サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
The Great Unwanted
The Great Unwanted
Lucky Soul
2007年 1st album
my review
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
Casino Twilight Dogs
Casino Twilight Dogs
Youth Group
2006年 2nd album
My Review
+RECOMMEND
+RECOMMEND
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL

愛用中。mp3で外部マイク録音もできる名機!→購入レポはコチラ
+RECOMMEND
Born in the U.K.
Born in the U.K.
Badly Drawn Boy
2006年ベストワン。
My Review
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
Sun, Sun, Sun
Sun, Sun, Sun
The Elected
2006年1月 2nd Album
My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
ピンカートン
ピンカートン
ウィーザー
1996年 2nd
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
#1 Record/Radio City
#1 Record/Radio City
Big Star
2in1。1st&2nd
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
Distant Shores
Distant Shores
Chad & Jeremy
1966年。
その後の"Of Cabbages and Kings"と"ARK(ノアの箱船)"も絶品。→somebody's Album Guide
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
HOSONO HOUSE
HOSONO HOUSE
細野晴臣
1973年 ソロ1st 
2005年9月ハイドパークでの演奏に心打たれる。
Live repo1&2
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+RECOMMEND
ソングブック
ソングブック
ニック ホーンビィ
→My Rebiew
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Keaneで一人旅 | main | 映画「トムとトーマス」 クリスマスですし >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

BEN KWELLERの3rdアルバム&来日決定


「BEN KWELLER」ベン・クウェラー(2006)

いやー、ベン君。クウィラー君のこの秋に発売されたニューアルバム(3rd)です。先日のバッドリーさんのニューアルバムと一緒に買っていたのですが、なかなかこちらも聴き込んでいます。

とにかく、まず、シングルカットの"SUNDRESS"という曲。アルバム買う前にこれに思いっきり魅かれた。彼のOfficial SiteMy Spaceに行くと流れているので(Videoも見れる)、聴いてほしいとは思うわけですが(僕も何度も聴きました)、一番この曲の素晴らしさが味わえるのは、この動画かも!

「Sundress」のアコースティック演奏 in マイ部屋![by YouTube]

これ……ちょっと見てほしいです。
これは元々ベン君のMy Spaceで公開されていた割とオフィシャルな映像なんですけど、最近もう一度見に行ったらもうなかった……YouTubeで探したらあった……というとこです。

しっかし、まー、このCDジャケの顔。1st(「Sha Sha」)のジャケもかなりソレ風な……無気力というかやる気あんのか的なツッコミがやっぱりあると思うんですけど(Weezerの1stも近いイメージです)、曲を聴いていて強く思う事は、「飾らないこと」「洗練されないこと」なんじゃないかなー。……ということで、この顔はそのとてもロック的なテーマを体現しているジャケ写になるかと……。なんて……。
(とかいっても普段の彼は写真で見る限りわりとオシャレっぽいし、曲だってポップなわけだけど、軽くないっていうか、意外と芯の強い部分、譲れないもの、みたいなのが彼の中にあるんじゃないかー、と思うこの頃です。わりとシャツは"イン"っぽいし。シャツイン男に悪い奴はいない気がするこの頃です(笑)。)

ぼくも彼の事はあまり知っている方では無かったのですが、15才でデビューして(当時はRADISH(ラディッシュ)というグランジ系バンドに所属)、で今25才?(ビックリだ→もっと上かと思った)。結婚もしていて今年子供も産まれたとかで、キャリア的にはかなりのものなのですね(天才肌なの?)、ともかくまたいいアルバムに巡りあってしまいました。

とそこで、突然の来日のニュースが来ました〜!
2007年の4月で日程は以下の通り。

大阪 4/16 (mon) Shangri-La
東京 4/18 (wed) 原宿ASTRO HALL
 →詳細はSMASHにて

行きますとも。

そういえば、BeatlesのRubber Soulトリビュート盤っていうのがあるのですが(This Bird Has Flownというタイトルで結構ナイスな面子の好企画盤)で、ベン君は"Wait"をカバーしてたのですが、一番正攻法なアレンジで僕はだいぶ気に入っていたんですよね。真面目で且つポップを心の底から尊敬しているヤツだと思いました。あと、ほどよい熱さ。それ大事。熱いといえば、033さんのblogで鼻血出血写真が紹介されていました(笑)。今年の夏のLiveでのカットらしい……。むむ、やるなぁ。(写真の全貌はコチラ

♪ I do ! everything you want me to do
 やってやるよー、君の望む事ならなんだってー
とサビで歌う"Sundress"。
アイ ドゥー!ってとこが素晴らしいですから。

(しかしSundressって何?辞書にも載ってないし、ライナーにも"君のサンドレスが好き"としか書いていなかった……。誰か教えて下さい。I Like Your Sundress. です。)

- Sundress -
Live映像
 →ピアノがいい音!5人編成かな?
PVもどうぞ
 →ラストマジなラヴシーンを演じている!!! ラテン美女と。リアル奥さん!?


************************************************************
追記:
 どうやらPVの美女は本物奥さんとみてよさそうだ……。しかしかなりラヴリー映像です!こんな映像は映画「トゥルーへの手紙」by ブルース・ウェバー を思い出したりもします……。それから、アルバム収録の"Thieteen"は奥さんであるLizとのことを歌ったようです。実話?なぜ13?詳細はレーベルサイトの英語記事に少々あったりもします。(1stに入っている"Lizzy"は本人そのものを歌っていることに気がつきました……)

ちなみにこのvideo撮った人は、Michael Palmieri(マイケル・パルミエリ)という人。これ撮る一コ前はベルセバの"White collar boy"のようだ。最近はFoo Foghtersを沢山手がけてますね。StroksとかBeckとかも。気になる方はOfficial Siteへ(結構な数のVideoも作品も見れます)。

久しぶりに色々調べてしまいました。
| Good Music!(2000's〜) | 02:31 | comments(8) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 02:31 | - | - |
こんにちは、kenjiさん!

キーン(たしかにカタカナは……笑)に、BDBに、ベンちゃんに、イイCD聴いていますね〜

サンドレス……辞書にないのは意外。

http://images.google.co.jp/images?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2004-41,GGLD:ja&q=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9&oe=UTF-8&sa=N&tab=wi

URL、長いですけど、ここで画像が見られますよん。

ご覧の通り、フリルやリボンの着いた、袖なしワンピースです。
ファンシーで柔らかい雰囲気の服が多いですね。
サンドレスを着る女の人が好き……というタイトルだと、どんな女の人を歌っているのかな〜なんてのが想像できます。

ハワイアンものだとちょっと雰囲気変わりますけど。

ライブはマストですよね! ……ってまだ私は予定を調整できていないのですがー。
---- | lucie | 2006/12/17 3:36 PM | ----
kemjiさん、どうもです!
ベン君、いいですね〜♪sundress、ジーンとしてしまいます。私もI do〜(後半)でうぅ、と来ます。これは熱烈なラブソングなのでしょうね。PV帰宅してから見たいと思います!

そしてさすが検索の鬼、kemjiさんです。色々助かってますー★
来日、平日なので微妙です。でもライブで見たことないので、どんなか非常に興味あります!
このアルバムも過去3作の中で一番好きですね。
---- | kyon | 2006/12/18 2:31 PM | ----
>lucieさん 
こんにちはー!
そうか〜サンドレスってこういうのね!いや〜"サンドレスを着る女の人"を嫌いな男なんていないっていうか、みんな好きでしょう!絶対好きだなぁ……(想像中)そう……ブリッ子じゃなければ。……と色々考えると、着こなすのも難しそうですね、これは(笑)
サマードレス?ともちょっと違うのですかね……。
いやー疎くてすみませんー。ありがとうございます(笑)!

---- | kemji | 2006/12/19 3:21 AM | ----
>kyonさん
どうもどうも!
ベン君って熱烈なのですね……。
見習いたいと思います。

このPV何てことないVideoだなーと思って見てたら、最後でそんなんで、ビックリですよ。もっとベン君を探ってみたいですねー。
---- | kemji | 2006/12/19 3:43 AM | ----
はじめまして。ベン・クウェラーで検索して辿り着きました。

Youtubeの「Sundress」のアコースティック演奏はじめて見ました。
ふつうに一般人が聴いてくださいって感じで載せたかのようなほのぼのした雰囲気が彼らしくて良いですね。

また、来させていただきます♪

http://1-2-3.cocolog-nifty.com/sunday_morning/
---- | jin | 2008/01/15 10:12 PM | ----
>jinさん
わー感激ですー!こんな1年以上も前の記事にコメントしてもらえるなんて!!!見つけてもらえるもんなんですね〜。

おかげで僕もベン君のアコギ演奏を1年ぶりくらいに観る事が出来ました。ええですよねー。

jinさんはヨーガクなブログを始めたばかりなんですね!(新鮮〜!)
なんだか嬉しいです。
今後ともナニトゾよろしくお願いいたします。
---- | kemji | 2008/01/17 12:51 AM | ----
はじめまして。
サードは本当にシンガーソングライター史(そんなのあるのでしょうか?(笑))に残る名作だと思います!

このアルバムは本当にケチつけるところ無いんですが、サンドレスについてなんですが、アッドゥー!のラインが女性にすごい下手に出たなよなよな意味なんじゃないか(悪い意味でエモい)と思ってそこだけ嫌だったんですが、(彼のキャラだと合ってなくはないんですがね)記事に書かれてるような訳のニュアンスなのかもしれませんね。
どこかやけっぱちというか。

それとも「言うことなんでも聞くから、お願いだからどっか行っちゃったりしないでよ!」な感じなのか気になるところです(笑)
---- | たく | 2010/07/31 9:27 PM | ----
>たくさん
どうも!はじめまして^^
2年前の記事にコメント、嬉しく思います。

いやー、でも、男なんて、
下手に出てなんぼというか、姫様の前ではひれ伏すしかないかと・・・(笑)
特に表向きは!

最近ベン君聴いてなかったんで、また聴こうと思いました。夏ですし。
ありがとうございます!!!
---- | kemji | 2010/08/06 3:39 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/375
BEN KWELLER / BEN KWELLER
Ben Kweller 3枚目にあたる今作はセルフタイトル。 かなり良いです。前作よりさらに脱力。 ジャケット写真も脱力(うまいなぁ)。 こんなキャベツ人形(古)みたいな顔したBen君は絶対に善人に違いないと思わせます。 プロデュースはPixiesや Foo Fighters等を手
| another sunny day | 2006/12/18 2:07 PM |