サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
The Great Unwanted
The Great Unwanted
Lucky Soul
2007年 1st album
my review
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
Casino Twilight Dogs
Casino Twilight Dogs
Youth Group
2006年 2nd album
My Review
+RECOMMEND
+RECOMMEND
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL
【直販モデル】 iriver F700 4GB シルバー F700-4GB-SL

愛用中。mp3で外部マイク録音もできる名機!→購入レポはコチラ
+RECOMMEND
Born in the U.K.
Born in the U.K.
Badly Drawn Boy
2006年ベストワン。
My Review
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
Sun, Sun, Sun
Sun, Sun, Sun
The Elected
2006年1月 2nd Album
My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
ピンカートン
ピンカートン
ウィーザー
1996年 2nd
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
#1 Record/Radio City
#1 Record/Radio City
Big Star
2in1。1st&2nd
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
Distant Shores
Distant Shores
Chad & Jeremy
1966年。
その後の"Of Cabbages and Kings"と"ARK(ノアの箱船)"も絶品。→somebody's Album Guide
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
HOSONO HOUSE
HOSONO HOUSE
細野晴臣
1973年 ソロ1st 
2005年9月ハイドパークでの演奏に心打たれる。
Live repo1&2
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+RECOMMEND
ソングブック
ソングブック
ニック ホーンビィ
→My Rebiew
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BRITISH ANTHEMSに行ってきたので速攻レポ | main | BLUEMAN GROUP@六本木インボイスシアター >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ラッキーソウル初来日@原宿アストロホール

luckysoul pic
                  (↑写真はこの日のものではありません)

Lucky Soul@Tokyo Harajyuku Astro Hall
2007/12/11(tue)
ASTRO HALL ニューブラッド vol.54

日曜日のBritish Anthemsに引き続き、火曜日はラッキーソウルの単独GIGに行ってきました。ラッキーソウル三昧Weeeekです。づくしです。御前です!

この日は緑色のワンピース姿のアリ嬢があいかわらずキュート。アクション&佇まいもカッコイイ(カワイイ)んだけど、やはりこの歌声は誰にも真似できない。あのリバーブのかかり方は魔法です。CDで聴くよりもパワーも意外とあるし、ほんと、気持ちいいのです。なんともいえない聴き心地なのですよアリ・ハワードの歌声は。
歌ついでに言えば、両サイドのギタリスト(アンドリュー・レイドロウ(作曲・バッキングギター担当)&アイヴァー・シムズ(主にリードギター担当))両名の裏声ハモリも絶妙にハメ込んで来てます。曲のメロディ、そして歌、ほんとに僕にとって理想的なバンドだなとしみじみ。決して本当に難しい事はやってなくてシンプルなんだけど、逆に今どきこんなバンドって中々居ないような気もするし、シンプルが故の味わい深さも兼ね備えているポップ&ロックバンドです。

そして(どうやら最近メンバーチェンジして共に新加入という)ドラム&ベース、この人達がかなりしっかりしていて、ほとほと感心する。特にベーシストの人は気のいいクマさんちっくな見てくれも含めて気に入ってしまいました。ベース自体もカッコイイの使ってるし(水色のプレシジョンベースでブリッジカバー付き)、音がまたブイブイ太くてクリアな音出していてメリハリが効いてるんですよー(ベースにはこだわる方です僕)。それから彼は自分用のマイクは無いのに、ずっと歌いながら弾いているところがまた僕好み。歌が好きなんだよね。わかるぜ。このナイスマン!

キーボードの人(マルコム・ヤング)は一昨日のBAの時もそうでしたが、日本語が割と堪能で(どうやら2年間くらい日本に住んでいて英会話講師やっていた事があるんだとか)、ちょっとすっとぼけたそのMCは和ませてくれました。シンセ、ピアノの他にはマラカスみたいなのも振ったり、コーラスにも参加してましたね。こちらもナイスガイ。

そんな総勢6名、女子1、男子5名はネクタイ&スーツ着用のバンドではありますが(辞めたドラマーは現マネージャーのようなので7人のバンドなのかも)、で、つくづく見ていて思ったのは、こんなバンドになら入りたい!という思い。仲間に入りたい!とかいうここのところ久しく思ってなかったティーンみたいな気持ち。(思い起こせばそんな事思ったのはTeenage Fanclub以来くらいかもしれません)そう思わせてくれる素敵バンドであることを今回確信しました。しばらくは見守り続けたいラッキーソウルです。

冒頭の3曲くらいももう本当最高だったのですが、Heatwaveのカバーは嬉しい1曲でした(僕はThe Whoバージョンで親しいこの曲です)そして彼らの代表曲&名曲といっていいでしょう”Lips Are Unhappy”→"Get Outta Town!"のアンコール前の2曲、この辺では思わず昔のビートルズファンみたいに絶叫したい気分にかられました!(男の子なんでしませんけど)

アンコールではロンリーなクリスマスソングと(後で調べたところMudという70年代のプレスリーみたいな男がボーカルのバンドのオリジナル)、「ドニ・ダーコ」って映画知ってる?それのテーマだよ、といって紹介されたエコー&バニーメンのカバー(Youtubeにもあったのでよく演ってるみたい)で締め!エンド!

あ・・・・という間に終わってしまったではないか(約1時間ほど)。
ほぼ持ち曲全部+カバー3曲の演奏という感じでしたが、しょうがないなぁもう!あと5、6曲くらいはあるといいんだけどな〜、と思いつつシブシブの帰路でありました。

ただ、初めて見たからってことからかもしれないけど、アリ嬢含め全体的なハジケ感は一昨日のBAの方があったかもしれませんね。ステージの大小もあるしオーディエンスも今日は少なかったしね(多分200人いないくらいとみました)。もうちょっと入ってしかるべきじゃないの?と思いつつも、その辺は次回の来日まで持ち越しでしょうか。次はぜひ夏に来て欲しいなー。

-- Setlist --
1 My Brittle Heart
2 One Kiss Don't Make A Summer
3 Ain't Never Been Cool
4 Struck Dumb
5 Add Your Light To Mine, Baby
6 The Towering Inferno
7 Baby I'm Broke
8 Give me love
9 It's Yours
10 The Great Unwanted
11 Heatwave(Martha and the Vandellas cover)
12 Lips Are Unhappy
13 Get Outta Town!
- encore -
14 Lonely This Christmas (Mud cover)
15 The Killing Moon(Echo and the Bunnymen cover)


※アンコールに演奏されたクリスマスソングは、TVCMまでしてるこのクリスマスコンピ盤にも入ってるようですが、Last fmにてフルで聴けます(↓)。
Lonely This Christmas (Radio Edit) (3:24)


関連記事:
このBlog内を"Lucky Soul"で検索

Official Site
MySpace(曲聴けまーす)
◎ブログ Blog "Adventures of an Independent Pop Group"
(東京のことも書いてある様子)



追記:
彼らのブログに現メンバーの名前が書いて合ったのでメモしておきます。
Ali Howard - vocals
Andrew Laidlaw - guitar, vocals
Ivor Sims - guitar, vocals
Malcolm Young - keyboards
Rusty Grooms - bass →new member
Mr. Atkins - drums →new member
ちなみにアイヴァー氏は渋谷はタワレコにいったりラーメン屋にいったりとしている中、あの渋谷駅前のスクランブル交差点に驚愕したとかなんとか(笑)the crazy crossroads〜とか書いてあります。


JUGEMテーマ:ROCK


| Live!!!(My Live Report) | 04:37 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 04:37 | - | - |
多分ご想像通り早速拝見しました。
そして思わず口をポカーンと開けて放心状態デス。
やはり単独だと曲もカバーも姿勢も人柄も、
たっぷり堪能できていいですね♪
そんなにオーディエンスが私も行ってあげたかったと恩の押売り。
ホント、行けばよかった(怒)!次回待ってます!!
---- | ちい | 2007/12/13 11:16 AM | ----
>ちい(怒)さま
すいません、ほんと、でも、やっぱり、残念ながら、
サイコーでございました(泣)。
すぐまた日本にくるから、とちょっと冗談交じりにMCしていた感じでもありましたので、ぜひ次回は行きましょうよ!
もっと曲数増えてから見れればもっといいんじゃないですかね。
ホントにホントに、次回を楽しみに待ちましょう〜!!!
---- | kemji | 2007/12/14 1:26 AM | ----
写真撮ったらだめだろ
ルール守れ
---- | おい | 2007/12/14 4:20 PM | ----
>おいさん
こんにちは。
すみません、この画像は衣装は同じですが先日のアストロホールのものではありません。
オソラク1年前くらいのロンドンあたりでの演奏模様を誰かが撮ったものを、僕がネットで拾ってきたものです。
(それを勝手に載せるのも違反といえば違反かもしれませんが)

音楽についても語りませんか。
---- | kemji | 2007/12/14 9:25 PM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/487