サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 週末はサッカー(川崎×大分観戦) | main | Coldplay "Lovers In Japan"がリフレイン中 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

週末はテツandトモ

日曜日はなんと、テツandトモの10周年ライブに行ってきてしまった!
テツトモLive
ブラックでシュールな笑いがどちらかというと好きな僕ですが、テツトモはほぼ正反対な健全なお笑い芸人である。じゃあなんでわざわざってことになると……実はテツ氏が学校の先輩というつながりなんかがあったりなんかして、今回は久々に会う友人5名でワイワイいいながらこの記念ライブを観に行ってきました。

最近はTVで見る機会もわりと減ったなーという彼らですが、地方などに出張することが多いようで、決して仕事が無くなって暇というわけではないということをまずはお伝えしてみる。今時のTV向きな人たちではないので苦労してるところもあるだろうけど(フリートークが苦手)、普通のお笑い芸人とはやっぱりどこか、芸風含め何かが違うんだろうなぁ……。

Showの方は、歌ありコントありネタありなんでだろうありの合計2時間半(休憩あり)の至れり尽くせりのライブ!しかし生で見るあのキレのいい動きは、とても38才とは思えないまさにお笑い界のアスリートか?年齢を重ねるごとに動きは衰えるどころかキレは増し、歌声はそんなに響かなくていいよっていうくらい響いてた(笑)

ネタ的にはとりあえず僕もじっくり見るのは初めてなので、どれも堪能したわけですが、どうやら最近は政治もの(時事ネタ含)も色々取り入れているようで(年配ウケしそう)、中でもテツ氏の安倍元総理のモノマネはかなりのハイクオリティで笑う。あれだけポジティブでキレのいい安倍さんだったら日本も美しくなったのにな。珍しく意外と深い(笑)。ぜひ一度何かの機会があればご覧頂きたい。

舞台中盤は、ほぼ真剣に歌う歌謡ショーだったのですが(元々歌手志望の彼らだから歌は上手い)、某二人組の大ヒットソングを歌っていた時二人とも突如号泣で、歌が歌にならなかった場面も。どうやらいろいろ思い出してしまったとか。千秋楽ならではかもしれないけど、お笑いLiveで本番に本気泣きなんてなかなかありえない。なんだか苦労して結ばれた二人の結婚式のようで逆に笑えましたけど(曲も結婚式や卒業式の定番ソングだし)でもそれがまた、彼らの天然の人の良さであって、らしいといえばらしいところなんでしょうね。

公式HPはこちら
「なんでだろう」のギターコード表なんてのもあります。


------おすすめ動画------
先月笑点に出演した時のテツandトモ
 最新映像ですね。年々キレが良くなっているようだ。

さまぁ〜ずとテツandトモ
 ユルユルな感じと三村ツッコミが合います(笑)

JUGEMテーマ:お笑い

| Movie & Stage(Stage(Play)) | 03:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 03:41 | - | - |









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/572