サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 乱魔堂「ひたすら」は名曲なり | main | すごかった! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

HYDEPARK MUSIC FESTIVALへ

そんなわけで本日、ハイドパークへ行ってみようと思います。
日曜日で快晴で気持ち良さそうです。(まだまだ暑いかな?)
今回は一人旅で〜す。

↓のリンクは会場の様子とかが写真入りで詳細に語られている特設ブログ!
ナカナカのんびりムードで楽しそうです。
行かれない方はぜひ御覧下さい。

---HYDEPARK EXPRESS---

商業的になりすぎてなくて手作り感覚で、そんな雰囲気が満載しています〜。

本日はメインアクトに細野晴臣、それから逆順で、佐野元春&ザ・ホーボー・キング・バンド、エリック・アンダースン、洪栄龍(乱魔堂)、鈴木慶一&鈴木博文&武川雅寛(from ムーンライダーズ)、ラストショウ、アーリー・タイムス・ストリングス・バンド《西岡恭蔵トリビュート》、岩渕まこと with 洪栄龍&尾口武、SAKEROCK、ディキシー・ポークバンド・オブ・バクシー・バウル……
というラインナップ。
お昼の12時スタートです。

昨日は、小坂忠、高野寛、マーク・ベノ、鈴木茂、センチメンタル・シティ・ロマンスなどが出演だった模様です。

いや〜渋いですかあねぇ。
細野氏は60才間近ですからねぇ。
僕個人的な興味としてあるのは、年をとるってどういう事なんだろう……みたいな、こういうおじさんにオレもなりたいって思わせてくれる人はどれだけいるだろう……みたいな。
もちろん音楽的にも、何年も熟成されて培われたあなたの音楽、みたいなものをどれだけ感じられるだろう?といったところに、特にここ最近、思うところが多いというか、学んでしまうところが多いというか、影響受けてます。(それはいろんなオジサン(年上という意味で)ロッカーに)

クイーンシーバのオムカレー食べようかな〜。(うまそ〜700円)

では〜。会場へGo。


| Live!!!(My Live Report) | 04:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 04:02 | - | - |









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/164