サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 二階堂和美のカバーアルバム「ニカセトラ」 | main | さいきん見た日本映画とか色々 >>

映画「PARIS」観る

PARIS-bunkamura

「PARIS - パリ - 」 2008年
@Bunkamura ル・シネマ
セドリック・クラピッシュ監督
出演:ロマン・デュリス、ジュリエット・ビノシュ、ファブリス・ルキーニ 他

さすがにクラピッシュ節全開というか、なかなか良かった。映画はメイド・イン・フランスらしく、映像(描写)がなんとなく綿密じゃないところが、どこかハンドメイド感覚というか、ちょっとゆるいところが、アメリカ(特にハリウッド方面)とは大いに違うところで、笑けるところも多いし気軽に楽しめます。(フランス映画はなるべくもっと気軽に楽しめ!)

主人公が自身の病の事を姉に告白した時に言ったセリフ、「頼むから人生をむやみに暗くしないでくれ」「偶然に身を任せて生きろ」(…的な事)は、僕にとってもまったく同意といった心構えで、フランスはやっぱいいいとこだな、と思う。

心臓病(心臓移植)が絡んでの群像劇というと、「21グラム」(アレハンドロ・イニャリトゥ監督)とどこか似か寄るけど、人生への眼差しがもっとテキトーというか楽観的な感じがする。
乱暴に要約すると、「人生は女と男、恋とセックス、オレたちゃ楽しくやりたいんだっちゅーの」であって、それがおフランス流か?そしてその点に関しては、下流労働者から頭脳派セレブリティまで、同じ価値観、同じメソッドでメイクラヴを楽しんでいる感覚が、ちょっと日本じゃ考えられないところだなーと。

ビノシュさんは久々に見たけど、いまや48才ですっかり落ち着いた感じも。アクの強さも影を潜めすんなり&はんなりした佇まい。でも来月、なんとダンス公演で来日するみたい(@シアターコクーン)。やっぱすごいエネルギッシュな人だ。
『in-i(イン・アイ)』英国人振付師アクラム・カーンと共同監督→紹介記事[日経bp]

とりあえず今後ともなんとかして、
偶然と幸運に身を委ねて生きていけるように、
僕の人生かくありたいものです。
よろしくお願いします。


PARIS 公式サイト

JUGEMテーマ:映画
| Movie & Stage(Movie) | 01:35 | comments(1) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 01:35 | - | - |
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
---- | 接待のマナー | 2012/05/05 3:26 PM | ----









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/599
『PARIS(パリ)』
パリの街に住む人々の生活を淡々と描いた作品。 みんなそれぞれ生活に喜びと悲しみを持っている。 兎にも角にも恋愛(=人生の喜び?)に走る人々の姿はやや違和感があったものの・・ パリという街が持つ魅力と人生を楽しもうとするフランス人の(?)姿勢
| CHAOS(カオス) | 2009/02/15 12:52 AM |