サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Macbook購入! | main | Rilo Kiley「UNDER THE BLACKLIGHT」ニューアルバムです! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

さんまとまさみとガールポップを交えた話

 pipettes yellow cover pic明石家さんまと長澤まさみが初共演という日曜9時のTBSドラマ「ハタチの恋人」見てます。で、いきなり驚いたのが主題歌がピペッツだしー。

The Pipettes
”Because It's Not Love (But It's Still A Feeling)”。
しかもピペッツの中でも地味めな曲……。"Pull Shape"なんかは使えなかったのだろうか。挿入歌はシャーギーだし、ドラマの内容となんの接点も無いヨーガク2連発が意味不明です……。

"Pull Shape"の TV Live映像→超豪華なオケ&ダンサー付、でも本人達はどこかヘンテコな振りだ)))

 この頃は、先日のラッキーソウルに引き続き、60'sな味付け満点の彼女達も良く聴いてます。アルバムに14曲はいっていますけど一番長い曲が3分4秒でほとんどが2分半ぐらいで終わります。彼女達、最初カッコだけかと舐めてましたけど、今や意外とノリノリに聴いてますです。はい。
 サマソニ07では何故かスタジアムのトップバッターだったらしいですが(これも意味不明)、12月にはBritish Anthem(12/9 sun 新木場スタジオコースト 6500円)で再来日ということで、随分プロモーションにも力が入っている感じ。CDも売れてるのではないか(ユニバーサル・ミュージックから発売)。

 British Anthemといえばラッキーソウルも来るから、これはもう僕的に行かなくちゃならなくなってきた感じなのですがー(他の出演バンドでオススメありますでしょうか?全然知りません…)、ラッキーソウルの単独公演なんつーのもいつの間にか決まっている!あらら、一昨日知りました……(12/11 tue 原宿アストロホール 4500円)。

 ラッキーソウルはその後もまだまだ聴き込んでいる僕ですけど、アリ嬢のVocal以外にも聞き所満点です。乾いたトーンのギターカッティング、ブイブイと気持ちのよろしいベースラインやオープンのハイハットの音……とバンドの方も結構いいんですよ。こういう素直なバンドサウンドは気持ちいいし好きなんです。でもこっちはあまり話題になってない気がするなぁ(ソニー・ミュージック)。まぁ僕は世間に疎いんで話題なのかどうかは良く知りませんが。ちなみにこちらは北野武の深夜番組のテーマ曲になってたようで。

とまぁ、ちょっと最近は60's風な2000'sガールポップに嵌まっています(モータウン&ソウル方面もそろそろちょっと探求したくなってきてウズウズしてます。でも山は高いからなかなか入っていけず)。

ミュージカル映画「ヘアスプレー」などもそういうノリが満載だと思うし早よ見たいところですね(なぜかミュージカル版のサントラは音源持ってたりするのですがっ)。[→後日観ました]

 彼女達に共通する事っていうのがやっぱりあると思うのですが……そこはなんといってもキレですねキレ。腰のキレ?いさぎ良い感じのポップ感&コーラスが最高、そしてプリティだ。プリティは人生において最も大事な要素だ。(男でもこの条件を満たしているのはやはりビートルズなのか。そしてその要素を最も体現していたと思われるリンゴ・スターみたいな人が今の時代には必要な……気がしてきた。ドラマーがプリティかつキレのある人物だとバンドは生き生きするんだ。)

 おっと、話はずれますが、今色々調べていてわかったところによると、上記ピペッツの曲の邦題が「恋ってカンジ!?」だって。はっ。(思わず鼻から息が出てしまったではないか。バカじゃないのか?ラッキーソウルの時も言いましたが、音楽的教養の低さが伺えるというものであります。せめてギャグとかシャレになってればいいけど何のヒネリ無いし、彼女らを潰したいとしか思えない……ユニバーサルミュージックには友人が働いていたはずだから今度会った日には必ず苦情を言っておこう)

そんな喧騒の中(どんなだ)、僕は今調べていて目に入ったダスティ・スプリングフィールド バイオグラフィーの中にあった一文に注目する・・・・

”ダスティは、モータウン・サウンドを次々とイギリスに移植し、より洗練された、気品のある親しみやすいソウル・ポップに仕立て、当時のヒット・チャートを席捲し・・・”(引用終わり)

なるほど。
イギリスの女の子ってばそういうとこあるのかもしれない。

the pipettes - pull shapes (acoustic) (YouTube)
 →驚いたアコースティックバージョン。へんな踊りもいいけどコーラスを磨いた方が良い気がするなぁ・・・・。

そして……さんま氏のドラマの話に一応戻ってみる。
さんまとまさみpic
あのドラマ、初回の感想など見るとあんまり評判良くないけど、一番見るべきところは、ドラマ全体の出来不出来ではなく、さんま氏のアドリブ演技、と思われる。そのせいでドラマのテンポがちょっとゆるくなろうとそれでいいのだ。随所随所に「あ、ここはアドリブだろうな」的セリフが挟まっているので、「お、素晴らしいツッコミ」「ナイス切り返し」「あ、外しちゃった」と楽しむのがよろしいし、何かと勉強にもなります。(脚本を正確に覚える時間もそうそうない、という事情もありそうですが)
それからまさみ嬢に対してデレ〜としている顔と深刻そうにしている顔も見てるだけで楽しい。ってオレはさんま氏の事どんだけ好きなんだっていう事に気がつくのですが・・・・。(前々クールのあのドラマに構図が似てなくも無いですが。オジサンと少女……でもそれって古来からの男の永遠のテーマなのだ。映画の名作にもそりゃぁ数知れずです)
 それに小泉今日子と市村正親と森下愛子の配役もまだあまり見せ場は少ないですが、今後期待させるものがありますので要注意しておきたい……。
| Good Music!(Topics) | 02:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 02:00 | - | - |
こんにちは〜。
そうそう、主題歌なんですってね!何分頃なのか狙ってチャンネルを合わせたいと思ってました。
映像も楽しいですね☆お3人に加え、ワンピで全力ダンスをする女子達にも乾杯です。何だか私まで踊っちゃえってカンジ?!
うん、ダスティさんは1曲しか持っていませんが、英国60年代(風)、いいですね。行ってみよ!

しかし大御所を虜にするまさみ嬢の光源は一体何なのでしょうか?眩しすぎて見られません〜。お姉さん達が3人で可愛く歌って踊っても敵うかどうか。

え?Lucky Soul単独?!いらっしゃいますか??
---- | ちい | 2007/10/26 4:14 PM | ----
>ちいさん
なんか映像で見るとしっくりこないんですよねピペッツさん達は。歌わされてるっていう感じというか。なんかアイドル風すぎちゃって。
でも下のアコギのラジオLiveはちょっと良かったです。

まさみ嬢の父親はJリーグのサッカーチームの監督で、元日本代表なんですよ。光源はその辺……(笑)

Lucky soul単独は行こうと思ってはいます!(まだチケット買ってないんですけど)
---- | kemji | 2007/10/27 4:46 PM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/472