サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp
+RECOMMEND
Acid Tongue
Acid Tongue
Jenny Lewis
+RECOMMEND
Reunion Tour
Reunion Tour
The Weakerthans
2007年 4th Album
my review
+RECOMMEND
Lucky
Lucky
Nada Surf
2008年 5th album
my review
+RECOMMEND


2007年 4th album
Live Report
+RECOMMEND
ザ・フライング・クラブ・カップ
ザ・フライング・クラブ・カップ
ベイルート
"Beirut"の2nd か・な・り素敵
my review
+RECOMMEND
Under the Blacklight
Under the Blacklight
Rilo Kiley
2007年 4th album
my review
+RECOMMEND
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・フラジャイル・アーミー
ザ・ポリフォニック・スプリー
2007年 3rd album
Live Report
+RECOMMEND
+RECOMMEND
Either/Or
Either/Or
Elliott Smith
1997年。→My Review
+RECOMMEND
モア・アドヴェンテュラス
モア・アドヴェンテュラス
ライロ・カイリー
2004年 3rd Album
My Review
+RECOMMEND
東京シャイネス(初回限定盤)
東京シャイネス(初回限定盤)

2枚目のDiskにはあの狭山でのLiveが丸々収録。必見。隠しトラックあり。
[当サイト内の細野さん記事]
+RECOMMEND
Let It Come Down
Let It Come Down
James Iha
1998 1st Album
My Review
+RECOMMEND
Songs From Northern Britain
Songs From Northern Britain
Teenage Fanclub
1997年 5th
最愛アルバム。TFC。
+RECOMMEND
Odessey and Oracle
Odessey and Oracle
The Zombies
1968年4月 ゾンビーズ
名作すぎて添い寝。心の1枚。
+RECOMMEND
A Happy Pocket
A Happy Pocket
The Trash Can Sinatras
トラッシュキャン・シナトラズ
1996年 3rd ジャケ素敵
+RECOMMEND
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
シング・ディラン・プラス(紙ジャケット仕様)
ホリーズ
Graham Nash作のレア名曲"wings"がBonusTrackに入っています。
+RECOMMEND
空中バレー
空中バレー
ニルソン
Aerial Ballet (1968) 2nd Album/Nilsson 
ジャケ含め全部好きです
+RECOMMEND
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre 4 [Expanded]
Harpers Bizarre
4th Album (1969)
名曲"Witchi Tai To"収録
"Black Bird"(Beatles)のカバー収録
2005/10月紙ジャケ発売!
+RECOMMEND
フィア・ユアセルフ
フィア・ユアセルフ
ダニエル・ジョンストン&マーク・リンカス
2003年
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
SPONSORED LINKS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

最近買った雑誌「AERA in FOLK」と「TITLE」

「AERA in FOLK」
「あれは、ロックな春だった!」
 拓郎/陽水/伊勢正三/フォークル/岡林/高田渡/
 ユーミン/中島みゆき/ミカ・バンド etc...

AERAの臨時増刊号(3/29発売)ですが、なかなか読みごたえある、痒いところまで手が届いている感じで作られておりボリューム満点の内容。写真も沢山。お腹一杯。

一番のお目当ては、ケンヂつながりって事で「『20世紀少年』対談 遠藤賢司×浦沢直樹 」でしょうか。面白かった!

エンケン「俺、Aマイナーが世の中を動かしていると思っているんですよ。Aマイナーがなかったら俺ギター弾いてない」というくだりは興味深い!(笑)。初めて覚えたコードがAマイナーとGということのようで、「Aマイナーこそが宇宙の始まり、ビッグバンだと思ってる」・・・・・だとか。さすがエンケン。
(ちなみにぼくは、初めて覚えたコードはAとDだったかな〜(簡単だから)→でもそんなところにマイナー(深刻)になり切れないノーテンキさがあるかも)

で、エンケンさん、はじめてギター触ったのが、友人の友人だった細野晴臣氏から借りた古賀政男ギターとかで(明治学院大学に入った頃。細野氏とはもともと普通の友達だったようだ←初めて知りました)、学生運動を傍らに見ながらひとり歌っていたようです。氏曰く「群れずにひとりでやれよ、と思った」さらに「今もこう思って歌ってます。ソロであれバンドであれ、やっぱり最後に引っ張るのは、絶対個人の力ですよ」さすがエンケンさん。見習うところはやはり多い。

そういや今週号のスピリッツで漫画『20世紀少年』は完結してしまった!
「完」と書いてあったが、2007年春に再登場とも書いてあったし、よくわからない。ま、いいか。(いいのか?)
グータララ〜♪のケンヂの歌も聴いてみたい。(浦沢氏が作った歌で実存するみたいです)


あと、この雑誌の中で面白かった記事は、
「僕らの音はこう作った エンジニア吉野金次」のところ。
日本で初めてフリー録音エンジニアとなった人のインタビューで、はっぴいえんど「風街ろまん」や細野晴臣「HOSONO HOUSE」などは、「ビートルズの音はどうやってできているのか」と録音実験を繰り返したり研究を重ね培った技術が反映されている、とか。
山本リンダの「どうにもとまらない」とか沢田研二「危険なふたり」も手がけていて、「危険なふたり」なぞは例の狭山はハイドパークのホソノハウスで作業したこともあったとか。

僕自身はこの時代のフォークソングにそれほどのめり込んでいるわけではないけど、(やっぱりサウンド自体にそれほど魅かれないところがどうしてもある)こういうムーブメントとしての日本のロックの誕生みたいなものは面白いし、フォークソングも含めて詞などは今にないものが多くあるような気がします。なので、活字でこのへんの事読むのは好きですね。



そういや先月号の雑誌「TITLE」もよい特集でした。
「TITLE」5月号
「ロックで旅するイギリス:ブリティッシュ・ロックの聖地巡礼」

※詳細な内容はkomataroさんのBlogをご参照!

で、この特集の中で気に入った写真があって、グラスゴーのバンド "International Airport"(インターナショナル・エアポート)の Tom Crossley(トム・クロスリー)の一枚。赤ん坊をひざの上に置いて窓辺のソファに座る彼の姿。彼は普段大学でシステムエンジニアみたいな仕事しながら音楽やっているらしい。そういうライフは見習いたいところだ。ちなみに彼の奥さんはPastelsやイラストライターで活躍するアギさん。(彼のバンドのジャケももちろん手がけていますが、昨年のTFCのアルバムやシングルのジャケ(その1その2)も彼女が書いています)

★アギさんことAnnabel Wright(アナベル・ライト)さんの作品はこちらで多数みれます。たくさんあるね!
(このHeart Agencyというサイトは色んな人のイラスト作品多数ありすぎて見切れないですね。どれも素敵。好きな方はぜひ)

そんなわけで、雑誌なぞを読み出すと、パソコンに向かう時間が少なくなるかもなぁ・・・。このBlogも更新が中4日もあいてしまった。近ごろは雑誌が売れないみたいですけど、こういうPCとの共存ができない理由もあったりするわけなのかもしれませんね。


もう載っけちゃう。
   
右のはInternational Airportの2004年アルバム「Reunion of Island Goose

| Hobby & Art(Book) | 17:43 | comments(2) | trackbacks(0) |

雑誌二冊購入

雑誌ってあんまり買わないんですけど、年に5冊とかくらいですよ、音楽雑誌とかもほとんど買わないし、しかし今回なんとなく衝動買いしてしまいました。


スタジオ・ボイス 2月号
1/6発売 680円
[特集] Photography Literacy
   --写真の基礎知識--
〜身近な現代写真家の作品を足掛かりに、写真167年の歴史を紐解き、基本用語、重要作家、レジェンダリーブックをリストアップ。写真集を見るための基礎知識のみならず、より深く、より広く写真を楽しむために。 写真の過去〜未来を知るための完全ガイドブック!〜




「TITLE」2月号
12/22日発売 580円
[特集]完全無欠のミステリー!全280冊!



「STUDIO VOICE」なんて買ったの5年ぶりくらいです〜。よく古本屋で買ったりはしますが……。何かとお世話になっています。写真はですね、本当はとても好きなんです。でもなかなか機会が……。

ミステリー特集とかはよく色んな雑誌でやってますけど、たいがい何てこと無い特集が多いですけど、そしてぼくももっとあなたのようにミステリ系小説読みたいんですけど、でもできません。読む技術が無いんだと思います。
よく詳しい友人に何か面白いの貸して、とねだるんですけど、読むの遅くて中々読めません。読む時間もなかなか取れません。でも読みたいし、家には買ったけど読まれない本が徐々に増えていきます・・・あららぁ。ギター買ってみたけど弾かずに部屋の片隅で眠らしているニート歴3年の青年のようなものです。沢山本が読める人はうらやましい。もっと読みたいんだ!
借りた本で読んでない本も結構ありますよ。ごめんねHGさん。岡嶋二人「クラインの壺」ね。貸したの覚えてますか?覚えてるよね。でも殊能将之「ハサミ男」はいまでも面白い記憶だよ。殊能さんの他のも読みたいけど、難しそうだよ何だか。あれ豊川悦司出演で映画化されたけどどうだったのかな。気になっていたんだけど。もうレンタルできるかな?今度探して見てみよう。

以上、ぼくの欲求不満が微妙に爆発したことを象徴している雑誌二冊でした。
しかし、もはやこの雑誌でさえも読まれない可能性もありえるから恐ろしいのです……。
| Hobby & Art(Book) | 01:46 | comments(2) | trackbacks(0) |

ぼやき節2〜古本をネットで注文〜

またなんか、第二期面倒臭異病にかかりつつあります。
(ファーストシーズンはこちら
頭が働かないし、体も動かない。ぼけーっとしてしまいます。
そういう時は得てしてキーボードを打つのがおっくうになるので、このBlogもなかなか更新できませんでした。

何というかPC立ち上げても、クリックのみです。
クリックって便利だなぁ。
クリックって受け身だなぁ。
しみじみ…。

クリッククリック。
窓を開けておいたら、夜風が冷えます…。そんな季節なのね。雨の音。足下が冷えるなぁ。
おバカさんになってしまいます…。
クリッククリック…。


しかーし、それではイカンと思いますので、とりあえず本を読もう!と思い立ちます。
勢い最近中古本にも力を入れている livedoor booksにてクリックです!。
うーんあなどれない。注文にいそしみました。


まずずっと読みたかった本


・「ワイルドマウンテン1」 本秀康  中古540円(定価630円)
マンガかよっ。
という感じですが、この人のはただのマンガではないです。哲学?不条理?
本さんはレコスケの作者の方です。おにぎり頭のBOYには親近感がわきます。これAmazonだと在庫切れで入手不能なんです。(2はあるのですが1は無い)やるじゃないかlivedoor。あぁ見つかって良かった。

で、このまま注文終了&発注でいいのですが、送料が300円かかり、合計840円にもなってしまいます。しかしそこは新興通信事業者ライヴドア、1500円以上注文すれば、送料無料です。中古新品問わずです。他にも何か激安本を注文して1500円ぴったし分購入できればと思います次第。

で、試行錯誤した結果以下のものを注文しました。


・「天才アラーキー写真ノ方法」 中古158円 (定価777円)
・「愛しのチロ」 荒木経惟 中古210円 (定価945円)
・「勝手に生きろ!」 チャールズ・ブコウスキー 中古263円 (定価609円)
・「いい人になる方法」ニック・ホーンビィ 中古315円 (定価780円)
・「きれぎれ」町田康 中古105円 (定価450円)

6点合計:1576円(税込)

素晴しい(笑)
最後の町田康氏の文庫が無いとあるのとでは大違い。
無いと1471円になってしまい+300円の送料で1771円に!

……せこいでしょうか?
お許し下さい。


この本達が届く頃にはアウトドア人間になっていませんように……。
どなたか、すでにお読みになっている本などありましたら、一言コメント&プッシュなどいただけると幸いです……。



「愛しのチロ」
Aはチロを想う。愛しのチロ…。写真家荒木経惟と愛妻陽子が
こよなく愛した猫のチロの生きる歓びにあふれた写真集。
| Hobby & Art(Book) | 23:19 | comments(3) | trackbacks(0) |

漫画買う-永島慎二とレコスケくん

最近マンガはあまり買ってなかったので、余っていた図書券も利用しつつ、いろいろ購入してしまいました。どれも古い作品ではありますが。
4893933655漫画家残酷物語 シリーズ黄色い涙 (2)
永島 慎二

ふゅーじょんぷろだくと 2004-06
売り上げランキング : 22,598

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この『漫画家残酷物語』は復刻版が発売されていると友人のsibaken君のblogにあったのでAmazonで購入を図るも、1巻がもはや在庫切れで、2巻しか買えず。
1巻読まなきゃ2巻読めない……。
あちこち大手書店を探し歩いてみても見つけられずにいたのですが、池袋パルコ7Fのリブロにあったと情報をもらいまして行ってみたところ、1巻ありました。どこにもなかったのに〜。(しかも平積みで…!)
4893933647漫画家残酷物語 シリーズ黄色い涙 (1)
永島 慎二

ふゅーじょんぷろだくと 2003-06
売り上げランキング : 25,150
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


sibaken君の表現を借りると、"漫画を「芸術」と信じ、理想の作品を追い求める漫画家たちの姿が描かれている作品"とのことです。といってもトキワ荘みたいなまんが道な話ではなく、永島さん自身が、個を求めてさまよい続けているようなお話です。手書きの愛着あるキャラクター達とヒッピーな風景が、紙の中でもがいています。絵がうまいなぁ。

そんな永島慎二氏も今年の6月にお亡くなりになられたとの事(67才)
ご冥福をお祈りしつつ、読んでない作品ももっと読めればいいなーと思います。
(なかなか入手できない本が多いですが)

そして永島作品がなんともう1つ隣りに積んであったので
「かかしがきいたかえるのはなし」も同時に購入してしまいました。


この本、こちらの方のBlogで詳しかったのでリンクしておきます。
「白取特急検車場」
元ガロの編集の方のブログ。


そしてリブロにて、背後の本棚を見ると、おぉ!「レコスケくん」発見!
(レコードコレクターズ増刊号2001年12月発売)
前から読みたかったのだ。なかなか売ってないですこれ。

でも初版のやつがなんで置いてあるんだろう?リブロ恐るべしだなぁ。ってゆうかここパルコブックセンターじゃなかったっけね?いつからリブロに・・・。っていうか同系列だっけ。合併?パルコと西武が?え、そうなの?パルコって西武なの?とまぁ………………………どうでもいいのですが。
とりあえず、それほど広い漫画コーナーではないのだけど、よい本が多数充実。気の利いた店員さん(インディ魂所持)が働いているとみました。

レコスケ君 ファンサイト→レコスケWEB

レコスケ君をじっくり読んだのは今回初めてですが、うーんこれはかなり面白いですねぇ。
かわいい顔して実は過激なコレクターレコスケ君。ジョージ(ハリスン)を隠れて愛するレコスケ君が愛らしくて間抜け君です。可愛そう!
今日も仕事帰りの電車の中で読みながら、ひとり笑ってしまいました。(ホホ)
作者は本秀康氏です。

※追記(8/29)
こちらでレコスケの漫画も読めます → officialサイト
| Hobby & Art(Book) | 23:16 | comments(0) | trackbacks(2) |

吾妻 ひでお「失踪日記」を読みました


吾妻 ひでお「失踪日記」



最近巷でちょっと話題のこのマンガを読みました。
生命の危機的状況を絶みょーな脱力タッチで描かれていて、面白かった。
生命の危機といっても要するに浮浪者生活やらアル中生活だったりするわけですが。
ごみをアサッたりする話はなんて面白いんだろう。
なぜか勇気づけられます。
(そういう資質があったりして……)
| Hobby & Art(Book) | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
  << 2/3PAGES >>