サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ジョニー・キャッシュのPV「Hurt」に感激する | main | ☆ミシェル・ゴンドリーのPV特集☆ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

「エターナルサンシャイン」2回目観る

「エターナルサンシャイン」をまた観てしまいました。

前回(約1年前)は映画館でやけにのめり込んでしまったけど、今回はDVDレンタル自宅鑑賞。さすがに冷静に一歩引いた眼差しで見てしまった感じ。(ゴロネ含)

何故か内容とか展開も僕はあれほど感激したのに結構憶えてなくて、オレの脳みその記憶領域は一体どうなっているのか!と不安になりつつも、やっぱりキュンとするところは相変わらず変わらないのであった。

この映画、いろいろ手の込んだ仕掛けが映像にも脚本にもあったりするわけですけど、結局一番好きなシーンというのは、主人公のジョエルが自分の恥ずべき過去の記憶の中へ彼女と2人で逃避行するところ。マスターベーションをマイマザーに目撃される(全世界男子の定番!?)……のところから、無意味な男気を披露するために残酷なこと(鳥をハンマーで撲打)をしてしまうところ、周辺、と判明。

なんだ。何だかんだいって、そういうベーシックな物語みたいな部分にウルっときてしまうのね僕は。そういうのって、ハイテクCGとかが満載でデジタルな世の中であっても、まだまだアナログな部分が心の底に根付いている?……というか、世の中ってハイテクなツールはどんどん増えているけど、中身は、根っこの部分は、まだまだみんなアナログなんだよね。

そりゃそうか。人間自体がデジタルじゃないからね。

作っている人もアナログで育った人だろうし。

いつまで物語というものは"全人類の定番"だったりするのかな。(国境を越えてね)

ロボット社会っていつ来るのかな。

ロボットがロボットのためにつくるものこそがデジタルなのかな。

人間が人間のためにつくるものはすべてアナログなのかな。

…………な〜んていうこと(どんなことだよ?)を思ったりもしたりして、しまったりして、しまった次第ですが、(前回見た時もやけに色々思ってしまった気がするなぁ→さっき読み返したらやや恥ずかしいものもあった→まぁいいか)、そんな見る側に何かしらのアクションを起こさせてしまう映画なのだとあらためて思ったり。

ただ基本的には男目線の物語なので、女性はそんなにのめり込まないかな?「クレメンタイン目線で一本作ったらそれも面白いね!」とチャーリー・カウフマン氏もどこかで語っていたと記憶します。

また何年か経ったらもう一度観てみたいムービーです。


でも、今回冷静に見てみると結構突っ込みどころが多かった気も少々。腑に落ちないと言うか、「え〜、それは、無いんじゃないの〜?」みたいな。最後まで見てからまた初めのシーンから見直してみたり〜とかも(時系列に沿って)、もちろんやってしまいました。うーん、面白いです。

なお、販売用のDVDは、DTSスペシャル・エディションとかいって、ミシェル・ゴンドリーとチャーリー・カウフマンのオーディオコメンタリーも入っているらしいではないか!(それかなり面白そう)レンタルしてる場合じゃない。
PVな映像も多数入ってるようです。Beckの主題歌はもちろんのこと、Polyphonic Spreeの「Light And Day」(これもいい曲だな!→リンク先You Tube)は映画とリンクしてる内容なので映画見た人は5倍楽しいですね。(結構笑えます)
そう、Beckの「Everybody's Gotta Learn Sometime」もYou Tubeにあったのでリンクしておきます。これはPVではなくて、アコギとハーモニカでのTVライブ映像!こういうベック君好きです。カッコイイよアンタ!

| Movie & Stage(Michel Gondry's Film) | 11:59 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 11:59 | - | - |
エターナルサンシャインずっと気になり続けてるのに
未だに見れてません(汗)。
TVでやってくれないかなぁ〜。
---- | らら | 2006/05/25 11:24 PM | ----
こんばんわ、お久しぶりです。
この記事見て、あたしもまた観たくなりましたーーー!!
と言ってもあたしはすでに、映画公開中に2回とDVD発売時の1回、計3回観てたりしますが。
ミシェル・ゴンドリーの映像技術にはやっぱり驚きと感動を隠せないけれど、あたしの一番感動したところも、純粋なラブ・ストーリーだった、というところにあります!
久しぶりに観たいな。
---- | mami | 2006/05/26 1:08 AM | ----
>ららさん
汗かいてる場合じゃないですよ〜!(笑)
とりあえずレンタルしておいで〜。
ジム・キャリーも普段見れないシャイな普通の男役でいい味出していますよ。
---- | kemji | 2006/05/26 9:32 AM | ----
>mamiさん
どうも〜おひさしぶりです!
忙しい中3回も見たとは、よほどグラグラさせられたのですね。
映像も音楽もストーリーもキャストもイイ感じで刺激してくれますよね。
ぼくも次見るときはDVD購入して見たいと思いま〜す。
---- | kemji | 2006/05/26 9:33 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/287