サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 映画「エルフ〜サンタの国からやってきた〜」を観る | main | 新年あけましておめでとうございます! >>

細野晴臣と東京シャイネス Live!

細野晴臣&東京シャイネスのLiveに行ってきた。

2005年12月27日九段会館(旧名:軍人会館というらしい)で行なわれた、細野晴臣のソロライヴ。夏の狭山での奇跡的なステージ以来、ということで期待はいやがおうにも高まり、ぼくは珍しく向かう電車中なんだかちょっとした緊張もあったりと(何でだろう?まるで自分の事のようであった)、一体どうなる事やら、セットも増えるはずだから何をやってくれるのか、などと思い、仕事帰りギリギリ到着。

そしてこの日は……シャイな人たちによる、シャイな人たちのための、非常にシャイな音楽会、となったのであった。。。

「(うちのバンドメンバーは)みんなシャイだからね…。でも一番シャイなのはぼく」という細野氏。"東京Shyness Boy"という曲が細野さんの76年のアルバム"泰安洋行"にあるのですが(それは演らなかったですけど)、シャイという言葉を全面に押し出しての今回の公演でした。Tシャツにも「BE SHY」とデカデカとプリントして販売しているし。(でももうすでにシャイですから僕達は)

関東圏もしくは日本中の、時間の都合がついたシャイボーイ、シャイガール達が九段下に集結し音楽を愉しむという、非常に奇妙で稀な音楽会だったのかも知れぬ……、と後から思う。。。

←パンフ買ってしまった(高かったですが充実内容)

狭山の時と同じように"ろっかばいまいべいびい"からゆるりと始まって、2曲目に"風をあつめて"(「風街ろまん」収録)だ!わぉ!よ!そう、これが聴きたかったのだ〜。演ると思っていたのだ……嬉しい。しかし演奏中、細野氏は「あれ間違えちゃった」とマイク越しに連発、場内の笑いを誘う。わざわざ告白しなくても良かろうに・・・。
緊張していたらしい・・・。
あんまりこう緊張する事って無いんだけど、と静かな口調で言っておられましたが、あれはかなり緊張していたとみます。汗もすんごく出てきていたようです。57才の緊張汗。貴重です。
曰く「練習しすぎると緊張するんだよ」

また、終盤にも言っておられましたが、
「音楽って面白いね。でも一番面白いのはリハーサル。今度ね、抽選でリハーサルに招待しますよ、ほんと、そうするとね皆にもわかってもらえると思うんだけど……(音楽の素晴らしさをさ)」みたいなことを…。

つまりはスタジオで練習を重ねた曲を本番のステージで演奏するというスタイルは、少なくても細野氏はあまり好きではないようで、つい固くなってしまうとの事。汲み取って考えると、音楽の自由さが無くなって音楽自体が固くなってしまう、ということでしょうか。本来あるべき姿でない、とか。
「ぼくベースやる時も練習とかしないもん」とか仰っていましたけど、それはあなただから出来る事ではないのか、と誰もが思っていたような気もしますけど、ほんとのところどうなんでしょうか?どうなの?

中盤、「ブルース曲を即興でちょっとやってみようと思うんだけどどう?」という氏のいきなりの提案で、バンドメンバーの方もドッキリしておられましたが、その演奏を聴くと納得。手探りで進行していく中で徐々に通じ合っていく感覚と言うか楽しさが確かに伝わってきました。高野氏のギターソロも思わず良かった。
我々聴衆もまた音楽に少しだけ近づけたような気もしました。
でもこういうブルースとかジャズとかの即興って絶対的に演るほうが楽しいに決まっているだろう!、と観ながら思いつつ、ぼくももっと弾ける人になりたい、もっと音楽を楽しみたい、と思うのであった……。

あー、しかし、まー、もう長くなりすぎたので、なんていうか、結論にしますけど、良い時間をありがとうございました。ぼくは2階から観ていたのですが、細野さんを半円状に囲んで演奏する皆さんは宇宙船でした。UFOみたいに浮かんでました。狭山のLiveの時でもそうだったのですけど、"STELLA"を演奏すると夜空へ飛んで行ってしまいそうなんです。いい曲だ。泣ける。

アコーディオンとペダルスティールとマンドリンの絶え間ない音波は至福のパラダイスでした。はらいそ=PARAISO、でした。ありがとう。

ファンとかいうよりも、もはや音楽の先生みたいなとこあります細野さん。
なんというか、細野さんは音楽を本当に楽しんでいる人なんだという事が、よくわかってしまって、すごく尊敬してしまうところなのです。
音もそうですけど、何よりも日本語歌詞が好きです。(音は幅が広すぎて掴みきれません!)
リハーサルスタジオにぜひ行ってみたいです。
行き方教えて下さ〜い!


↑パンフの中の膨大な細野メモの中の1ページ。"恋は桃色"の秘密が……感激だ。


演奏者:
 細野晴臣(Vo.Ac-G.) / 鈴木惣一朗(Mandolin) / 浜口茂外也(Dr.) / 高田漣(Pedal Steel) / 伊賀航(Ac-B.) / 三上敏視(Accordion. El-G.) / 高野寛(Ac-G.Cho.Per)
 オープニング・アクト: KAMA AINA


そういえば、アンコールでは"風をあつめて"をもう一度演奏されました。2回も聴けるなんて!やっぱりあまりにもぐでぐでだったからか!それでは放送できないと(笑)
テレビカメラ沢山入ってました。CSのフジテレビ721の収録のようです。放映は2006年の夏以降になる予定とか。同時にDVD化もあるようです!
特典映像に"間違えちゃった"バージョン入れてほしい……。

細野晴臣 オフィシャルサイト DWWW
ファンサイト「hosono archaeology」


p.s.チケットの件でMさんお世話になりました。ありがとうございました。
本当に感謝です。



〜〜追記(12/29 17時)〜〜
細野晴臣&東京シャイネス公演@九段会館レポ リンク集
 (バラタリア島さんのsite)

★セットリスト
1.ろっかばいまいべいびい
2.風をあつめて
3.暗闇坂むささび変化
4.僕は一寸
5.恋は桃色
6.Pom Pom蒸気
7.ハイヒール・スニーカーズ (Blues Session)
8.Lotus Love (YMO)
9.夏なんです
10.CHATTANOOGA CHOO CHOO
11.終わりの季節
12.はらいそ
アンコール:
13.風をあつめて →2回目
14.幸せハッピー →ゲストで和太鼓と民謡コーラス
15.STELLA
and 最後に挨拶
| Live!!!(My Live Report) | 03:00 | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 03:00 | - | - |
kemjiさん、行けたんですねー!声かけてくださいよ!いちばーーん、後ろにいたのにぃー。

それにしてもリンク先をちょいと覗きましたが、ブログ人口ってすごいことになってますねー。とてもとてもそんなに読めません・・。

フジでしたか?DVDはあるなあって話はしてたんですよ。ボーナスディスク付の2枚組みで(笑)
---- | k-hiko | 2005/12/30 3:03 AM | ----
>k-hikoさん
いちばーんうしろーにいるって言ってくれれば遊びにいったのに〜。

上記リンク先は張ったはいいけど、ぼくもまだほとんど見てません。はは。暇な時に覗いてみようと思いまして〜。ブログ恐るべしですね。

DVDといえばハイドパークのは出ないんですかね。。。
でも実は、先日CSフジの721でやったやつを友人に録画を頼んでたのですが昨日届きました!むふ。(忘年会やったついでに受け渡し)いま半分見たんですけどいい感じです〜。(でも一人一曲ですけど。まぁ2時間に2日分の人詰め込んでますので……。細野氏は一曲じゃないと思ってますけど……)よかったら、今度何かの折に……(笑)
---- | kemji | 2005/12/31 5:18 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/220
細野 晴臣 & Tokyo Shyness at 九段会館 27/12/05
ハイドパーク・フェスに行かなかった後悔を少しやわらげてくれるような、天からの声。それは3階最後列だったってことからも、紛れもなく最後のチケット。電車に乗り遅れたけど、臨時電車がもう一本。しかも指定席だっていうんだから、この幸運に感謝しなければならない
| season -the diary of mellow rock- | 2005/12/30 2:55 AM |