サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大当たり in the 熱帯夜 | main | サマソニ07一日目 - CSS, Dinosaur Jr >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ミュージシャン、老後の不安

「ミュージシャン、老後の不安」というBARKS記事より。

”英政府が著作権法の変更を認めなかったことに対し、多数のミュージシャンから反対の声が上がっている。政府は、録音物のコピーライトをこれまでと同じく50年までと定めたため、曲を作ったわけではないパフォーマーは老後、印税を受け取ることができない”

”8年後にデビュー・アルバム『My Generation』のコピーライトが切れるザ・フーのロジャー・ダルトリーは「多くのミュージシャンは年金がなく、印税に頼っている」と話している”

作詞・作曲家の著作権は生きているうちは切れないようですが(死後50年まで保護される)、歌手やミュージシャンなどの演奏家(プロデューサーやレーベルなどのレコード製作者も)は、レコードを発売した年から50年間のみ有効とされているらしい。(その辺こちらのサイトなどでも詳しいです)

カリスマミュージシャンたるもの長生きしちゃいけないということか。
そもそも『My Generation』でのロジャーの印税って1年でいくらもらえるんだ。
というかロジャーさん、歌詞なども結構書いているでしょうに。

しかし、老後のことを考えてミュージシャン目指す人なんていないと思うし、いきなり70才になったら収入が途絶えるのも、可哀相な気もするけど、どうせ切れるなら作者の方も切れちゃえば、誰もがその曲を自由に扱えるようになって、素晴らしい音楽が世の中に蔓延するのに。とか思うのは短絡的だろうか。

それにしても、作詞作曲した人とミュージシャンを比べると差がありすぎますね。雇われバックバンドというならまだしも、同じバンドにいてそれじゃあ浮かばれません。(ほとんどのバンドがそういうところで亀裂が入っていくのでしょうけど)。

とりあえず、ピート・タウンゼントはそんなロジャーら純演奏家達に手を差し伸べるべく、ロンドンの郊外にミュージシャン専用の老人ホームを建築中とのことだ(ったらいいのになぁ)。老人たちが音楽に囲まれて過ごす風景を想像してごらん!小鳥も蜂も、お花も空もみな踊っているよ〜。(ボケた老人たちがまりふぁなとか吸いまくってるだけかもしれませんが。それもある意味ヘヴン的光景ではあります)

ただ若くして成功も何もしていなくて、老後のことを考えることなんてとてもできないオレ、そう僕、あんた、あんただよ!……君は大丈夫なのか?……と思うところですが、ワタクシその辺いまいち想像力が足りなくて、まったく危機感が感じることができない……ことの方が、ロジャーよ、お前よりも問題と思う。たぶんオレは健康だから長生きするだろうしなぁ・・・。困った困った。


ここのとこWho聴いてなかったから今から聴いてみたいと思います。夏だし。Whoは夏だ。オープンカーに乗って大音量で流したい気分(気分!)。キース・ムーンのタイコな音がよく響きそうです(イメージ!)。2004年の幻のUDO音楽祭りロックオデッセイのThe Whoも思い出しつつ(回想!)。

my generation the who pic
『My Generation』1965年12月(UK release)
1. Out In The Street 2. I Don't Mind 3. The Good's Gone 4. La La La Lies 5. Much Too Much 6. My Generation 7. The Kids Are Alright 8. Please, Please, Please 9. It's Not True 10. I'm A Man 11. A Legal Matter 12. The Ox
--CREDIT--
Roger Daltrey: Lead Vocals
Pete Townshend: Guitar, Vocals
John Entwistle: Bass, Vocals
Keith Moon: Drums, Percussion
Produced by Shel Talmy(初期Kinksなども手がけているお方)

今調べてて知ったのですが、1st Singleは1965年1月 "I Can't Explain"なのですね〜。"マイジェネ"は3rdシングルだったのか(1965年10月)。(2ndは"Anyway, Anyhow, Anywhere"1965年5月)

4. La La La Lies……って、藤崎マーケットのソレと関係があるのだろうか。あったらすごいな。(ラララライの詳細はYoutubeで


◎Link:
ブログ著作権ガイド
The Who (wikipedia)
| Good Music!(1960's〜) | 13:27 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 13:27 | - | - |
The Kids Are Alright が好きです。

妄想力はかなりあるのだけど、老後の事は全く考えておりません。
夢ある老後生活もやっぱりお金あってのこと・・・のような気もしますネー。

TVなんかで見る、大人っぽい子供アイドルみたいな人をみると、長生きできないだろうなって何故か思います。大人よりよっぽど体に悪い事してそうだもん。なんか、シュールです。
逆に、悪さしてる大人は長生きしそうな気がします。何でだろう。
---- | kyon | 2007/08/10 10:34 AM | ----
>kyonさん
Kids Are Alright、ぼくも好きです。
意外とソフトロックですよねぇ。

大人っぽい子供アイドル(えなり?)をTVで見てそんなこと考えているkyonさんもなかなか面白いです(笑)。そう、彼らは幼い頃から外食で油っぽいものばかり食ってるから(高級なヤツ!)劣化が早いと見ます。

悪さしてそうな大人は意外と悪さしてなくてソフトな食生活してるかもしれませんね。意外と無農薬派だったり。

となぜか食生活話になってしまいました。
夏は冷や奴&オクラなどがよろしいかと。


---- | kemji | 2007/08/11 3:36 AM | ----
フゥー、見てらっしゃるのですね!うらやまじー。
(サマソニ話もうらやまじー)

そして健康なのですね!私も哀しいくらい健康です。って、いや、ありがたいことです^_^;
お互い長生きして、ひ孫に嫌がらせでもしてやりましょう。
---- | モスコ | 2007/08/12 11:30 AM | ----
>モス子さん
大変恐縮ですが……行ってきましだーサマソニ。詳細は後ほど。なかなか書く暇が無いですが……。

ひ孫って……。子供さえできるのかどうか……大丈夫だろうか老後。なにはともあれ、ストレスの少ない環境で生きていきましょうね。
---- | kemji | 2007/08/16 9:19 AM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/445