サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 8月10日はWORLD HAPPINESSへ | main | Beirut(ベイルート)がすこぶる良い >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

「筒井康隆、筒井康隆を読む」で筒井康隆に会う

筒井康隆を読む

そういえば先日(5/17土)、「筒井康隆、筒井康隆を読む Dramatic Reading & Dramatic Meeting」というイベント=朗読会=音楽会、に行ってきまして、生筒井康隆を目撃してきました。
なかなか素敵な企画で大満足であった。
筒井氏はなんと73才と言っていたが、その動きやら見た目やらはとてもご老体とはいえず、その芸達者ぶりに唖然とする。オレもあんな老人になりたいと思った次第。

朗読会とはいっても、氏のそれはほとんど一人芝居。いうななれば落語に近いものがあった。さらには山下洋輔氏の即興含むジャズピアノも、朗読と朗読の間、もしくは朗読と同時にセッションする時もあったりと、かなり贅沢で豪ジャスなイベントだったと思う。しかも3日間(3回)きっちりやったのがまた偉いなぁ。

「おもての行列なんじゃいな」「昔はよかったなぁ」「関節話法」の3作品を朗読。特に、間接話法では……「にゃあ」と「きゃん」の掛け合い(筒井節だ!)から竹ひご人間の全身を使った説明(なんとも筒井節だ!)、そして実際に全身の関節をポキポキと鳴らすアクションをつけながら演じる筒井老人の、朗読ならぬ一人芝居に場内は爆笑の渦で大盛上がりでした。(きっと本を書いているときも言葉を音で出したり、動きをつけたりしながら書いているのはなかろうか、と想像。僕はそういう口語っぽいリアルな文体の方が好みであることを再確認したりも)

「組曲・筒井康隆全作品」という時間では、1965年から始まる年号と筒井康隆氏の作品名と出版社がデビュー時から順々に映し出されていく(PowerPointで作成した)映像に、山下氏が即興(たぶん)演奏を当て込んでいくというもの。これはこれで単純な仕掛けながら、きっとディープなファンの方なぞは書名見るだけで色んなことを思い出すんだろうな……と想像(僕なんかでも単純に、あ、読んだ、読んでない、あーそれそれ、へー、みたいな感じで意外と面白かったですからね)。「時をかける少女」って1967年に発行されたんだ!すげー!(参照:筒井康隆wikipedia

すげー!すげー!と心の中で連発するようなステージでありました。いいもの観させていただきました。

最近はチック・コリア、上原ひろみ、山下洋輔...と一気にジャズ即興ピアノを聴く機会が増えた。個人的にあまり馴染みのない世界なのですが、やっぱりどこか独特な不思議な感覚がある。あれはいったいどういう風に聴くのが一番楽しいんだろうか。まだちょっとわからないでいます・・・(弾いている人の気分が知りたい)。

それから会場で、元演劇制作者現システムエンジニアたまにオルガン奏者の友人H原女史に偶然にも遭遇したことを記録しておく。面白い。

レポート記事ご参照(下北沢経済新聞)


 「筒井康隆、筒井康隆を読む Dramatic Reading & Dramatic Meeting」
 2008/5/16〜5/18 北沢タウンホール 前売り:4500円
 出演/筒井康隆・山下洋輔
 構成・演出/高平哲郎 美術/朝倉摂 演出助手/上山克彦 他


JUGEMテーマ:演劇・舞台
| Movie & Stage(Stage(Play)) | 14:43 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 14:43 | - | - |









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/521
ブログを始めました。
先日、筒井康隆さんについて書いたのですが、→ おやっ??彼について、検索してみたら、ブログを始めたそうです。タイトルは、偽文士日碌とのこと。ちょいちょい寄って楽しみたいと思います。エロティックな総理筒井康隆「筒井康隆」さんの作品一覧です。
| 雑学的ブログ | 2008/06/28 9:35 AM |