サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 韓国戦後、オシム語録炸裂 | main | From 細野晴臣と地球の仲間たち to 本秀康 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

「細野晴臣と地球の仲間たち」@日比谷野外音楽堂へ行く

hosono tribute stage
「細野晴臣と地球の仲間たち」〜空飛ぶ円盤飛来60周年・夏の音楽祭〜
 @ 日比谷野外大音楽堂 2007/7/28(sat)

開演18時〜21時退出。まさかそのトリビュートアルバムをそれぞれのアーティストが一組一曲ずつ入れ替わり立ち替わりで演るとは思わなかった。(僕は前日まで一組持ち時間30分くらいで昼からだらだらと結構フェスみたいに演るイベントだとずっと思っていたのだ。チケット代も8800円だし、それくらいでしょう?って……)そう、狭山のハイドパークフェスの都会版みたいになるもんだと思ってた。

ま、しかし、この日同時刻に苗場にて開催されていたフジロックには行かない(行けない)恥かしがりやサン(シャイネス)達が集う、空飛ぶ円盤飛来60周年記念大会、もしくは、細野晴臣60才還暦お誕生日会……というちょっと一見何がどうなってるのかよくわからないパーティ、摩訶不思議、霧の5次元的、未確認飛行音楽イベントなのであった。

オープニングからいきなりサプライズで竹中直人MCが登場する。「晴臣にタノマレタ!」とド派手スーツで笑いをかます。その後もセットチェンジの合間にサラリーマンスーツに着替えた二人組(竹中&緋田康人)の誰もついて行けない竹中ワールドを堪能(笑)。後半には、幸宏氏を引き連れてのコントまでしてくれたから(幸弘のつっこみ上手いなぁ)、ほとんど忘年会のようでもありましたけど(豪華)、ある意味バンド以上に存在感満点であったし、細野さん的ギャグ&ユーモアの精神での横つながりがそこにあった気がした。

ユーモアだったり、ちょっとタブーだったり、ブラックだったり、ピーナッツだったり、かつらも被るし、コントもかます、でも音楽への愛と探求と、膨大なるアイディアの放出と。魅力であり奥深さがその辺にあると思っています。

※余談ですが、思うに、トリビュートしすぎちゃっている人はやっぱり崇拝して尊敬しちゃうから、どうしたって真面目に固くなってしまいがちな感じがして、このトリビュート盤でもわりとその傾向があると思うし、悪くは無いけどそんなに聴き込めないと思ったりするのは、その辺のエスプリさ加減の影響もあったりするのでは、と思ったり。どんな状況でもユーモアを忘れない、ユーモアにはユーモアで返す、そんな力量が試される…のですね。

で、フェス前半のバンド達はというと、トリビュート盤で披露した曲を1曲演奏しては去り→セットチェンジ→次の組が登場という、ほとんどスタッフ泣かせの展開で進行、しかもそのすべてに竹中MCが入るわけではないので、どうしたって中たるんでしまう流れでしたが、斜め前に座るきたろう(俳優)の動向を観察したり(すみませんすごい見てました)、ステージ向かって左側にあるスタッフが出入りする通路のとこから観覧する小山田圭吾ちゃんなどに目を配ったりしつつ、トータル楽しめました(笑)。(隣には愉快な男from福島県…もいたし)

やはりこの面子では、初めて観るアーティストが多かったのですが(いったい何人出場したのか)、印象に残ったところとしては、”カヒミさんの存在の貴重さ”(また逢いたい…本当稀有な人だ)、"ヴァン・ダイク・パークスのオーバーオール姿での指揮"(どこのファーマーだという出で立ちだけど、スティールドラムがやけに似合います)、”生クチロロ”(こんな普通の兄ちゃんだったのか)、サケロックはお久しぶり!、それから、嶺川貴子の"風の谷のナウシカ"(with教授)は好きになっちゃったし、最も迫力と存在感があったのは、坂本龍一×高橋幸弘×小山田圭吾(ベース演奏)の”Turn Turn”だったでしょうか、これはもっと聴き続けたかった。新YMO。

基本一組一曲なので、かなり物足りなさはあるものの、でものんびり楽しかったし、たまにはこんなのもアリか。逆フェスとでもいうか(普通のフェスは客が動くがこれは出演者とスタッフが動く)またはオーディション会場?品評会?みたいな、そんな状態でもありました。

でもどうせなら矢野顕子とか関係ないけど小沢健二とかもいたら、超オープンでぶっちゃけた平和で友好的な遭遇になったのに(笑)。あとはっぴいえんどのメンバーも。

hosono tribute stage2

後半は、細野晴臣と仲間たちの新バンド”ワールド・シャイネス”が登場。古いカントリーの曲などを5,6曲ほど演奏(新曲も?)。1940〜50年代あたりのカントリーみたいなのを細野氏は少年時代から好きだと語っていますが、どうやら今は本格的にそのあたりに着手している様子……。(ニューアルバムは2日で9曲録音したという話もあるバリバリカントリースタイルな感じのようです)。特に徳武弘文さんのストラトギターはかなりブルージーで腰が強くて、ちょっと日本人離れしているんじゃないかというギターでした。唸る。

さらには、ワールド・シャイネス+幸弘氏で、”スポーツマン”をカントリースタイルで演奏したのですが(超早いテンポに高田連バンジョーが響く!)、これがまた良かった。今日一番。5月のHASでも演奏したこの曲はサビのリフレインのメロディが印象的な曲ですが、これがまたほとんどボブ・ディラン化してました。コードが似てるのかな?メロディが実はディランぽい事に気づく。感激だ!

大ラスでは全員が舞台上に登場、サライでも歌いだしそうな雰囲気の中(笑)演奏された曲は、”さよならアメリカ さよならニッポン”でした。ヴァン・ダイク・パークスが手がけたはっぴいえんどのこの曲で皆手を振りつつこの邂逅は幕を閉じるのでした。
演奏終了と同時に♪Happy Birthday to You〜と歌われた細野氏はかなり恥ずかしそうではありましたが(サプライズでしょう)、やれやれといった感じで観念した姿はさすがに孫もいる還暦じいさん、といった風情だったでしょうか。日が沈む前にあれだけうるさかった蝉時雨も、この頃になると鳴く声も聞えなくなっていました。上空を横切るヘリコプターの光がUFOに見えたり見えなかったりの、そんな夜。

◆◆出演アーティスト◆◆
細野晴臣、ヴァン・ダイク・パークス、坂本龍一、高橋幸宏、小山田圭吾、嶺川貴子、カヒミカリィ、ジム・オルーク、コシミハル、
ワールドスタンダード、高野寛、サケロック、ASA-CHANG、Tico(Little Tempo)、畠山美由紀、小池光子(ビューティフルハミングバード)、寺尾紗穂、Bophana、片寄明人、ヴァガボンドcpa、□□□(クチロロ)、たまきあや、といぼっくすbits、miroque、浜口茂外也、徳武弘文、高田漣、鈴木正人、伊賀航、MICA BOX/他

hosono tribute pic円盤かぁ……。
このパンフの中身について次回ぼやきます

Link:
MR.YT Unofficial Home Page
 セットリスト(竹中MC含む)を公開されています

坂本龍一 × 細野晴臣
 『細野晴臣トリビュート・アルバム』を語り尽くす(1〜4)

 (web magazine OPENER)
 ふたりで公の場でじっくり話すのは初らしい…。
| Live!!!(My Live Report) | 21:54 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 21:54 | - | - |
対談が目玉ですねー。
でも、案外ふつうな肯定話ばかりで、もう少し波風立ったほうが面白かったのにと思いました(笑)
---- | k-hiko | 2007/08/03 9:03 AM | ----
>k-hikoさん
対談は無難に終わったようで、まぁ仕方ないところでしょうか。これじゃあ褒めあいするしかないです。

しかし、龍一さんが商売っ気出して(avex移籍したばかりだし……)、そろそろでかいところでYMOとかやりかねない勢いですねぇ。のるかそるか……。
---- | kemji | 2007/08/04 1:55 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/442