サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 落語ってどうですか | main | The Sails「Drum Roll Please」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

HUMAN AUDIO SPONGE@パシフィコ横浜

行ってきましたHASことHUMAN AUDIO SPONGE。
あの日より細野晴臣がかっている僕はついに、坂本龍一、高橋幸宏の元YMOメンバーが集う会場にまで足を運んでしまう事となった。

辿り着いた……といっても過言ではないかもしれない。
とりあえず、3階席の後ろから2番目というかなり後方という席だったんですけど、YMOとSketch Showと坂本龍一の今の世界にきっちり触れて来ることができました。

メンバーは全部で6人。左から、坂本、高橋、細野氏が前方で並び、後ろには、高田連(ペダルスティール、マンドリン等)、権藤智彦(ユーフォニウム&金管ラッパ類色々、その他プログラミング等)、高野寛(ギター、アコースティックギター等)という構成。はっきり言って僕はメンバー紹介があるまで、権藤氏以外は誰なんだかわからなかったのですけど(だって視力2.0の僕でも顔が見えないくらい後方……権藤氏は楽器で判別できましたが)、このバックの3人は、ほとんど前の3人以上の効果を生みだしていて、まったくもって素晴らしかったです。
 高田連&高野寛の二人は、細野晴臣Liveでおなじみではあるのですが、今回はアコースティックではないこともあり印象もまた違う雰囲気で……、エレクトロ効果とも言うべきか、ペダルスティールにエフェクトかけてブイブイと別の楽器のように駆使していたり、高野氏のアコースティックギターなどは逆に、"ライディーン"では最も光っていたパートだったかもしれない。なんというか目立っていた。ライディーンってこんな曲だっけ!的アコギ。さすが'07というだけあります。(リリースされたRydeen07は未聴ですけど、そんなアコギテイストな感じなのでしょうか?)
 そして権藤氏。Sketch Showでも活躍、自身のバンドAnonymassなどでも、ユーフォニウムというチューバのような金管楽器を操る方なのですが、この音がなんとも良い!この柔らかくて丸みのある音色が、HAS的エレクトロニカと絶妙にマッチしていて、彼らの音楽が持つメッセージがとてもよく体現されていたのではなかろうか。文明と人間と共存と……みたいなニュアンスで。この日のベストパフォーマンサーは権藤氏だったかと思いました。
権藤智彦Official Site

メッセージと言えば、映像でも映し出されていた坂本龍一の曲(War & Peace)の詩「Is war as old as gravity?」が印象的。どういう意味だろうと、英語なんでピンとこなかったので、その後もちょいと考えつつ、帰路した僕ではありました。(戦争は重力と同じぐらい昔からあるの?:直訳)

★大御所メモ
細野さんは黙々とベース弾いてました。疲れてそうです(笑)。(たまに電子パーカションみたいなものも。あと低音コーラス。)
ゆきひろ氏は、中央でリーダーシップ取ってMCもしてパーカッションしながらメインで歌って、中盤からはドラムセットに座って終始元気(笑)。高音ヴォーカル。
教授さんは黙々と4台(多分)のキーボードを操っておりました。コーラスはごくたまに取っていたような……。ラストはドラムを叩くシーンも。
ゆきひろ氏曰く、「三人で揃った時にMCなんてするのは、初じゃないでしょうか(場内笑)」YMO時代にMCなんて一言もなかったのですね。
その他お三方の会話。「三人いるとMC緊張するね」「するね」「みんなソロの時はべらべら喋ってるのに(場内笑)」まったく和むオヤジたちである。

ファン層はさすがに幅広く、特にオジサン達がバラエティに富んでましたね。キレイ系ギャルを連れるチョイワルオジサンから、IT&業界系ポロシャツオジサン、キャンプ系ファミリーオジサン、オタク系デブオジサン等々(笑)。僕はというと、貧乏系お気楽オジサンとでも言っておきましょう。(いや〜30越えてますけどまだ自分の事オジサンと呼ぶのには抵抗あります〜いやだなぁ〜)

yokohama picSetlist:(誰かのBlogから)
1.以心電信
2.スポーツマン
3.Fly Me To The River
4.Mars
5.Flakes
6.Everybody had a hard year
7.Riot
8.Ongaku  
9.Get your mind right
10.Turn Turn
11.Supreme Secret
12.Wonderful to me
13.War & Peace
14.Rydeen79/07
アンコール1 
15.Chronograph
16.Ekot
アンコール2
17.Cue ← 教授ドラム
 ※写真は終わった後の帰り道。横浜〜たそがれ〜ちょうど20時。18時ちょい過ぎにStartでしたから、正味1時間40分くらいでしたでしょうか?

★チャリティイベントもいろいろある
今回は「Smile Together Project Special Live 2007」ということで、小児がんを中心とした病気に苦しむ人たちをサポートするためのチャリティフェスティバル(収益は全額寄付)というものでした。入場料は格安の3150円。即売切の人気公演だったようですが、、、どうせチャリティならもっと金額高く設定してもいいのに。10代のファンが多いとかいうなら納得ですが、YMOファンは大概金持ちなんだし(世代的にも40代くらいが多いだろうし、高価なDVDとか簡単に買っていそうな人達なイメージだ(笑))、もっと巻き上げるべきではないかと。喜んで払いますよ。あと子供たちが描いた絵もVideo等でいくつかは展示はしていましたけど、ポストカードにするなり、その絵をTシャツにした方がよかったのではないか、なんて思ったりもしました。(何人かのアーティストさん達が製作したチャリティTシャツを6種類売っていましたが、HASものは一点で、あとはちょっと期待外れな頼りなげなデザインであったなぁと。)
 チャリティイベントはある意味別物であるからして、むしろ通常の営利公演よりもきっちりシビアにプロデュースすべきとも思うのですが、(逆にお金にゆるくなっている気がする)、きっとやる方は、チャリティだからあんまりお金お金いっちゃいけないんだろうな的ムードもあるに違いない。それもまぁわかるところですが……いろいろ気になりました。

財団法人がんの子供を守る会「Smile Together Project」公式site

Smile Together pic

★今夜:5月21日(月) 22:00
日本テレビ『ゲツヨル!』で、HAS(高橋幸宏+坂本龍一+細野晴臣)のインタビューなどが放送されるとのこと。イベント(5/19 LIVEの模様 )の紹介、HASへのインタビューを三宅裕司らがお送りします。
あとこの日の模様は、CSなりDVDなりでリリースされることでしょう。クレーンまで入って撮影してましたから!
| Live!!!(My Live Report) | 03:50 | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 03:50 | - | - |
こっちにもコメント。YMO、いいなああ。あー、ゲツヨル思いっきり見逃しました。あああ。
大御所メモ(笑)いいですね。細野さんのベース!
3人そろってのMC、想像するだけで面白そう・・
CUEはやっぱり教授ドラムなんですね!!きゃあいいなあ見たかった。
何かで映像化されることを願ってまーす。
---- | yo-oo-ko | 2007/05/26 11:37 PM | ----
>yo-oo-ko嬢さん
ゲツヨルは案の定YoutubeにUPされていましたよ!15分弱でしたのでぜひ。結構笑いトークも多いしステージ映像も多いです。"ゲツヨル"で検索よ〜。

これを機にYMOももっとちゃんと聴いてみようかな〜(有名どこしか持ってないデス)。以心電信とかキャッチーで良かったし。スケッチショウのChronographもイイ曲でした。ロックですね〜。
そーいや、先日リリースの細野トリビュートはあんまり嵌まれていません……。
---- | kemji | 2007/05/27 8:54 PM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/420
[音楽] はあああ
先日のヒューマン・オーディオ・スポンジ(元・YMOの3人がたまに組むエレクトロニカのユニットです)の横浜ライブにいけた人のライブレビューをそこかしこで見かけます。いいなあ。私は抽選に外れたんですよ…。 お金を自由に使え、ひとりであちこちいけるようになった
| 続・ぼくはみていよう | 2007/05/28 9:38 PM |