サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Ben Kweller「Sundress EP」からMason Jenningsまで | main | 運転免許更新と苦労人 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ベン・クウェラー ソロ来日@原宿アストロホール

ben kweller stage pic
Ben Kweller Solo@Astro Hall 2007.4.18(wed)

この日は4月も半ばというのに、日中の最高気温10℃ちょっと夜は7℃くらい、しかも雨、春なのにほとんど冬のTOKYOではありましたが、原宿アストロホール(アスホールではない)の中は至極暖かい空気になっていましたよ。本物の愛の男ベン・クウェラー君のライヴでした。

昨年発売されたサードアルバム「ベン・クウェラー」(過去の記事)のジャケ写真よりも少し伸びた髪は綺麗なブロンド金髪カラーでクルクル巻き毛(いったいどこの中世貴族かと思いました(笑))、それから随所にいたずら好きな少年のようにあどけなく笑う表情にも、男の僕でも思わず見とれてしまうのだから(かわいいヤツ!)、本物の母性本能を持つお姉様方にはたまらなく最高な一夜だったはず(間違いない)。ていうか隣の女の子なんて、曲のAメロから全部歌詞覚えていて歌ってましたよ。すごいね。そんなアイドル気質も若干備えているところが彼の憎めないところであって、ビートルズ直系のポップセンスも、曲だけでなくそんなところからも感じられたりもしました(ちなみにポールではなくジョン系だ)。

実際の歌う姿といえば、エピフォン製の使い古したアコギを体一杯に使って、弦が切れるか切れないかそのギリギリのラインまで思いきり弾ききるベン・クウェラー、その激しいギターストロークに揺さぶられる瞬間が思わず何度も訪れました。アコギはねぇ、バチンバチンいわせなきゃいけまへん!

6曲目からはピアノタイム。彼のピアノ曲はどれも歌メロが美しい名曲が多いので、安心して聴いていられるというもの。照明の加減によっては、黒いアップライトピアノに映り込むベン君の顔がね、これまたいい感じ!(ステージに対して上手方向垂直にピアノが置かれているから弾いてる姿がなかなか見えないのです)

で、おもむろに”God only knows”(ビーチボーイズ)のカバーですよ!これまた感激。まるで違和感なく歌い上げていました(間奏のソロ部分は口でパッパラーでしたが(笑))。ブライアン・ウィルソン、そしてジョン・レノン、ちょっと変人でも美メロメーカー、そんな系譜に確実に彼も入っている事をここで強く実感。

後半の後半"Family tree"からはまたアコギにチェンジすると、そこからは一気にまくし立て観客を煽りつつラストスパートに入る。観客の手拍子がドラムとなり、歌声がハーモニーとなり会場は一体感を増して行く。最新シングル曲である"Sundress"、"Penny on the train track "では完全に全体がファミリーのような雰囲気になっていて、彼の歌う愛の歌に、僕らはニコニコ顔を止める事なんて出来なかったのでした(笑)。

アンコールは息もつく暇もあけずに勢いがあるままに登場したBen君。"The Rules"ではアコギにディストーションのエフェクターを掛けてさらに激しくのたうち回ってました。曲間にはなんとメタリカの”エンター・サンドマン”を弾き始めたりもしつつ(最高じゃないか〜!(笑))、盛り上がりきる寸前のところで、ベン・クウェラーのソロ公演は幕を閉じました……。(しかしメタリカとは……どうやらバンドでも過去に演奏しているようでレパートリーにも入っているようです(YouTube動画発見)。メタル好きなところとちょっと変人なところとメロディメーカーである人、やっぱりWeezerのリヴァース君に近いところも思いっきりあるのね、とこちらもまたさらに実感しまして、ぼくも帰路につきました。

とりあえず「またすぐ来るよ〜」とか言ってたので予定があるのかもしれないですね。夏フェスに間に合うのか、秋口ごろにバンドでやってくるのか、楽しみになってきました。やっぱりですね〜ハモリが入ってくれないと(僕も一人でハモってたりもしたんですけど)困るから!バンド来日歓迎!

◎setlist
1.On my way
2.Walk on me
3.Commerce,TX
4.Lizzy
5.My apartment
6.Sha sha
7.Run
8.Different but the same
9.Nothing happening
10.Falling
11.Hospital bed
12.Living life
13.God only knows(The Beach Boys cover)
14.In other words
15.Family tree
16.I don't know why
17.Sundress
18.Penny on the train track
-- encore --
19.The rules (and Enter sandman/Metallica cover)
20.Wasted and ready

★追記:
Smashing Magにて写真と記事がUPされましたのでそちらもぜひ。
kemjiによるレポはこちら
izumikumaさんのフォトはこちら
| Live!!!(My Live Report) | 02:20 | comments(6) | trackbacks(4) |

スポンサーサイト

| - | 02:20 | - | - |
kemjiさん、こんにちは!
遅刻してしまって、もう人がいっぱいであまりよく見えなかったんですけど、すごく良かったですね。もうあの日は寒くて寒くて。。。でもBenのパワーで元気がもらえた感じがしました。メタリカまでやってたのですか!気付きませんでした〜アコギにディストーション迫力あって良かったですね!
---- | keiko | 2007/04/22 8:49 PM | ----
東京は完売だったらしいですね!(私は大阪当日で入った)
Ben君のキャラはなんとも愛らしいというか、和みました。アコギにディストーションは、かっこ良かったです。器用だな〜って思いました。
---- | kyon | 2007/04/23 1:19 PM | ----
>keikoさん
あら、keikoさんもいらしてたんですね〜。ほんと外は寒くて……。
後ろの方もけっこうぎゅうぎゅうな感じだったのでしょうか。大変でしたでしょうに。
僕も高校生の頃なんかはメタリカよく聴いてたので(最近はまるで聴きませんが)わりと盛り上がれました(笑)。
---- | kemji | 2007/04/24 2:45 AM | ----
>kyonさん
どうやら大阪の方が日本語トークが多かったみたいで。あの浮世離れしたキャラは今時貴重かも知れないですね。平和な人でした。素晴らしい。
アコギにディストーションは結構インチキ技かとは思うのですけど、なかなか決まってましたねー!器用ですね。勘がいいというか。
---- | kemji | 2007/04/24 2:51 AM | ----
そうそう!
そういえば、エンターサンドマンやってましたね。忘れてた。
大笑いしちゃいました。アタマも振っちゃいました(ハズカシ)。
エフェクターは、The Rulesのほかに、もう1曲どこかで使っていたような気がするのですが、、、何だったっけ?(私もインチキだと思いますた…笑)
---- | lucie | 2007/04/24 3:06 AM | ----
>lucieさん
その節はお世話になりましたー。
カバーやってくれると嬉しいですね。しかしメタリカ……。
アンコール前(penny on the 〜)でも歪ませてましたっけ、そんな気もしますね〜。
---- | kemji | 2007/04/25 12:34 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/412
Ben Kweller はお新香好き
で、Ben Kweller なんですが、とてもとてもとても良かったです。 バンドセットではなく、単独で来日だったので、アコースティックなもの?を想像したけれど、そんな地味でもありませんでした。ギター1本とピアノでかなり盛り上がっていたのでは。 曲間とか、演奏と会
| another sunny day | 2007/04/23 1:24 PM |
Ben Kwellerソロライブ
●4月18日(水) Ben Kweller @ Harajuku ASTRO HALLソロライブ?聞 い て な い よ !……と思ったら、チラシに「SOLO TOUR」の文字が!ちゃんと明記してあるじゃん。単に私が見ていなかっただけでした。ベンちゃんは、原宿のステージに一人で舞い降りて、素
| A Life Less Ordinary 〜洋楽好きの日常〜 | 2007/04/26 1:31 AM |
ギター子供用
こんにちは トラックバックさせていただきます。 久しぶりに楽器屋を訪れると、からくりギター少年の影響なのか、ギター子供用の充実ぶりには驚かされる。ストラトキャスターの形で、そのままサイズダウンした一般的なギター子供用から始まって、種類は豊富。どれを選
| ギター初心者のための奏法解説 | 2007/05/06 2:45 PM |
Ben Kweller / Ben Kweller
音の網の2006年ベストアルバムにも選出されてた、ベン・クウェラーの3rd。それにしてもプリガミさん、すごいなあこの情報量。 そうそう、ここ2,3年は僕も新譜を頑張って聴いてるんだけれど、以前はベスト10も選べない状況だったことを思い出しました。 これはご機
| season -the diary of mellow rock- | 2007/05/17 7:14 PM |