doll -
| Good Music!(Topics) | 17:14 | comments(6) | trackbacks(1) |

ノリコ・サカイに捧げる話

どうでもいいけど、ノリコ・サカイのことを徐々に応援さえしたくなってくる自分がいることに気がつく。

とまぁ〜ドラッグ報道過多の昨今、ドラッグはやってる人より、売って銭を過度に儲けている人たちの方が罪は重いはずだとは思うけど、世の中には人を騙したり危害を加えたりもっと悪いことしてる人間も沢山いるのだから、集団でそんなにバッシングして何がそんなに楽しいのか……という気分。

まぁ、応援…は言い過ぎかもしれないけども、そこまでいじめなくてもいいでないの。

それは大学生の大麻栽培とかの報道にも言えることのようですが、ある程度将来のある若者を再起不能にするような報道は許せない的なことを、武田邦彦教授のブログで読んでなるほどと思う。
ちなみにこの人の言葉遣いはなかなか学者とは思えぬ過激さで面白い。筒井康隆か町田康かと思うくらいパンクだ。最近のヒットは「エコ乞食」とか「日本人総家畜化」とか。それに更新頻度が半端無くてやけに熱いのでオススメ(携帯でも読めます→)。

しかし突き詰めて考えてみると結局、
美男美女がドラッグをやっている……っていうのが許せないだけではなかろうか?
とも思う。


モスコさんのサマソニ大阪のレポによれば、
ジェニー・ルイスはライブの最後の方でこう言ってAcid Tongueを歌ったそうだ。

「ノリコ・サカイのことを新聞で今日読んだんだけど、サッド・ストーリーだわ。次の曲を彼女に捧げるわ」

世界中でノリコ・サカイに曲を捧げたのは彼女くらいだろう。
子役時代から芸能の世界にいて、志半ばで去っていった人をよく知っているのではなかろうか、何ともいえない人間の哀しみ<サッドネス>がそこにある。

Acid Tongue (アシッド・タン)
by Jenny Lewis

<サビのみ抜粋>
You know I am a liar
You know I am a liar
Nobody helps a liar

and you don't know what I've done

舌の上でドラッグを転がしながら私たちはよく盛り上がるけど、どこかお互いを信じ切れない日々。

靴に穴が空いたから、修理をしようと思い店へ入ると、そこの親父は私にこう言った。
「君の心に空いた穴も直してあげようか」

でもたぶん、
きっと誰も、
嘘つきの私のことなんて助けてはくれない

※適当翻訳です。

※歌詞全文はコチラ
全文訳したいけどニュアンスがわからない…


2008年10月グラスゴーでのLive
高画質版はこちら

病んでいて不幸な人と、健康的に悪事を働いている人の、
区別は付けられるようにしたいものです。

Dedicated to Noriko Sakai.
| Good Music!(Topics) | 04:44 | comments(4) | trackbacks(3) |

NPRというラジオ局が無料で配信する太っ腹なライブ音源に感謝〜Rilo KileyやらNada Surfやら

NPR
最近見つけてしまったのですが、コレはヤバイ!
バンドじゃありません。ラジオ局です。
このnprっていうラジオ局(ワシントンD.C.にある)を圧倒的に支持したくなって参りました。だってもうPodcast形式(mp3)でライブ音源が丸ごと、続々と聴けてしまうんですよ。それもアメリカの骨太なインディー活動している音楽家達の貴重な音源が……。

とりあえずぼくのお気に入りバンド……Rilo Kiley(ライロカイリー2007年9月のライブ)、Nada Surf(ナダサーフ2008年4月のライブ)は速攻ヘッドホン大音量で聴き入ってしまいました。いや〜ありがとう。いまだ来日公演を行っていない彼らのライブはほんとに貴重なんだから!

Rilo Kileyのページ (NPR)
Nada Surfのページ (NPR)

※それぞれページにはセットリストも書いてあります〜。約90分ノーカット!タイトルのところをクリックすれば専用のプレイヤーが立ち上がってブラウザ上で聴けますが、ダウンロードしたい場合は画面左端のDownloadとかPodcastとか書いてあるところをクリックすると入手できます〜。

その他にも、Brian Wilson(ブライアン・ウィルソン)のつい先日(12/17)ワシントンD.C.にて行われたライブも聴いちゃったし、Conor Oberstの新バンドやThe Elephant 6 Orchestra、Of Montrealなどの最新Liveなんかも。
さらには、Radiohead、Spiritualized、The Ting Tings、Fleet Foxes(こいつら丁度気になってた!)、Jose Gonzalez、The Raconteurs、Lou Reed、3月に行われたSXSW 2008からはYo La TengoとかMy Morning Jacketとか〜〜やべー全部聴けない!
2007年もさかのぼるとさらに色んなアーティストが〜(StarsとかBroken Social SceneとかIron and WineとかTravisまでいた〜、BjorkもいるしBen Gibbard Soloなんつーものまで!UK勢もほどよくまざっていてこのラインナップはかなり満腹です……)

そんな感じで気になる方は、
"Live in Concert from All Songs Considered"(ライブ一覧ページ)にて確認してみて下さいませー!

さ・ら・に凄いところは……これらはすべてPodcast配信されているので、ページみるのがめんどくさい!っていう人はiTunes上ですべてチェックとダウンロードが可能になっていること。
こちらのページのiTunesっていうボタンをクリックすると自分のPCのiTunesが起動しまして過去の配信一覧が自動的にDLされるので、そこから欲しいやつだけ"入手"と押せばOKです!音源そのものがPC内に保存されます。それをiPodなりに入れてしまえば街中でも聴けちゃいます。

いや〜遡って全部聴くのも大変ですね。この中では僕も半分以上は知らないアーティストなので、オススメとかワタシこの人スキー、とかあったらどうぞお気軽に教えて下さいませ。

しかし、日本ではこういう試みって皆無ですけれど、アメリカのラジオ局っていうのはメディアとして面白い存在ですね。ネット×ラジオ×アーティスト(Live)という、レコード会社が端に追いやられる構造といった感じでしょうか。NPR02このあたり、生の音楽を愛する人たちのコミュニティが着々と根付いているような気がしてなりません。

ただ、これらの音源を聴いた人は聴くだけで満足しないで、次にどんな行動を起こすのか……っていうところがポイントなんだろうなぁ。自分が好きな事、好きな音楽、好きなバンド、好きなチーム、好きなお店……等々は何らかの形でサポートしないといけないんだよね。とあらためて思う。じゃないと死んでしまうのよね。

それからこのラジオ局の名のとおり、Neighborhood精神とでもいいますか。ご近所さん的お醤油の貸し借りがネットを介してそろそろできる時期なんじゃないかな……とそんなモヤモヤっとした事を僕は考えたりもして。

なにはともあれ、、、、Merry Xmas!

JUGEMテーマ:ROCK音楽

| Good Music!(Topics) | 22:18 | comments(8) | trackbacks(7) |

音楽ファンの性格分析

最近B型とかO型とかの本がやけに売れているけど、こんな記事を発見。

クラシックとヘビメタ、ファンは似た性格:「音楽の趣味と性格」を調査
by Wired Vision

スコットランドのエジンバラにあるヘリオット=ワット大学の研究者チームが、個人の性格と好みの音楽ジャンルとの関係を調べるため、世界の3万6000人を対象に調査を行なった・・・という割と科学的な検証のようです。元記事(bbc.co.uk)はコチラ

なかなか興味深いのでぜひ一読。

メタルの人はいい人が多いし様式美好きなのは知っていたが、オペラとヒップホップに近いものがあるという視点は面白い。

それから、
自尊心(自己評価)がひたすら低いんだなぁ僕は・・・と気付かされてしまい笑ってしまいました。
まさにその通り=インディーズ系、ヘビーメタル、シンプルなオールド・ロック好き(メタルは10代の頃好きでした)だよー!(くそー)

まぁ安い男なんすよ。ぼくぁ。

しかし逆に言えば、もっとブルースやジャズやクラシックを聴くようにすれば、自己アピール(自己顕示)が上手になるかもしれないということだろうか。

うん。違いない。
ちょっとは頑張りましょう。

JUGEMテーマ:音楽

| Good Music!(Topics) | 03:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
   1/3PAGES >>