サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ダニエル・ジョンストンのライブ | main | Lucky Soulのニューアルバムをフリーダウンロード >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ディラン来日公演

??.jpg

3/28(日)ZEPP TOKYO、ボブ・ディランのライブ、初めてのディランってことで最初で最後になるかもしれないディランってことで、かなり期待度を高くして行ったものの、あまり記憶に残らないものになってしまったのは哀しい。
とにかくよく覚えてないもんだから困る。

だって肝心のボブたん&バンドメンバーのお姿が全然見えないんだもの。
会場に着いてわかったのだけど、チケットがBRとかいうくくりで、Bは後方、Rは右、そんなはじ区画に押し込められ、開演30分前には中に入ったものの気がついたときには身動きも取れず、背の高いオッサン共の陰に隠れた身長168cmやせ形のぼくは背伸びしてもほとんどステージが見えないし、背伸びしっぱなしでアキレス腱は痛いし、スタンディングの会場でこのありさま、中年おっさん共は曲に合わせて頭振ったり腰振ったりゆらゆらすることなんてまったくなくって、棒のように終始突っ立ってるもんだから(こらー)、隙間からステージ上の何かが見える時なんてのも、ほっとんどなくて、背がもっと低い女の子の方なんて、そりゃもっと悲惨だったろうし、いったいなんなんだ、この音楽ファンとZEPPとUDO!お台場はやけに寒いし!物販は並ばないと何を売ってるのかもわからんし!(ディランチロルチョコってのは見てみたかったぞ)と怒りさながら、JAPANは武道館でOKなんだぜ、ディランよ……と愚痴りながら友人(168cm)と帰路した、12000円のライブ。無情。

こんなのはじめてなんですけど、背の低い女子の方って、いつもこんな気持ちなんですか?

あとディランさんは、7割オルガン、2割ブルースハープ、1割エレキ、って感じで弾いてたけど、どこか森光子的危うさも感じつつ、もしくは本能のみでステージに立っているような魂の塊にも見えた(実際ほとんど見えていないからまぁ想像なんですけど)。なんていうか芸人魂もどこかに感じつつ(いや良い意味で)
曲は原型をほとんどなくすようなアレンジなので、結構わからないんですけども。
職人でもありますねーー。

アコギを一度も弾かなかったのが心残りでもありますが。

とまぁそりゃあ一生懸命聴いてたんだけどさ、でもこの視力2.0の眼力で見せてほしかったその姿。

また会えるといいけど。さてどうでしょう。ヘイ、ディッラーン!シーユースーン ><!


JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

| Live!!!(My Live Report) | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 03:10 | - | - |









 
http://kemji.jugem.cc/trackback/644