サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
The Great Unwanted
The Great Unwanted
Lucky Soul
2007年 1st album
my review
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
Casino Twilight Dogs
Casino Twilight Dogs
Youth Group
2006年 2nd album
My Review
+RECOMMEND
+RECOMMEND
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL

愛用中。mp3で外部マイク録音もできる名機!→購入レポはコチラ
+RECOMMEND
Born in the U.K.
Born in the U.K.
Badly Drawn Boy
2006年ベストワン。
My Review
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
Sun, Sun, Sun
Sun, Sun, Sun
The Elected
2006年1月 2nd Album
My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
ピンカートン
ピンカートン
ウィーザー
1996年 2nd
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
#1 Record/Radio City
#1 Record/Radio City
Big Star
2in1。1st&2nd
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
Distant Shores
Distant Shores
Chad & Jeremy
1966年。
その後の"Of Cabbages and Kings"と"ARK(ノアの箱船)"も絶品。→somebody's Album Guide
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
HOSONO HOUSE
HOSONO HOUSE
細野晴臣
1973年 ソロ1st 
2005年9月ハイドパークでの演奏に心打たれる。
Live repo1&2
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+RECOMMEND
ソングブック
ソングブック
ニック ホーンビィ
→My Rebiew
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Googleキャッシュが壊れた? | main | 祝「iriver」当選! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

The Electedのアルバム「Sun Sun Sun」にハマる


                          ↑これはOffical SiteのTop画像
春の陽射しを感じちゃって、本日は桜も八分咲き(in 東京)。
花見したいな。昼間に上品なお花見会がしたい。お茶会みたいな。
The Electedの今年発売したアルバム「Sun Sun Sun」
Sun……強い夏の陽射しというよりは、今日みたいな春の陽射しにかなり合っている穏やかな音。うーん、淡い日差しを浴びろ!

そう、だいたい僕が発売して間もないアルバムを買うっていうのは、あんまり無いんですけど(ベルセバもまだ買ってないな〜)、このLAのバンドElectedには、何か妙に親近なものを感じてしまい、半分勘で即購入。
だって彼らのオフィシャルのホームページ!(←クリック)
ギャー、ナイスキャラ!(上の画像。一発ノックアウト)
フクロウ人間の手元からマジックパウダーが輝いているじゃないか!(こういうのにね、弱いのです)
アルバムジャケ(↓)もナイスであるし、魅力的なパーツが音楽以外に幾つかあってCD購入にいたりました。買う時ってそういうのが大事です。購入の喜び。


で、音の方。
第一印象はドリーミーカントリーポップ&ソウルという感じ(と字ズラだけ見るとよくわかりませんが)少し掠れた囁くようなVocal、でもたまにシャウトして意外とソウルフル。ピアノとホーンも結構入ってくるけど、一番目立つのはギターでしょうか。ギターアレンジが多彩!スティールギターがキュンキュン泣いて終始目立っていますが、基本的にはアコースティックな感じで、2〜5曲目の流れなんて、全部ギターの種類(音色)違うし・・・多彩で多才なのですね。

Blake Sennett (Rilo KileyのG&Vo) のソロプロジェクト。全曲Blakeが作曲して歌ってピアノ弾いてギターも弾いている……。

歌声は、わりとエリオット・スミスを引き合いに出されていることもあって、曲もいくつかは非常に近い感じのもあります。なのでエリオット好きにはわりと受け入れられるかもしれませんね。ぼくも好きな系だ。(本人もエリオット・スミスには思い入れたっぷりで、親交もあったようです……)でもたまにシャウトして昔のブルース&ソウル系シンガーのような一面も。

とりあえず今、その2〜5曲目の流れなんか特に好きになっています。
2曲目の Would You Come With Me なんかはイントロからとろけるような8beatで2:50秒のナイスソングだなぁ。泣ける。5曲目の It Was Love もアコーディオンの音と女性コーラス(Jenny Lewis ex-Rilo kiley)が泣ける。ウエストコースト(60〜70年代系)の音楽のポップと涙がそこにあります(大げさ?)

全体的にはアメリカ中西部なイメージかしらやはり。ジャケの絵柄(←拡大します)そのままの暖かみがある感じです。。。キラーチューンがもっとあると尚良さそうですが、でもアレンジ含めて繊細さで勝負って感じでしょうか。ホーン系の音も結構入ってきます。僕の好きなところだとThe Thrillsにも近いかも。そういうところがカリフォルニア的。コーラスも良いし。Neil YoungやTom Waitsからの影響もあると本人語ってました。

ギターはもう1人、
Mike Bloom (Lap Steel GitarとBanjoも。リンク先は彼のMySpace。この人の力大)
ベースはDaniel Brummel (ex.Ozma。Ozmaって懐かしいなぁ)
ドラムはDaniel Steen

前作ではPostal ServiceからJimmy Tamborelloがガンガン参加していたようです。なので1st Album「ME FIRST」はもっとエレクトロ風な味付けが多いようです(未聴→その後購入)。

★My Spaceでも4曲フル試聴可です(MySpace.com/The Elected
KCRWでのスタジオライブ映像(30min)も見れますよ

と、この春先に、ちょっといい人にがっぷり四つで出会ってしまった。ブレイク・セネット。Rilo Kiley(ライロ・カイリー)の方も未聴なので、前作「More Adventures」(2004)と「Excecution Of All Things」(2002)も近々がっちり聴いてみたいです。


◎追記(5/30)
→Rilo Kiley「More Adventurous」レビューへつづく
| Good Music!(Rilo Kiley) | 03:00 | comments(4) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 03:00 | - | - |
Rilo Kileyのボーカル、ジェニー・ルイス(ジェシー・ハリスに似てる)のソロ、最近会社で良くかけています。
いなたいカントリーポップでいいです。
トラベリング・ウィルベリーズのカバーとかってのにひかれた訳じゃありませんよ。

これも良さそうですね。

iRiverって何ですか?
---- | k-hiko | 2006/03/31 1:26 PM | ----
似てるって名前がですか?音がデスカ?
職場で音楽かけれていいですね。ぼくもそういうとこに転職しようと探し中ですよ。

KCRWでやってましたよ。
http://www.kcrw.com/cgi-bin/db/kcrw.pl?show_code=mb&air_date=3/10/06&tmplt_type=show
いま見たのですけど、モロカントリー風なんですね。CDジャケからは想像できませんでした。Handle With Care聴きたいですよ〜。

iriver?愛の河です。
---- | kemji | 2006/04/01 2:33 AM | ----
古い記事にコメントしてすいません
ただすごく正直でよいレビューでした

rili kiley是非聞いてください。
すばらしいです
どのアルバムも本当に素晴らしいですが特にExcecution Of All Thingsは もう・・・
---- | anythin | 2006/05/17 4:03 PM | ----
>anythinさん
コメントありがとうございます。大変うれしいです……。
このElectedのアルバムはその後もずっと聴いていますが、さらに馴染んできてます。

Rilo Kiley!はい。最近もずっとマイプレーヤーでは第一線で活躍中です。
やっと"More Adventures"最近聴いているところです。あとこれ書いた後は、ジェニー・ルイス嬢のソロ、Electedの1st "me first"も聴いておりますが……(どれも良い)、え!特に"Excecution Of All〜"が最高ということなのですね!!!!わぉ。すごい。生きる楽しみが増えました(笑)ありがとうございます。
もうちょっと間を空けてから入手したいと思います!

また何か書くかもしれないのでその時はまたコメントくださいね。
---- | kemji | 2006/05/18 12:53 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/264
The Elected
The Elected Sun, Sun, Sun from Una Piel
| おや、こんなところにコウノトリが。 | 2006/04/06 9:05 PM |