サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハットトリック!10月のサッカーぼやき | main | 携帯の話でも >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

エリオット・スミス三昧で振り返る夏


いつのまにかすっかり夏も終わり半袖シャツは押し入れに押し入れた。押し入れつつコーデュロイのGジャンなんかを引っ張りつつ、少しずつ夏の暑さも薄れゆく秋なのね。

少々振り返ると、夏前半はDinasour Jr(J Mascis)に導かれぎみだった僕だったのですが、夏後半はElliott Smithに誘われて何処かに行ってきました(どこ?)。というのも、初期の方の音源をやっと入手したから……というのもありまして、そう、彼の死後、3年が経ってしまったわけですが、その魂はいまだこの世を漂っていて、これからも不滅なのかな。そう、音楽は不滅。とかなんとか。……とりあえず、ま、順番に、聴いてみたわけです。

2000年のアルバム「Figure8」から、さかのぼるように辿っていきました。
「XO」(1998)→「either/or」(1997)→「Elliott Smith」(1995)→「roman candle」(1994)といった具合で。意外とまだ12年くらいしかたっていないのか、とか思うけど、年代逆に進むと音がだんだん薄くなっていく過程が楽しいです。まぁ、キャリアを重ねるごとに音も重ねたいのは、誰しも男の子なら通りたい道であろうね。大概のバンドはそうします。お金持ちになったから重ねざるを得ないのかもしれないけど。でも、重ねて重ねて楽器も上手くなってエフェクトをたっぷりかけた後に……どうするか、ってとこが見たかったのですけれどね……。悔やまれます

僕がこの作品群の中で一番引っ掛かって何度も繰り返し聴いてしまうのは、「either/or」でしょうか。音的にはアコギがメインでプラス、ドラムとベースが入ったくらいの非常にシンプルなサウンド、名メロディ数多く、いちいち引っ掛かってくる感じがあります。それぞれのアルバムでイイ曲は色々あるんですけど……アルバムでいうとコレなんじゃないですかー!(唐突に腕を挙げてます。猪木みたいに)……せつない歌です。

それから僕にとって、彼のオリジナルと同等以上に大切で貴重なのがカバー曲の数々。こちらも結構聴き込んでます。ライヴでの音源がかなり存在していて、気に入っているのがかなり多数あります。あちこちから集めてきてはiTunesプレイリスト入り、ほとんど新しいアルバムと化しています。正式に(コンピ等)出ているものもあるのですが、まぁほとんどはお客が録音したブート音源なわけなんですけど、音質が悪くてもまったく気にならないのがこの人の良さ、と思われます(それって何故だろう?)。そんでもってカバーしてるのがぼくの好きなのばっかりだし、友達になれそうな気さえしてきます。ナイス!いい演奏だったよ。渋いとこ持ってくるじゃないか。ポールよりもジョン、いや、ジョージ派なのかい?
そんなわけでいくつかご紹介しておきます。

--Beatles関連カバー曲--
「For No One」「Blackbird」「Long Long Long」「Rain」「I'm So Tired」「I'm Only Sleeping」「Jealous Guy」「My Sweet Road」「Give Me love」等々
 →ジョージorジョン寄り。わかる気がしますよー。でもこの"For No One"は素晴らしい。いい選曲だ〜。一般的に見ればちょっと渋いのかもしれませんけど、やっぱりシャイなんだな君は!うん、シャイだ。

--その他--
「Care of cell 44 (Zombies)」「Waterloo Sunset (Kinks)」「Thirteen (Big Star)」「Harvest Moon (Neil Young)」「Ballad of a thin man (Bob Dylan)」等々。まさに僕的好みなメロディの数々。素晴らしいジャン。まさかZombiesのこの曲をアコギ1本でやるとは。マネしたくなります(できないけど)。「Supersonic (Oasis)」なんてのもありました。気になった方はぜひ聴いて下さい。ココとかココとかで……激しくアクセスして保存をお願いします(笑)。

そして最後に、
「I Figured You Out」(1996)
という曲について。
Mary Lou Lord(メアリー・ルー・ロード)に書き下ろしたこの曲が、彼の作った曲の中でもしかすると一番好きなような気もします。エリオッさん、Liveでは度々歌っているのに、ついにきちんと自分でリリースする事はなかったのが残念。イーグルスみたいでふぁっきんな曲とか自虐していたりもしているようですけど(こちらで)、本当にいいメロディの名曲。イントロのギターが最高じゃないですか。もっと語り継がれるべき名曲なのにな!メアリーさんも「Martian Saints」EP(廃盤)でしかリリースしてないし……。このままでは埋もれてしまうではないかっ。著名な方、ぜひカバーでもいかがですか。いえ、著名じゃない方も。しましょう。しようじゃないか!して!僕も練習しますから……。こんな一般の方(と思われる)演奏も侮れないですよ。やっぱり曲が良い。ナイス!うまい!
とりあえず、
メアリーさんのMy Spaceでメアリーさんの歌でこの名曲を聴く事が出来ますので何も知らない通りすがりのあなたもぜひちょっと聴いて欲しい。(この曲についてのメモもあるのですけど、エリオッさんは全楽器を弾いてプロデュースしたそうで、メアリー用に録音した当初はこの曲にそれほど関心が無かったけど、後に自分のライヴで演奏するようになったとかいう逸話……)

「From A Basement On The Hill II」とかいってDLできるようなファンサイトもございます(他の未発表音源も多数あり)。正式な「From A Basement On The Hill」のように新曲集ではないですが、年代はごちゃまぜの未収録音源集のようです。。。愛されてます。

| Good Music!(1990's〜) | 01:58 | comments(10) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 01:58 | - | - |
むぉー!kemjiさん、メアリー・ルー・ロードの I Figured You Out、私も大好物です。
あの曲は本当に本当に名曲ですね。He'd be a diamond等々、カバー曲のセンスも抜群だと思います!

エリオット・スミスは、XOを1番よく聴きます。Either/orも良いですね。
最後の作品は、ショックで未だにあまり聞けてません・・・。
---- | kyon | 2006/10/19 2:34 PM | ----
あ〜。エリオット〜(泣)この季節聴くとかなりキますよね・・うるるん。
わたしもEither/or好きですね〜。名曲そろいですよねぇ。そんでもってなんでこんな泣けるんですかね、、ううぅ。
そして私も最後の作品はあんまり聴いてません。聴けないというか・・・
うちの同居人(エリオット大好き)はLAまであの壁を見に行ったことあるんですよ。エリオットが出るはずだったATPに行ったのですが、、、エリオット追悼コーナー的なものがあって、ルー・バーロウがエリオット役で歌ったそうです(号泣)

けどJもいいですよね!!
---- | yo-oo-ko | 2006/10/20 2:13 AM | ----
>むぉー!kyonさん、大好物ですかぁ。
たーんとお食べ。

エリオっさんのLive versionは一番下のリンク先からDLできますので・・・・。

He'd be a diamond……やってましたね。忘れてました。どっちかというとTFCのカバーで親しみがありますね〜。本家のBevis Frondのを聴いた事がないという体たらくなんですけど……。

そう、結構手に取ってしまうのはXOかどっちかなんですけどね。人にすすめるならXOかもしれません。
---- | kemji | 2006/10/21 12:24 AM | ----
>yo-oo-koさん
どもども〜。やっぱり秋のせい?
無職の時にやけに聴きたくなりましたよ。
なんなんですかね〜。
不況に強い?(笑)
よりパーソナルなのでしょうか。
Jさんもエリオっさんも人物として一本スジが通ってる感じが好きです。
---- | kemji | 2006/10/21 1:16 AM | ----
エリオッさん、今の今まで聴いてたトコデス♪
ライブブートも激しく保存してますので、アタイのiTunesの中のエリオッさん、120曲超えで、エェ感じです。

でね、今の今まで、『From a basement〜 』収録の”Twilight”のコード譜探してて、明日練習してみよ思てたトコデス♪この曲たまらなく好きなんですけど、コードも簡単で押さえられそうで、うわーいてなってたトコデス♪
もうもう、エリオッさ〜ん!!てなってたトコデス♪

私も「ジョージ?」って思ってたんですが、昔、インタビューで、「ビートルズは誰、っていうよりも曲が好きなのさ」と大人コメントしてましたw
でもやっぱポールじゃないよなぁ。

ここに挙げられているカバー曲は全曲大好物でしたが、特にハーヴェスト・ムーンにガッツポーズ!!

---- | モスコ | 2006/10/25 1:57 AM | ----
>モスコさん
わお〜。モスコさん弾きがたっちゃうのですか!イイですね〜^^!ではわたくしめが、サビのとこのコーラスやらせていただきますよっ。
僕もI Figured You Outのコード譜ネットで探して弾いてしまっております。
というか、エリオっさんの弾くFor No Oneをカバーしたいんですよー。すごいいいですねー。パパパパ〜♪って口でいうところにガッツですね〜(笑)。ベースラインも改めて発見です。ポール好きなモスコさんにはさらに倍でその辺たまりませんよね!
---- | kemji | 2006/10/26 1:37 AM | ----
サビのコーラス、お待ちしてます♪一人でコーラスもつい唄っちゃって、寂しい思いをしておりました(笑)

I Figured You Out、こちらで知って初めて聴いたんですが、しみじみ、イイっすねぇ〜。エリオっさん版て、どこかに音源て、あります??(あったら是非教えていただきたい!m(__)m)
あ、一般の方、上手だし、イイ雰囲気ですね。他もエリオ一杯やられてて、髪型とか変わったりして、なんだかファンになっちゃいそうです(笑)
kemjiさん版、早くアップされないかなぁ〜。

For No One、本家は実はそんな好きでないのです。むしろこっちが好きです!歌声が曲に合ってますよね。
あれってギターは完コピに近いですよね。For No One、私も練習してみよ♪サビはもちろん、口でパパパ〜♪(kemjiさん、ここが唄いたいがためのFor No One?笑 )
---- | モスコ | 2006/10/26 4:25 PM | ----
>エリオさんの音源はページ一番下のリンク先のサイトのホームに戻ると色々ありますけど、その中の一つ、http://www.elliottsmithbsides.com/Confusion.htm ここからどうぞ。

For no oneはそうなんです、僕も本家はまぁまぁなso soな感じでしたが、この弾き語りバージョン聴いてぐっと近づいたというか、好きになりました。
こうやってカバーして発表してその音楽の別の良い面を伝えたりするのって、例えばどんな評論より、音楽に、音楽界に貢献してますよね。ビートルズなんかもそういうことをやっていたわけですけど。初期とか。というか昔の人はみんなやっていたのかな……。うーん、資源は大切に。です。
---- | kemji | 2006/10/27 12:44 AM | ----
リンク感謝です!本文最後のリンクから辿れたようですね。申し訳ありません!m(__)m

>例えばどんな評論より、音楽に、音楽界に貢献してますよね。

確かにおっしゃる通りですね。けれど最近?のバンドとかがカバー曲やるのは悪い、みたいな風潮があるっぽいのは、ちょっと残念です。ファンはそういうとこから辿って行くものですからね。音楽の旅へと。
---- | モスコ | 2006/10/27 1:54 AM | ----
>モスコさん
え、そんな風潮があるんですか? でも、テキトーでインチキなカバーも多くありますしね。軽い気持ちでやると失敗しちゃったりもするし……、そのへん、Liveでカバーしたりするのは大概いい場合が多いかも……と思ったり。でも僕もやっぱりそういう風に好きなアーティストが演奏したからっていって辿っていきますし、好きなら、自分のルーツとかなら、どんどんやって欲しいなぁと。権利とか著作権とか面倒な事もあるんでしょうけどねぇ。
---- | kemji | 2006/10/28 2:03 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/358