サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8月のサッカーぼやき2〜読書感想文は「オシムの言葉」〜 | main | Smashing Magにマイレポが掲載 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Dinosaur Jrのポップにハマる

Dinosaur Jr(USバンド1985〜1997年)にこの夏ハマりました。今ごろかもしれませんので気恥ずかしいのですが。
この夏の蒸し蒸し暑いお盆の季節にも、妙にハマッている気がしなくも無いです。こういうディストーションなギターは夏にこそ聴きたい。気分はひとりでドライブしながら窓全開でフルVolume in 砂漠。です。

もはや"グランジ"なんていう言葉は死語であるし、何の効力も持たなくなっている昨今とは思いますが、当時(1990年頃?)盛り上がりを見せていた頃、その流行にはまったく乗れなかった私。15年たってやっと廻ってきた気分。遅過ぎ?!。いやいや、Fashionなんて関係ないですからねっ!音楽には!

大体彼らについてまわる形容詞「爆音ギター」「やる気のない歌声」がどうも気に触って僕に変な先入観をもたらしていたのです。でもJ Mascisのソロライヴアルバムを熟聴したおかげで、それらは完全に払拭。彼は非常にメロディアスな男で、歌を愛していて、エモーショナルで、ギターもひどく上手い男として、僕の中でめでたく認識されたのでした〜(涙)。

そう、「何だ。全然ポップじゃん、ダイナソー!」って感じで、早く言ってって感じで、かなり僕の乾ききった心を潤してくれています。気合いも注入してくれています。ギターは爆音というよりバカテクのオタク系ギタリストだし(アメリカにはこういう人多くいます)、曲によっては全パート1人で録音していたりするともいうし、何て才能豊かなアメリカン・インディーズ音楽野郎だ!J!尊敬の念が強まります。(11歳の時にドラムを始め、18歳でギターを弾き始めたとか)

とりあえず今は以下3枚をひどく気に入っている次第。

「WITHOUT A SOUND」1994年 6th album

「WHERE YOU BEEN」1993年 5th album

この2枚は同時期にリリースされたこともあるのかサウンド的にも似てるし、名メロディ、名リフが多い気がします。もう、名盤じゃないですか!そして最も聴きやすいのではないでしょうか。(まだ初期の方はよく聴いてないんで何とも言えないのですが)ジャケのキャラは実にヘンテコですけど……ギター万歳!なアルバム。ギタリストとしてもっと評価されていいですねマスキスさん。凄いね、カッコイイですギター。しびれてます。

Green mind
「GREEN MIND」1991年 メジャー・デビュー作となった4th album

そして、今年5月にリマスター再発したこの「Green Mind」にはボーナストラック3曲追加され、1曲は"Hot Burrito #2"(Flying Burrito Brothersのカバー)とかいうし!こちらは新譜で購入しました。(「Where You Been」も同時に再発しています)こちらはジャケが最もキャッチーなので購入欲もそそられますね。(個人的にこないだ観た映画「ローズ イン タイドランド」の女の子を彷彿します)で、メロトロンなんかも使って、味のあるアレンジもしているようです(Thumbイントロなど)。キャッチーだわ。ギターも歌も、そしてドラムも実にキャッチーだ。ツボに気持ち良くハマる感じ。スネアとシンバルが気持ちいい!

Jさんのヴォーカルは寝起き声とかダラケとかボソボソとかヨレヨレ言われているようですけど、むしろやっぱりエモーショナルだと思う。ストレートな感情がビシビシ伝わってくるし、いわゆる悪いパンクバンドみたいなやる気の無さではないことを、誤解の無いようにしてほしいところです。(実際昔僕は誤解していた)

Jさんの歌とギターはニール・ヤング伯父にも近い雰囲気がありますし、今僕の中ではアメリカンロックのニール・ヤングからの系譜に位置づけられている次第。丁度ニール伯父とダニエル・ジョンストンの間に位置しますでしょうか僕的に。そう、ニールトリビュート盤「The Bridge」に収められた"Lotta Love"がまたあんまりいいイメージが無かった事も良くなかった。でも……、現在ルー・バーロウ氏のサイトで公開されている秘蔵音源「I been waiting for you」を聴けばこれまた払拭されます。同時期に録音されたそうですが、こちらはボツになったそうです。何故だ!全然こっちがイイのに!(情報:Thumb.net(完璧ファンサイト)より)

何にしても今年2月に来日した時行ってれば良かった。後悔してます。
まわりにダイナソ好きな友達なぞいなかったこともあり、疎遠だった僕ですが、コアなファンの方も多いようですし、どうぞ心優しいお詳しい方、レクチャーなぞをお願いしマスシス(笑)。名盤、お勧めライブ盤、レアカバー音源&Videoなど探っていきたいところです。
| Good Music!(1990's〜) | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 14:30 | - | - |









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/339