サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 瀬戸内一周の旅はおしまい | main | 8月になってしまいました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Weakerthans「Reunion Tour」これは名盤!

weakerthans - Reuion Tour
The Weakerthans「Reunion Tour」(2007)


2007年9月にリリースされたこちらのアルバムを、先日の旅路中から引き続き、ここのとこ毎日聴いております。
彼らの名は、Weakerthans

イマイチ正しい発音がわからなくて困っているところではありますが(ウィカーサンズ?ウィカーザンス?ウィーカーザンス?)、どうやらカナダはウィニペグを拠点に活動するバンドで、既にアルバム4枚リリースしている人たちです。日本盤が2枚目の「Left & Leaving」のみリリースされてたみたいで、その時の表記は"ジ・ウィーカーザンズ"(なんか変じゃない?)ま……何にしても覚えづらい名前ではあります。

カナダのロックバンドといえばBSSやStars、Feistなど、Art&Claftレーベルの人達が身近なところですが、彼らの音から受ける印象はまぁまぁその辺にも近いのだけど(交流も若干あるっぽいし)、アメリカ勢バンドでいうと、The ShinsやNada Surf、
Death Cab For Cutie、ちょっと前だとThe Jayhawksなんかが僕の引き出しで言うと近い場所に分類されるところであります。いわゆるオルタナカントリーとか言ってしまってもいいかもだけど(もはや死語!)まぁ要は良質なメロディが売りのインディーポップという大きな枠でとらえて欲しいところです。(しかし最近はカナダとかミッドアメリカ勢のインディーでポップな連中がほんとにいい音楽作ってる!……と思う)

基本はシンプルなアレンジにグッドメロディ、それにアコースティックギターと乾いたエレクトリックギターのバランス加減、時代に流されないルーツを感じさせる骨太感とヴォーカルの透明感……みたいな、まさに僕好みなロックバンドなんです。オセンチメロディーポップ!

春先にたまたまLast.fmでランダムに流してたら彼らを見つけたんですけど、なんで今まで知らなかったんだろう!って具合でアルバムも遡って聴いてるところです。

まぁ……、バンド名もジャケ写も地味っちゃ地味ではありますが(こういうバンドは日本ではまったく取り上げられない感があります!)、良質な事やってる連中に間違いないであろうし、海外ではそこそこ売れてるんだろうし、今後更なる活躍を望むし、来日も望むし、何とかもっと身近で親日な人たちになって欲しい、とか思いつつこんな記事を書かずにはいられないわけです。

「Reunion Tour」(リンク先はYoutube動画)
1.Civil Twilight
2.Hymn of the Medical Oddity
3.Relative Surplus Value
4.Tournament of Hearts
5.Virtute the Cat Explains Her Departure
6.Elegy for Gump Worsley
7.Sun in an Empty Room
8.Night Windows
9.Bigfoot!
10.Reunion Tour
11.Utilities
→シングルカット中の"1.Civil Twilight" "4.Tournament of Hearts"は中々キャッチーなナンバーだけど、僕が一番好きなのが8曲目の"Night Windows"。この美しき曲のイントロのベースリフ&間奏のギターリフのユニゾン具合と、静かなる4つ打ちリズムの裏ビートはどれだけリピートしただろうかっ!スバラシキビューティフルソングである。沁みる・・・!


◎おすすめVideo(ダウンロードもできます)
「Live from the Triple Rock Social Club」
Minneapolis, MN September 25th, 2007

6曲分のライブ映像!"Night Windows"もあります。

ちなみに、ウィニペグというカナダ中部の都市(マニトバ州)は、場所わからないから調べたけど、すんげー中部だなぁ。。。遠いぜ。

◎メンバー:
John K. Samson(lead vocals, guitar。90年代はカナディアンパンクバンドのPROPAGANDHのベース担当だったようです。奥さんはSSWのChristine Fellowsでコーラスで参加したりしてます)
・Jason Tait (drums, percussion, vibraphone, keyboards。BSSのレコーディングには参加しているらしい)
・Stephen Carroll (guitar, pedal and lap steel, keyboards)
・Greg Smith (bass)

Myspace 
→レッツ試聴。Live映像も掲載あり
Official Site

The Weakerthans Wikipedia


| Good Music!(2000's〜) | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 01:36 | - | - |









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/549