サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 巻とオシムとバルサとアーセナル | main | 「エターナルサンシャイン」2回目観る >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ジョニー・キャッシュのPV「Hurt」に感激する

yukolonita[TADACHI 100DAYS]さんのところで紹介されていた、
ジョニー・キャッシュの2003年のPV「Hurt」にいたく感激しました……。


JOHNNY CASH [HURT] (フルで観れます Real Player/WMP)

コレは、まぁ、なんというか……音も映像もキャストも完璧すぎるくらい、瞬きも許されない綿密な美しさ、でも目の裏から熱いモノが溢れ出て来てしまう・・・みたいな映像詩&美で、途中からReal Playerの画面はPC最大にして鑑賞してしまいました。

うーん、泣けます。
曲も映像も。
こんな年の取り方をしたい……。

この映像はちょっと調べてみると、グラミーで賞取っていたり、『歴代最優秀ビデオ・トップ20』という企画で1位にも選ばれているとのことなので、既にご存知の方も多いかもしれません。(お恥ずかしながら僕は今回初見でした)

「Hurt」という曲自体は、ナインインチネイルズのカバーであり、ビデオは彼の死(2003年)の前年に撮られたもの(当時71才)。数々のプロテスタントな曲を歌って生きてきたジョニー・キャッシュという人の最期にふさわしいような、愛情溢れる映像美。遺作。迫力。思わず震えます。

監督はマーク・ロマネック(Mark Romanek)で、Directors Labelシリーズの第2弾で彼の作品集はDVD化されています。それからこの作品に関しては、[YAMDAS現更新履歴]さんのところや、[大正おかん座]さんのところでも詳しく取り上げられてあり参考にさせていただきました〜。皆さん震えて泣いている模様…………すごい(笑)

僕はジョニー・キャッシュについては、ボブディランがらみでちょっと知ってるぐらいで(ディランの1つ上の世代のカントリーシンガーな人。映画『No Direction Home』(←参照My記事)では共演して嬉しそうなディランの姿もありました)、今までもほとんどまともに聴いてきていないのですけど、これを機にもうちょっとちゃんと聴きたいところです。

さらにジョニー・キャッシュの自伝映画『ウォーク・ザ・ライン』もすっかり見逃してしまっている僕ですが、コレ見た後だと、やっぱり観ないとイカン!と思ったりもするわけで、どうやらそろそろDVDリリースされるようですけーどーも(2枚組)、来月は池袋文芸座にて再上映されるとの事。(6/17〜23)。あら、しかも「プロデューサーズ」と同時上映だ。行ってしまおうかしらねぇ、おにいさん。

それから、「ジョニー・キャッシュに捧げられたflash」というものSawney Bean's Caveさんのところで紹介されていました。(直リンクはこちら)。こちらの作品も(作者不明)なかなか素敵です。

なお、この曲が入っているアルバム「American IV: The Man Comes Around」(↓)は
カバーアルバムで1994年からリリースしている「American」シリーズの第4弾。有名曲も多数入っています。このPV映像もボーナスDVDでついているようです。(持ってないのでAmazonで注文してしまいました!日本盤はでていない模様。)



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

この世には素晴しく、そして美しいものが、まだまだ僕の知らないところに沢山あって、メジャーからインディーズまで、先進国から無人島まで、過去から未来から現在まで、形は変化するもののそれぞれの人間が様々なスタイルで生み出されては残されてゆく……そんなうつくしきもの。

なんというか世の中、ゴミも多くなりボケっとしていると汚染されてゆくのでありますけれど、美しいものを埋もれさせることなく、つねに(2ch用語ではないが)アゲ(age)ていくことができるツールとして、ブログというものもだいぶ役にたっているのではないか、何てあらためて思ったりもする今日この頃です。(だってこうやって知り得たのは皆様のブログ記事のお陰)

日頃からリンクさせてもらったり、覗かせてもらっている皆さん、どうもありがとう。
と、本日は何となくですが感謝の意を表明させていただきます(笑)
だってすがすがしいのだもの。
ぼくのなかのハートがどんどん豊かになってゆきます。(ぼくのなかのモンスターがどんどん大きくなってゆく〜(c)浦沢直樹、とは対極にいます(笑))
ありがたいありがたい。

いや〜、ジョニー&マークのHurtだらけの映像の影響はスゴイですね。。。。
| Good Music!(Movie & PV) | 17:15 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 17:15 | - | - |
わたし所で、あほみたいに紹介してしまいましたが、
このPVは本当にいいですよね。
ぐっときます。

映画、期待しちゃいます。
というコトで・・・
池袋文芸座に、行ってしまいましょうねぇ、おにいさん(笑)

---- | yukolonita | 2006/05/22 1:55 AM | ----
>yokolonitaさん
どうも〜おばんです〜。コメントありがとうございます。
いえいえ、ぜんぜんあほみたいじゃないですよ〜。ばっちり☆です。(笑)

このPVも歌詞と映像がばっちりリンクしてるようなので、NINの歌詞も知りたいところです。

映画は……あんまり期待し過ぎないようにしないで観た方が楽しめそうな気も……。文芸座1週間しかやらないですからね、しかも17時からだから休みの日しか観れないですよ!おねえさん!(笑)
---- | kemji | 2006/05/22 2:54 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/286