サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ☆ミシェル・ゴンドリーのPV特集☆ | main | たまには夢の話「It's a hit」 >>

Rilo Kiley「More Adventurous」


Rilo Kiley「More Adventurous」(2004)3rd Album

近頃は、この2004年に出たアルバムを、今更かもしれませんが、
大ヘビーローテーションで繰り返し聴く日々だったりします。

ため息、そして熱狂が、寄せては返す波のような感じでね、何度聴いてもその曲は色褪せる事はなく、繰り返し聴き続けた結果、今では、何だコレは、 "ファン?"、僕は彼らのファンになってしまったとしかいいようがないというか、こんな経験は久しぶりな気分なのですがー。
かなりの心奪われ度。熱が出てしまいます。へたすると諸手万歳の恋済みチルドレン同様、彼らの事なら何でも知りたいし、何でも言う事聞いちゃってもいい気分にまで上昇中。ライロに1票。今来日したらどこまでも追っかけていくかもしれない危険性も無きにしもあらず。うーん、これはやばい。

いったいオレはどうしたというのか。

お熱です。

あれは今年3月、きっかけは The Electedのアルバム「Sun Sun Sun」
その後、Electedの中心人物、ブレイク・セネットがライロカイリーの中心メンバーと知る。ライロカイリーはUSインディーバンドそして女性Vocalで……。

その後、その紅一点Vocalジェニー・ルイス嬢のソロアルバム「Rabbit Fur Coat」も割と最近出たばかりのようなので購入(pikaoさん、k-hikoさんのお勧めもあり)。こちらは静かめなカントリー風な曲調でコーラスを生かしたなかなかよい作品。Handle With Care(Traveling Wilburys)をカバーしていたりするし。何曲か打ち込みドラムがあるのが曲調とマッチしてなくてやや謎だがそれも許せる。肝心の歌声なんかは……はじめややアクが強いとも思われたのですが(押しが強いというか)、その彼女の近い位置からのウィスパリング(お色気ヴォイス)と風に乗って伸びる気持ちの良いさわやかヴォイスの同居感にすっかりハマる……。
(結局好きなタイプなのか。例えば、エイミー・マンとかソフィー・セルマーニとか……)


このアルバム「More Adventurous」の僕的なクライマックスは、
1曲目から3曲目までの流れだ!(強調)
"It's a hit” → "Does He Love You?" → "Portions For Foxes" の3曲。
もお、完ぺきに決まってますねこれは。1と3はシングルカットされてもいるので相応にキャッチーだとは思われるところなのですが、なんとも近年まれにみる見事にツボをついてくるバランスのよい3曲です。ジャブ→ボディ→ストレートという感じの流れるような展開、この3曲だけで2000円払う価値ありです。翻弄されております。

特に優れているとこは、カッコよくて泣けるアイディア満載なギターアレンジですね。3曲目の"Portions For〜"などは、ちょっと彼らには珍しいのでは無いかと思えるくらいの疾走感がある曲なのですが、イントロギターはストロークスっぽいギターリフから始まったりもするのですが、それはそれはアップテンポな泣きエモインディーロックチューンであって、思わずヘッドホンで聴きながら街中でエビ反りジャンプしてしまいます。

とりあえず僕はまず、1.2.3曲目を聴いたら再度先頭に戻って、1.2.3.4.〜とあらためて通して聴くという行為をここ2週間ぐらいは毎日欠かさず行ってしまっている日々です。朝と夜とね……。

音的には、全体的にはアコースティックなギターサウンドが多かったりもしますが(オルタナカントリと括られるみたいですけど)でもやっぱりJenny嬢の個性(声)が強いとは思いますので、そこが受け付けられない場合ダメかもしれませんけど、(アメリカ人っぽくしっかり歌うところとか)、しかしJenny Lewisは可愛い女の子だったり女王のようであったり、作詞では意外とキツイ内容歌ってたり、ステージではロリっぽい衣裳着ていたりカーペンターズみたいなワンピース着ていたり、子役時代から女優もやっていたりと正体がまだつかめきれていないのですが、ステージではギターもガンガン弾くし、ベースも弾いたりピアノも弾いているようです。アグレッシヴかつプリティ。翻弄されます。そしてついついGoogleで画像検索などしてしまう日々なのです(完全に嵌まっている!)。


でまぁ、こちらのアルバムは3作目ですが、以前から聴いている人によれば2ndの「The Execution of All Things」はもっと最高で素晴らしいということなので、そろそろそちらの購入に踏み切りたいと思っています。楽しみだっ。



ところでバンド名ですが、ライロカイリーと読むようです。リロ・キリーでもリロ・キレイでもなく、ライロ・カイリー。本人達が発音していたから間違いはないです。(あちこちで誤記発見しましたので)。一応人の名前のようなのですが、特に由来や意味はないとのこと。しかし様々な説もあるらしい。うーん詳細不明!(参考:Rilo Liley - wikipedia


◎メンバー◎
Jenny Lewis (vocals, guitar, keyboards), →with the Watson Twins でソロ活動 1976年生
Blake Sennet (guitar, vocals), →自身のバンドThe Electedでも活動中 1973年生
Pierre de Reeder (bass) →ベジタリアン? Blakeとは高校の同級生
Jason Boesel (drums) →bright eyesのツアーメンバー 元Lassie Foundation
1995年にJenny&Blakeはラスベガスで出会い、1998年LAにてバンド結成。以降3枚のアルバムをリリース。2人ともボーカルを取るがどちらも甲乙つけがたい美声の持ち主だ。

Live映像などを見るとベーシスト君なんかもプレシジョンベースをちょっと高い位置に構えていたりしてその辺も実に好みです。(笑)
2ndまで在籍したレーベル(Saddle Creek)つながり等でBright EyesやThe Postal Serviceと近い感じで活動してるようです。一緒にツアーしたり、レコーディングに参加したりされたり等々。しかしまーアメリカでは中々の人気者のようですね。うーん、そーかーそーかー、ライブ観たい!


英語サイトリンク(重要)
Rilo Kiley Official site  
Rilo Kiley.net (情報量No.1。Bootleg音源&Video多数あり。危険なSite)
-- takeoff.to/rilokiley--(Fan site) (深く潜るとこちらも恐ろしい程のヴォリューム)


日本語サイト
 ・ワーナーのオフィシャルページ
 ・bounce.comのレビュー 
 ・Trouble?さんのBlogでのレビュー

| Good Music!(Rilo Kiley) | 02:50 | comments(5) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 02:50 | - | - |
Kemjiさん、お久しぶりです!
お熱、ですね(笑)
「街中でエビ反りジャンプ」、グッときました!(^^)
ライロ・カイリー、イイですよね。この3rdしか持っていませんが、美味しいとこ突く演奏から醸し出される雰囲気が好きです。
が、何よりやっぱりジェニー嬢のヴォーカルですね。私もこのヴォーカルはツボです(ソロ未聴)。
で、今も聴いているのですが、おっしゃる通り頭3曲、良いですね〜。また聴く良いキッカケが出来ました!ありがとうございます〜♪
---- | モスコ | 2006/05/31 3:57 PM | ----
>モスコさん
お久しぶりです!
稚拙な我がエビ反りを見られてしまったようでお恥ずかしい限りです……。
熱が上がり過ぎました(笑)
Heat Wave 〜♪(Love Is Like Aのほうです)

ジェニーソロもいいのですが、Electedの方、ブレイク・セネットのソロバンドは1stも2ndも僕的にかなり好きです。せつない系カントリーポップ。お勧めいたします。
---- | kemji | 2006/06/01 1:26 AM | ----
おひさしぶりです!
こんなに熱くライロカイリーを語っているところは始めてみましたRKnetもチェックしたんですね。。
こんなこと今更言うのもひどいんですが、あそこちょっと前まで もっと多くのライブ音源(今の二倍くらい)あったし ライブの動画一本なんてのもあったんですよ・・・

ライロカイリー(絶対これが正しいですよね!)
のアルバムは1〜3曲目の出来が鬼レベルです

僕的にこのアルバムは方向転換というか、ジェニー一人で作った曲が多いんですよね、だから、より優しい感じになってて、いかにも冬にとったでしょ。みたいなアルバムなんです
最後の曲素晴らしいのにあんなにあっさり終わってしまうのはやっぱりレコードに合わせたからでしょうか・・・ 歌詞も相変わらずのよさ。

ってかジェニー一人で来るんですか!?!
ニューアルバムも楽しみ!!!

それにしても日本でこのバンドの扱いはひどい。絶対あとになって後悔必須。

長文失礼しました
---- | | 2006/06/08 6:36 PM | ----
こんにちは!
お久しぶり……ということですが、お名前書きわすれているようで、どなたかわかりませぬ(笑)(またコメントくださいね)

そうなんです、ネット上でもあまり情報もなかったこともあり、思わず熱くなってしまいました。音楽雑誌ってあまり読まないんですけど、やっぱり取り上げられる事も少ないんでしょうか。これだけいい音楽作って、しかもキャラクターも際立っているのに、なんででしょうね。

今後ともライロカイリー盛り上げて行きたいと思ってます!
今はとりあえずライブ映像収集を……(笑)
RKnetのお話は残念ですね……(って今見てみると何故かサイト自体が見れないです。メンテ中?)

面白いお話あったらまた教えて下さい!(メールでも嬉しいです)
---- | kemji | 2006/06/09 4:04 PM | ----
あ、名前書き忘れた。笑
以前rilo kileyの記事にコメントした者です
失礼しました↓
---- | anythin | 2006/06/09 4:49 PM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/289