サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一週間更新があいてしまいました | main | ファウンテインズ・オブ・ウェイン来日するの? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

マンガ系ロック系ダメ系?


えの素トリビュート「ギャグ漫画家座談会」

上野顕太郎×榎本俊二×小田扉×吉田戦車 という興味をそそられるメンツのレアな対談ムービーを見ました。
内容の方は、まぁ、トークべたな漫画家さん達ということで、そんなに面白い映像ってわけでもないんですけど(吉田戦車ってこんな顔だったのか?!)、なかなか有意義な企画だなーと思いました。(漫画家って普段他の漫画家さん達と会わなそうですし。とりあえず会って話すというだけで意義有り。しかも皆個性派作家ですからね)

小田扉「団地ともお」(ビッグコミックスピリッツ連載中)は結構皆さん読んでいそうですね。僕もそんなに熱心に読んでいるほうではないけど、面白いよね。何というかレベル高いギャグというかストーリー。行間に叙情あふれています。サブカルマニアから一般主婦まで幅広い読者層がありそうなところも偉い作品だなーと感心します。

「えの素」・・・もたまに結構好きです。
女子と子供には見せられない下品さが良いです(笑)。

ま、この座談会映像は30分弱くらいあるんで……(長いです)、自宅では集中力が続かないかもしれない。そう、例えば職場で仕事するふりしてヘッドホンしてこっそり見る(聴く)ことをお勧めします(ぼくはそうした。というかMac非対応なので会社のWinで見るしかなかった)。とりあえず、小田扉とウゴウゴルーガの謎が明かされていました……。

『えの素トリビュート』収録 ギャグ漫画家座談会
漫画家、作家、アーティスト、ミュージシャンなど、ジャンルを越えた才能が結集した夢の企画『えの素トリビュート』。その単行本特別企画として実現したインタビュー。モーニング(講談社)企画。単行本も要ちぇっくだぁ。

〜〜〜〜〜〜〜〜

そう、そして漫画といえば、
「デトロイト・メタル・シティ(DMC 作:若杉 公徳)」買いました。
これこないだタワレコレジの横に積んであったのを見て、yo-oo-koさんが面白いって言っていたのを思い出しまして、思わず反射買いしてしまいました。Amazon書籍ランキング1位って帯に書いてあるけど本当か?うーん本当らしい……。しかも"のだめ"が2位。あり得ない。

しかし、
まぁ、
これわぁ……面白いネ!
くだらねー!
TV東京「ROCK FUJIYAMA」や漫画「Beck」を楽しんでいて昔宝島とか読んでいたあなたなら、マストでストライクな音楽漫画です(笑)。(でもこれも健全な女子と子供にはやっぱり読ませられない……)

そうなのだった。先週「ROCK FUJIYAMA」で紹介されていた、架空のおバカ系ハードロックバンドを追ったブットビギャグ映画「スパイナルタップ」も早いとこ観なければ……と思い出しました。
この1984年の映画は、アメリカのロッカーなら誰しもが知っているくらいの定番の名作らしいし、話の内容を聞けば聞くほど、面白そう。しかし日本盤DVD&Videoは廃盤のようだ。もはや近くのヴィデオ屋には無さそうだなぁ。

なんか……、
しかししかし……、
まったくもって……、
ロックってダメ系なのだろうか。

と思ったりしてます。

@以降ボヤキ@
ロックやってるやつ、ロック好きなやつって、どこかハズれているっていうか、一見それは自分でさえも気づかないくらいの些細なほころびなのだけれど、何かの拍子にソレに気づいてしまったりまた忘れてしまったりする人達のダメな自分探しの旅なわけなのでしょうか?
不完全な僕の亡くしたパーツを探してさまよっているっていうか、とれたボタンは無くても服は着れるけど、そのボタンを別のボタンに取り換えたりせずに同じものをずっと探している、というか、かといって完全な人間になりたいと思っていなかったりとか、毎日ボタンを探しているわけではないというか、でも、確実に、何かが足りない感(瞬間)があって、それを補うためのロック?……な気がしてなりません。
え?ホック?ボタンじゃなくてホックにしたら?
何言ってんの?
ロックみたい?
ロックミシン?
ホットロック?
何なんだよ、もう。ストーンズ?
ホンキートンクで本気トークしてみろ?
いや〜まいったなぁ。

しかし君、その辺のダメ系と一緒にされては困るよ、というやや要領のいいのかダメになりきれないいい格好しいの僕は、そのほころびを隠すように何とか手に職をつけて社会生活を営んでいる……のか?その器用さが逆に中途半端さを生み、一般社会では浮いている気もするんだけど。いや、単純に毎日楽しければいいんだけど。いや、それじゃ、やっぱりいけないと、言われるんだけど。でも借金はないんだけど。まぁ結局、どっちでもいいんじゃない?なんていうのは、苦悩する事もできないから、あなたは逃げているだけ!なんていう事態になるんだけど。でも、格好良く言えば俺は永遠の逃走者、死ぬまで逃げ続ければ俺の勝ち、っていうことは、やっぱり、ないのかなぁ。ないよね。とてもじゃないがやっぱり、そんな事口に出して言えないなぁ。

〜〜〜〜〜〜〜〜
DMCのVocal根岸君(本当はネオアコ渋谷系オシャレポップが大好きなのに何故かデスメタルハードコアバンドでクラウザーII世を演じる男)の事を思いながら、そんな事を僕は思ってしまったりした、木枯らし一番が吹いた昨日です。

| Hobby & Art(Book) | 03:32 | comments(2) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

| - | 03:32 | - | - |
あ!DMC買っちゃったのですね。これほんと下らないですよね〜絵下手だし・・(笑)でもつい2巻出たらすかさず買ってしまいました。
なんで根岸がああいうバンドをやるようになったのかっていうのが描かれてないところがずっと気になってます私は。そこはこれからも明かされないのでしょうか?
ロック漫画だとBECKが一番おもしろいなーと思います。最近ぜんぜん読んでないのですけど。DMCより数倍奥深いと思います〜

・・えの素トリビュート映像見たい・・・なぜマック非対応なの〜!!

団地ともお・・たまに読んでます(主に湯船で)あれたまにはっとするほど面白いですよね。哲学感じます。「キーチ」ていうのも面白かったです。同じくこどもの漫画なのですけどkemjiさん既読でしょうか。

ん〜ロック系はダメ系ですよ!!そうデスよ!ダメだからロック。うまく言えないけど、何事も「かっこいいことはなんてかっこわるいんだろう」(by早川義夫)だと思ってます。・・え?そういうことじゃないの?!
---- | yo-oo-ko | 2006/11/18 4:21 AM | ----
>yo-oo-koさん
絵は上手すぎる人より、こんな感じのほうが好きかも(音楽もそういう傾向ありですが……)。
BECKは読むと盛り上がりますよねー。
「キーチ」読んだ事ないですよ〜。今度チェックしてみます!
絵があんま上手くない系では、「おさなづま」が印象に残っています。一見ひどい話なんですけど、感動モノなんですよ〜。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575824755

……とかいいつつ、早川義夫は自分の事をかっこいいと思っているに違いないんですよね(と思うなぁ)。もしくは、そんな事言いつつ、やっぱりカッコよくなりたい願望。
かっこよくてドーモスミマセン……!的世界。
---- | kemji | 2006/11/19 2:15 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/366
BECK・DVD-BOXが安い
BECK面白いですよね。月刊マガジン毎月読んでます。
| BECK・DVD-BOXが安い | 2006/12/01 7:56 PM |
スパイナル・タップ
架空のロックバンド“スパイナル・タップ”の全米ツアーをドキュメントした作品。架空バンドを題材としながら、メンバー間の摩擦、時流にのって変化するバンド・サウンド、音楽性に介入したがるガールフレンドなど、演奏シーンも含め、本物以上にリアルなエピソードが満
| DVDジャンル別リアルタイム価格情報 | 2006/12/22 11:25 AM |