サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
The Great Unwanted
The Great Unwanted
Lucky Soul
2007年 1st album
my review
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
Casino Twilight Dogs
Casino Twilight Dogs
Youth Group
2006年 2nd album
My Review
+RECOMMEND
+RECOMMEND
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL

愛用中。mp3で外部マイク録音もできる名機!→購入レポはコチラ
+RECOMMEND
Born in the U.K.
Born in the U.K.
Badly Drawn Boy
2006年ベストワン。
My Review
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
Sun, Sun, Sun
Sun, Sun, Sun
The Elected
2006年1月 2nd Album
My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
ピンカートン
ピンカートン
ウィーザー
1996年 2nd
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
#1 Record/Radio City
#1 Record/Radio City
Big Star
2in1。1st&2nd
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
Distant Shores
Distant Shores
Chad & Jeremy
1966年。
その後の"Of Cabbages and Kings"と"ARK(ノアの箱船)"も絶品。→somebody's Album Guide
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
HOSONO HOUSE
HOSONO HOUSE
細野晴臣
1973年 ソロ1st 
2005年9月ハイドパークでの演奏に心打たれる。
Live repo1&2
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+RECOMMEND
ソングブック
ソングブック
ニック ホーンビィ
→My Rebiew
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

モヤモヤさまぁ〜ず2のDVD

モヤモヤさまぁ〜ず2

仕事は今日の金曜日で一旦終了。
少なくとも6月末までは完全自由の身になりました。
(その後も自由かもしれませんが。よ自由人!)
しかしこれで先日届いた「モヤモヤさまぁ〜ず2」のDVD3巻セットをやっと見る事ができるというものだ。(思い切って買ってしまいました。ご褒美。)
ひとまずは職探しをする前に思う存分リラックスしたい。

できれば海外旅行などのご褒美も自分に献上したいところだけど、さてどうしたものやら。職場にいるスーツ+ウエストポーチのスタイルを好む独特の雰囲気を持った方のアドバイスは「そんならブロードウェイにでも行ってきたら?」だった。乗ってみるのも手かもしれない。と、HISとかAB-ROADを調べてみると、少なく見積もっても合計20萬円はかかりそうではありますが(飛行機代12万換算)……いや、でももはや、お金の事なんて考えたくない。なんとかなる!そう、胸を張って言おう、マネーは天下の回り物なのだからっ!なんとか、なんとか……
そして俺は小さな声でつぶやくのだった「なんとかなる…」(哀愁)

雨に唄エヴァ

ウチの近所のパチンコ店ののき先にあった看板。
「雨に唄エヴァ」
なんともモヤってるじゃないかっ……。

大江麻里子アナの日記(テレ東"アド街"内)
| Movie & Stage(TV(Drama)) | 04:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

年末年始はTV漬け

2008年おめでとうございます。
大晦日はテレビ朝日の濱口君の無人島とテレビ東京のやりすぎな芸人大会を見ながら、飽きてきた頃にDVD映画再生して朝日も出きった頃寝るという堕落しきった休日。

そんな中意外と引き込まれたのが最近おバカキャラで売り出し中らしいスザンヌ(Suzanne 本名=山本紗衣)。彼女のボケ(天然?)発言はどの番組を見ても一点の曇りもなく素晴らしいバランス感覚で、またブレることなく常に一定のレベルでわかりやすいボケキャラを惜しげもなく披露しているところはなかなか素晴らしい……とベタ褒めてみたい。
そのよゐこの無人島の番組でも激寒の海に潜り優雅に泳いで見せたり、パッとチャンネルを回してつけたウッチャンの社交ダンス番組でも真面目に踊ってたし、単なる一発屋では終わらない多芸ぶりも発揮していたり意外にも。なかなかのエンターテナーの素質大……というのを発見してしまったもんだから今後もチェックしてみたい(笑)。

スザンヌ wikipedia
スザンヌ blog

あと個人的にお笑い系でひいきして見てしまうのは、藤崎マーケットとチュートリアル。ラララライが好きってわけでもないけど、コンビ二人ペアでの顔の具合が好きなのかも。藤崎マーケットは何かの番組でランニング姿じゃなくて普通の漫才を披露していたけど、それがまた面白かった。来年のM-1で上位に来ないかな。

年末の歌番組は総じて全部つまらなそうであった。"千の風〜"とか"おしりかじり虫"に全部持ってかれているJPOPはなかなかの死に体な状態な気がします。

天皇杯(鹿島VS広島)は見るのすっかり忘れてしまった。(その時間寝てました……)

年末見た映画・・・
「レディ・イン・ザ・ウォーター」(2006)
「インサイド・マン」(2006)
「キャスティング・ディレクター」(1998)

どれもまぁまぁ骨太で良かったけど、特に「レディ・イン・ザ・ウォーター」はM.ナイト・シャマラン監督が久々に実力を万遍なく発揮した力作というか(ここ2作はちょっとハズしていた感もあったけど)、見事な大人のファンタジー作品に仕上がっていたかなぁと。感動しちゃいました。(興行収入は過去最低みたいですけど……)まぁまぁ、僕は2枚組のスペシャルパッケージ版のDVDを入手したい気が増幅中。あくまでもイメージですが、溝口健二映画の幽玄性みたいなのも感じなくもない作品っすよ。確かにいろいろ地味ですけど、いい短編小説を読んだ後みたいな豊饒感も味わえる映画かと。

正月は引きこもってDVD観まくろうかしらね・・・。

そんなわけで、
今年もよろしくお願いいたします!
(2007年総括もやってみたいところだけど・・・)
| Movie & Stage(TV(Drama)) | 03:55 | comments(6) | trackbacks(0) |

土曜プレミアム ドラマ「しゃばけ」

syabake logo

三連休の真ん中の土曜日、新宿のとある本屋の店頭の山積みコーナーを覗くと”シリーズ180万部突破の大ヒット小説「しゃばけ」が11/24(土)21時よりフジテレビ系列でドラマ化!と書いてあるのを目にして、そのまま帰宅、TVをつけそのまま約2時間思わず見入ってしまった。

冒頭からいきなり金かけているドラマやな〜なんて感じで、CGやセットも含めて、なかなか映画並に力を入れておりますっという映像で、かつ、ストーリーにも澱むところもなく、ヘタな芝居するようなタレントも居無く、時代物も妖怪物もまったく縁の無い僕ですが、なかなか最後まで見ごたえがあり堪能しました。(ドラマでも映画でも無いハイビジョン制作とのこと)

ストーリー&演出的には、ほとんど劇団☆新感線見てるみたいな気分でしたが、チャンバラが無いだけで音楽やセリフ回しなんかは非常に近いものがあったし、見終わった時のさっぱりした爽快感などもなかなか近かった。(あくまで個人的にですが)

原作は畠中恵という女性の方で、どうやらフジテレビ主要スタッフもすべて女性で構成、それに谷原章介、早乙女太一といった配役も、なかなか大人な女性受けしそうなキャスティングで、ある意味狙い通りにハマっていたかと。若干地味な印象もありますけどドラマとしては大成功でしょうね。(雨上がり宮迫が出ていたのは顔面白塗りのせいで気がつかなかった……)

第2弾もあるっぽいので、また見てみたいところです。
小説は宮部みゆきとかのファン層と被っているのだろうか……こんだけ売れてるってことは、みんな時代物の小説とか結構読まれるんですねぇ。知り合いでそういう人あまりいないんですけど……こっそり読んでるの?(谷原章介は元々小説の大ファンだったらしい)

☆しゃばけ(娑婆気) … 俗世間の名誉やさまざまな欲望が離れない心

モノには魂が宿る、粗末に扱ったり、安易に捨ててはいけないのよね、とモノが捨てれないリサイクル好きな僕としては共感するところ。(骨董品には今のとこ興味はないんですが……年代物には気をつけたいですねぇ……むふふ)

フジテレビ「しゃばけ」公式


JUGEMテーマ:映画

| Movie & Stage(TV(Drama)) | 20:53 | comments(2) | trackbacks(7) |

寝不足ドラマ

夏も終わり、先週ぐらいから毎日眠い。
日中の仕事中コックリ度がもれなくUPしている。
ま、先週とはいわず元々眠いんだけど(そう、僕は生まれたときからずっと眠いのかもしれない)、その眠さに輪をかけていたのが、フジテレビ深夜連続放映していた「24」だ。

こういう連続ドラマをレンタルするのはメンドイし、字幕だと片時も目を離せないから、こと、トゥウェンティフォォに関しては、TVでやる吹替版がやはりベスト。(24時間字幕は集中力的にきついし、24の吹替えはやはり秀逸!)

今回はシーズン5。
なんか前シーズンよりも話がスムーズというか、登場人物達、皆話しが早い。悪役達も、皆スマート。さらに倍で話の展開も早い。これはおそらく、視聴者はその辺のイキサツはもうわかってるだろうから、説明やいざこざは省いてトントン進ませようぜ、という製作者側の綿密なプランのような感じがしますです。

で、あらためて思うのは、
「24」、それに「プリズンブレイク」などの面白いところは、話や映像の綿密さではなくて(展開は早いけど)、登場する人物達のキャラクターがちょっとづつ別々の方向へ向かいつつも、それぞれが個性(信念)を持って、生き生きと描かれているところにあるように思うわけです。
今回見ていて僕が思わず無意識の内にボヤいてしまった言葉は「しっかし色んな奴らがいるよな〜」でした。アホみたいにいろんなヤツがいるのだ、このドラマには。そしてこの世には。特に、"忠誠心"という心のありようが、今シリーズでは良く描かれていたような(前からかもしれないけど)気がします。”お前は何に忠誠を尽すのだ?”と問いつ詰められております……。

例えば映画には、画面そのものの緊張感&緻密さが必要&不可欠と思いますが、TVドラマというものはやはり細かいことは置いといても、何は無くともキャラクター、が生命なのだと思うし、結構僕はそういうスタイルが好き。

「信じられない!」という考えを起こす人は世の中に沢山いるわけで、気持ち悪くなるくらいにいろんな人がいる世の中なのだから、「あなたは信じられない!」とキレる前に理解できないことには話にならないし、理解しようと思う気持ちはやはり大事なのである。理解(わか)りたくもない!という場合も常人にはきっと多いとは思いますけど・・・こういう事が嫌なのであれば、小さな村から一歩も外に出ない事だし、外からやって来た人とは一切関わらない事だろう。


話がずれてきましたが……とりあえず……
「♪おしりかじり虫〜」の威力は確かにすごいなぁ。
ここ数日、頭からはなれないぜ!
くそ!クロエ!スピーカーホンにしてもう一度聞かせろ!
てな具合で……。

今夜はTV朝日にて「サマーソニック07 総集編」があるようなので、片手間に見てみよう。10月13日(土)深夜2:40〜4:35。

| Movie & Stage(TV(Drama)) | 17:02 | comments(6) | trackbacks(1) |

ドラマついでにドラマ話

プリズンブレイク以外では、「デスパレートな妻たち」もちゃっかり見ています。by NHK土曜深夜。「24」や「プリズン〜」に比べ、日本語吹替力が今一歩なとこがありますが(萬田久子とか…)さすがに全米ヒットドラマ、惹きつけるものは十分にあります。

前クールでは「帰ってきた時効警察」くらいしか気になる作品は無かったのですが……(こちらは「時効警察(1)」からクオリティ下げ無し。終わりから2話目ではオダギリ君が演出にチャレンジしてました◎)。

そんな中、今節の要チェックドラマはぶっちぎりで「パパとムスメの7日間」by TBS日曜9時 であります。
館&新垣pic

サラリーマンのパパ(館ひろし)と女子高生のムスメ(新垣結衣)の人格だけが入れ替わってしまうというホームコメディ。いわゆる大林映画「転校生」方式で特に真新しいところは無く、まったく期待無く見てみたのですが、これが近年まれに見る上出来コメディドラマに仕上がった様子。単純な僕は結構爆笑してます。

何といっても秀逸なのが、中身が女子高生&外見が"館ひろし"の舘ひろしの演技。"あぶない"ひろしはまだまだ死んでいなかったのだ!ギャル語&女の子仕草が最高にはまっております。大傑作といって良い。

そして今世の中で最も中年オヤジに影ながら支持されているんじゃないかと思われる新垣結衣は、オヤジ言葉を操りあぐらをかくその演技はまぁなんて事無いけど、タンクトップ系肩出しファッションがかわいいから全てが許されるポジションで魅力を全開。

脚本や演出うんぬんいうよりも、キャスティングが思いっきりはまっているドラマです。コメディ&青春ものはキャスティングが何より重要なのだ。そこに奇跡が起きる。

脇役陣も絶妙で、麻生祐未が母役でサポート、父の会社の同僚で佐田真由美、八嶋智人を贅沢に配置している。(高田総統も何故かデキル上司役で出演しているが、いずれハジケてくれる事を願いたい。もちろんYシャツのボタンがハジケて……のマッスルシーンだ)

全7話中2話が終わってしまいましたが、今後にも大いに期待であります。
(現在の平均視聴率:13.47%)

Link◎Audience Rating TV 〜ドラマ視聴率〜
| Movie & Stage(TV(Drama)) | 01:54 | comments(4) | - |

プリズンブレイクのティーバッグさん

T-bag pic
「プリズンブレイク2」
ですよ。
現在のとこ、2の7話目まで進んでいるところですが、ここにきて"ティーバック(T-Bag)"のヤツが好きになってきてしまって……困る。脱獄後、切り落とされた手首をつなぎ合わせた後くらいから、彼の人間的魅力が急上昇している気がしてならない。むぅ。
いまや、脱獄囚メンバーの中で、本当の罪を犯して服役していた人間が彼だけだからなのかもしれないけれど(主人公マイケル達がいかに善人かが最近浮き彫り気味)。
それにしても凄いサバイバル能力というか性欲本能。誰から何を言われようと、どんだけ罵倒されようとも、自らの本能だけのために全てを捧げ生きる男……。

役名:セオドア・“ティーバッグ”・バッグウェル
アラバマで6人殺害して服役。サディスティックな両性愛者で、刑務所内では若い男を性的対象としている。"T-bag"は"Theodore Bagwell"の略なのだが、ある種の性行為を意味するスラングでもある。少女もオバサンも少年も好き。懲役=終身刑。(wikipediaより)

思いきり最悪な男なのだけども、そこに光をあてるのが俳優:ロバート・ネッパーである。本人の生インタビューを見たあとになおさら、さらに魅かれている気もする。手首がつながった後、髪をブリーチして金髪にしたのも本人のアイディアらしい。日本の俳優、寺島進に似てる気がしないでもないけど、もっと痩せててシャープなとこが良い。本当は映像の方が良いと思うけど、インタビューは以下テキストでどうぞ。
ロバート・ネッパー インタビュー記事(eiga.com)
T-Bag役ロバート・ネッパー(Robert Knepper)インタビュー(クレイジーなTVウォッチャーtinkerさんのサイト)

ブルース・ウィルス主演の「ホステージ」、ジョージ・クルーニーの「グッドナイト&グッドラック」にも出てるらしいので、さっそく良い子の夏休みにでも観て見るとしよう……。

※こんなナイスショットを見つけました〜↓。なはは〜。
prisonbreak-chiristmas pic


※追記:内容確認してないんでよくわかりませんが、Yahoo動画で無料で結構見れるみたいですよ。全話分のダイジェスト?
[Yahoo動画 プリズン・ブレイク特番]2007年10月31日まで。
| Movie & Stage(TV(Drama)) | 23:36 | comments(6) | - |

忙しいじゃないか……(汗)

今週は24-Twenty Four-をフジテレビで深夜見ているんですが、おかげで毎日がやけに忙しかったです……。1日3時間を何か普段しない事に割くって中々大変ですね。死ぬほどアホみたいなソフト拷問です。眠い……。

特に10月5日の木曜日なんて、仕事も忙しい中無理矢理早退、ロン・セクスミスのLiveに渋谷まで行き、帰宅後日本代表VSガーナ代表の試合を録画観戦し、深夜に24を4時まで生で見る……というアホらしい荒行を敢行。
思わずどっちも録画して次の日に見る事なんて出来ない!……という緊急事態。
風呂に入る暇もありませんよ。。。
この3連休でやっとばん回してる感じです。

しかし風呂に入らないといえば、24では皆冷や汗かきっぱなし。
CTU内の体臭も凄そうです。。。(笑)

特にシーズン4からCTUに勤務している愛すべきおデブちゃんIT分析官エドガー(←)は、そりゃぁ最も物凄い体臭になっていて周りは大変だろうなーと想像しますが、ミシェル・デスラーなんかも案外相当なものだろうー。元恋人トニーもその香りが忘れられないのだろうと想像する…………。
(ジャックは多分8×4を愛用しているから平気)

※写真はChloe&Edgar。

それにしても人が死にすぎますシーズン4。一体何人の捜査官が殺されたか。それもあっさり。クロエが初めて人を撃って「何も感じないの、私は変なのかしら」と言っているシーンはこのドラマの中でもかなり現実的で的確なセリフだったけれど、麻痺している視聴者にとってはまったく興味をそそられない場面となってしまったか。核爆弾が爆発する以外の犯罪行為はもはや何の意味も衝撃も感じなくなっているアメリカの病巣を憂うばかりだ。

ミシェル・デスラー役のReiko Aylesworthの詳細情報
 →1/4日本人の方のようです。そしてトニー・アルメイダ役のCarlos Bernardと同じ病院で生まれているとかなんとか!?どっちもエ〜!(驚)
黒江さん(Mary Lynn Rajskub)画像。(Yahoo Movie photo)
 →"キューティーブロンド2"や、最近だと"ファイヤーウォール"に出演している彼女。だんだんとクロエ萌えになっている己にいい加減気がついたほうがよい。


只今ロン様のライヴレポ懸命に書いております。。。

| Movie & Stage(TV(Drama)) | 04:05 | comments(4) | trackbacks(0) |

24 -twenty four- 祭り開幕


げ!
いきなり24連夜上映開始!知らんかった!
昨年に引き続きフジテレビ系列で毎日3話連続放映でっす。シーズン4!
ワールドカップ並に毎日深夜までみるわよ〜。ジャックぅ〜(なぜかオカマ風)

こういう連続物はTVでやってくれないと困ります。レンタルするのはメンドーサ
まったく今週は水曜に日本代表VSガーナ戦もあるっていうのに。
TVが忙しいじゃないか。

もう1話目終わっちゃった。
ジャック、その恋人はどうかと思うぜ……!
とりあえず、CTU内のPCがすべてhp製だなぁ。タブレットPC使いまくり。僕は以前hp関連でサポートの仕事やってたこともあるので、そういうとこに目が行ってしまいます。
(以前はDELLとMacだったはず……)

あぁ……2話めも終わっちゃった!
CTUがまったく機能してないね。もういっぱいいっぱいじゃんよー。
人手不足……というかすっかり女性が働く職場になってしまっているCTU。大丈夫か?使えない年増でヒステリックな女性上司と部下はオタクで頼りないデブ男、なんかそういう職場は見た事がある気がするなぁ……。
わーん、エース(元ジャックのいたポジション)の男があっさり殺されちゃったよー!プロなら一発で仕留められるんじゃなーい!まったくもう……。

関東以外の地方放送局は、明日以降開幕なので、要チェックだ。
詳細こちら↓
20th CENTURY FOX
ふじてれびじょん

この人はもう出てこないんでしたっけ?
| Movie & Stage(TV(Drama)) | 02:35 | comments(6) | trackbacks(4) |

ROCK FUJIYAMAから坂本九まで


げ。やばい。
気がつけば1回目の放送見逃してしまいました。
「ROCK FUJIYAMA」
テレビ東京の月曜深夜1時!
この番組はキャスティングを見ればわかる通り、なんと、昨年放映され惜しまれつつ終了した音楽番組「ヘビメタさん」の後継番組です!そう、あの時のマーティ・フリードマンと八代亜紀の"雨の慕情"は記憶に残る名演奏だったなぁ。またそういうのやって欲しいです。

詳細↓
「大人のロック!推進計画」

地方では放送してないのかな・・・?
そんな人はGyaoでも連動してやっているようなので→「GyaO FUJIYAMA」

Gyaoね・・・、Gyaoか・・・、ふぅ〜。

ん???

えーーー!!!
Gyaoでエド・サリバン・ショーを毎回分放送している!!!
くぁ!
しかもすでに20回分は放映終了しているではないかっ。(早く教えて)
見たいのが沢山あるじゃないかー。全部見たいじゃないカー。
やるじゃないかー。ギャオ〜!
ラヴィン・スプーンフルとかタートルズとか〜。生ドアーズも見たいじゃないかー。
(BeatlesとかByrdsとかはさんざん見てるのですがっ)
ギャオ見るためにWindowsマシン買ってもいいとさえ一瞬思ってしまったくらいです。
Gyao「エド・サリヴァン・ショー」
で、いま見れるのは1966/12/11放送分(#21)〜1967/9/17放送分(#29)です。
(それより前のが見たかったなー。坂本九とか〜。それは1963年くらい? でも番組は、本当は1時間番組ですよね。編集してるやつなのかな…。見たいのカットされてるかもですけど〜)


そう、しかし、But、Batman、バットマ〜ン、
そう・・・、悲しい事にMacintoshではGyaoの番組は見れないのです。
見れないのでっす!
フーッ、フーッ(鼻息)
Gyao様、Mac対応に何とかしてくれね。

インターネットTV〜。もっと楽しみたい。
僕はYahoo BBTVってのに加入してたりするんですけど、そっちでもそういうのやってほしいです。VOD(ビデオレンタルみたいなの)も高いしラインナップ悪いし。"Top Of The Pops"とか"Hullabaloo"とか昔の音楽番組見たいです。買うと高いし。ビデオとか場所とるし。いや〜ほんと使えないんですから、BBTVって!


坂本九(Kyu Sakamoto)といえば、それ関連で面白い記事があったので紹介しておきま〜す。
「SUKIYAKI」大ヒットの裏に by 安倍 寧ウィークリー日記より
 →ハ行を強調した歌いっぶりがR&B風?ペトラ・クラークが名付け親?
トム・アルドリーノ(NRBQ)へのインタビュー by 松永良平(Hi-hi Record Site)
 →トム氏の幼少の頃60年代の思ひで。レコードとの出会い。面白かった!
 「"SUKIYAKI"なんて酷いタイトルつけるアメリカ人ってほんとバカ!」だって(笑)
 NRBQももっと聴きたいバンドなのですが、なかなかのめり込むきっかけがない感じでいままで来ております・・・。

そんなわけで、
今日はなんだか、随分と話が横道にずれていってしまった。(いつもか)
寄り道こそ我が人生で〜す。誇りを持って寄り道しろよな〜。

 ←アメリカ盤ジャケ
| Movie & Stage(TV(Drama)) | 02:36 | comments(4) | trackbacks(0) |

ドラマ「時効警察」見てます



1/13に放送開始されて2回分見ましたけど、僕の口元は終始緩みっぱなし。気に入ってます、ドラマ「時効警察」。金曜夜11:15より。テレビ朝日系列です。

今まで見たオダギリジョーの中で(といってもそんなに見てないですが)は一番好きなキャラクターかも。麻生久美子も素っとぼけキャラで可愛いです。
内容の方も、脚本・演出は三木聡氏で、脇は岩松了やふせえりやビシバシステムや豊原功補(最近ボケ役が多いがいい味だしている…名前未だに読めない)などが全員でボケてます。1回限りのゲスト枠などは毎回豪華なようで、今回は池脇千鶴がメインの時効犯人役で、それから、片桐はいりや元ワハハ本舗の村松利史や佐藤蛾次郎などが超脇役で変態演技していました(笑)。
ちなみにナレーションは由紀さおりです。

三木聡氏は僕にとってはシティボーイズの作家として親しみ深いところです。(10年前くらいはよく見ていました毎年行なわれている彼らのLive。今年はなんでも池上本門寺境内特設テントとかでLiveするようで→「マンドラゴラの降る沼」、見てみたいけど7千円は高いよなぁ)

それからこのドラマ、Officialサイト見る限りでは、回によっては、岩松了、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、園子温、などの面々も演出するようです。今後のゲストとしては、きたろう、斉木しげる、大竹まこと、などの出演もありそうなところで期待したいところだなぁ。中村有志あたりは絶対あるな…。

今回印象に残ったセリフ:
 三日月しずか(麻生)「いーの、いーの、ブライアンイーノ。」

……要するに小ネタが満載でくだらないんです。
……くだらないのがぼくは好き。

あとオダギリ君と次長課長の河本は小学校の同級生らしい。
と、さっき昼のTVで言ってた。
河本氏の顔はなんであんなに憎めないのだろう。
ネタはともかくお笑い芸人として必要なモノをもっているのですな。素晴しいなぁ。


最近音楽ネタがあんまりないですね。
気をつけよう・・・・。

| Movie & Stage(TV(Drama)) | 18:40 | comments(4) | trackbacks(5) |
   1/2PAGES >>