サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ERIKA「FREE」は名曲リスト入り | main | NO!サウジアラビア戦@アジア杯〜エンタテイメント的オシムジャパン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

OH!オーストラリア戦!@アジア杯

アジアカップ決勝トーナメント第1戦@ベトナム・ハノイ[7/21]

相手はW杯にて苦いジュース(ノニ?)を飲まされた相手=オーストラリア。彼らはその当時とほとんどメンバーは変わってないようで(大型FWビドゥカは今大会で代表引退とのことですが)、日本は半数以上が変わっている状態での戦いでありました・・・決戦。

ドイツW杯時のMy記事などを読んで思い返してみると、いかに浅はかだったかをちょっと思い出してきますが、オシムジャパンになってまだ1年しかたってないんですよね。早いというかまだ1年というか。そしてオシムジャパンになって初めての、まともな相手(同じかそれ以上のレベル)とのガチンコマッチでした・・・決戦。

結果は延長戦でも決着がつかず1-1で、PK戦(4-3)で、ほぼ運に味方されての勝利ではありましたが、日本中のファン&選手関係者各位はほっと胸をなで下ろす結果でありました・・・安堵。

もしこれでどんな形であれ負けていたら……と思うと、この勝利には単なる1勝以上の価値があったと思われます。(経済効果や国民的ムード等に影響したはず……例えば、サッカーなんて普段良く知らない輩が”日本代表って弱くね?”"オシムもどうかねぇ"なんて軽々しくいわれた日には誰もが発狂寸前グッと忍耐をしなければならない日々が続く〜W杯予選まで……という事態)

あ〜よかった。

しかしなかなかシュート(フィニッシュ)まで持ち込めないところは、特別改善されてないことが露呈してますね。今大会の得点王には高原がなってしかるべきとは思いますが、このまま彼頼みの展開はご勘弁。ほとんどミニアルゼンチン化しているパスワークもペナルティエリアに進出できなければ単なるおままごとか。もう少しここぞというところでのアイディア、というか、勝負パス&ムーヴ!を見たいところです。あと、3試合に1回ぐらいはミドルなシュートが決まらないと、目標であるW杯ベスト16以上では戦えない気もします。

それからサイドからの攻撃はいいにしてもサイドから攻撃された時の守備&連携。加地&駒野の両SBのところはやすやすと突破されてしまう感じなのが相変わらず不安極まりないところです(鈴木やおかげで多少は良くはなっていると思いますが)。運動量という点で彼らが一番なのかもしれませんが、ここが最も人材難なポジションかもしれません。(加地君は今季スタートが遅れたせいもあってまだ調子がイマイチなのかも。右駒野、左今野の方がもっぱら良さげではあります。中田浩や若手にもまだまだチャンスはある場所ですね)

というわけで一夜明けて日曜夜、
「やべっちFC」は全英オープンGOLFのせいでお休みでしたが(アジアカップ全部自局放送なのに!)、来週の決勝は参議院選挙と重なるせいでその週もお休み。その次も全米女子オープンでお休みのようです。まったく他にまともなサッカー番組ってないのだからちゃんとしてほしいけど、やれやれ……です。(AFCのテレ朝が所持していた独占放映権が今年で切れるということで一安心だ。これは8年続いたらしいです)

テレ朝といえば、試合終了後のインタビューアー(どなたかは知りませんが)、毎回オシム監督に睨まれるように返答されていますが(ビビリが伝わってくる!)、初戦でオシム爺がキレかけていた時なんて、見ていた僕もやべ〜!と思うほどでしたが、試合を重ねていくごとに彼も慣れてきた様子が伺えますね(笑)。※オレもオシム爺に叱られたい。そして褒められたい(笑)

次の準決勝はサウジアラビア戦。
中村憲剛のミドル弾が決まったりするとチームにさらに一体感がでそうなので最高なのですが・・・!でもオーストラリアより強いチームは出てこなさそうな気もします。ミスさえなければ順当に・・・!

滞在して旅を楽しんでいるかのようなスポナビ宇都宮徹壱さんレポ
 毎日更新されていてGoodコラムです。
| soccer & sports(Soccer) | 14:03 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 14:03 | - | - |